DIYでカーテン不要!お隣が気にならない窓の目隠し方法3つ

レースのカーテンを開けて、お部屋の開放感を楽しみたい!

でも家の中が丸見えになっちゃうのはちょっとはずかしい…。

そんなあなたにカーテンを使わずに「窓の目隠をする方法3つ」ををご紹介します。

実例1・まるでステンドグラス!?窓をガラスフィルムで隠す

ここは透明の窓なのでカーテンをしないと、お隣の窓と向かい合ってしまい、室内が丸見えになってしまう場所なんです。

そこでネットで見つけたガラスフィルムを貼ってみました。

ステンドグラスのような、石畳のような。結構気に入っているデザインです。あえて西向きの窓に貼っています。

西日が差すわずかな時間、とてもキラキラと輝いて見えるんですよ。

貼り方はとっても簡単で、汚れを拭き取った窓に霧吹きで水をかけたあと、適当なサイズにカットしたフィルムを貼るだけ。

空気が入らないようにだけ注意すれば、何度も張り直しが効くので失敗がありません。

他にも曇りガラスのようなデザインや、花柄のものなど、ネット通販でたくさん売られているので、気になる方はポチってみてください。

 

実例2・窓に棚を付けて雑貨をディスプレイする

ここはめったに人が通る場所ではないのですが、外から覗こうと思えば覗ける場所…誰ものぞきませんがね。

ここに棚を作って好きな雑貨を飾っています。

とはいっても窓枠に釘を打ち付ける勇気はないのでホームセンターでカットしてもらった板をボンドで接着し、ボックス状にしたものを積み木のように積んでいます

これは何個も組み合わせている状態です。

一部さきほども登場したガラスフィルムの切れ端をボックスの裏側にはりつけたり、貼り付けなかったり。

そして飾れば飾るほど外からの目隠しになるという。ちょっとした収納としても、ニッチのようにも使える有効なスペースになりました。

雑貨が日焼けしてしまわないためにも北側などの、あまり日が当たらない窓におすすめです。

 

実例3・日よけ効果にも!?ぶどう棚で目隠ししてみる!

我が家は4年前にぶどう棚を設置しました。

こちら北海道のため、木々がやっと芽吹き始めたかな?という季節で骨組みがよく見えますね。

庭に面した1階の窓です。人が通る道路側には物置や植物を植えているので家の中はあまりみえません。

しかしお隣のお2階からは丸見えの場所なのです。

筆者がだらしなくくつろいでる姿を見せるワケにはいきません!見たくもないか(笑)

そこで上側からの目隠しと、夏の日よけ効果を考えてぶどう棚を設置してみました。

 

夏頃の写真はこちら。

ブドウは葉が大きいのでグリーンカーテンのように棚を葉っぱで覆いつくしてしまいます。

葉が茂る一時ではありますが、これだけ厚く緑が重なれば、暑さもしのげるシェード代わりにもなりますよ。

 

小さい実はブドウではなく、隣に植えているジューンベリーの実(ジャムにするとおいしい!)

秋の写真がないのでブドウが実った姿はお見せできないのが残念。

紫色のデラウエアと緑色のマスカットが、棚のすきまからぶら下がる姿が室内からも楽しめます。

小鳥が盗み食いしている姿も丸見えです(笑)

いかがでしょうか。

目隠しと言えばカーテンで室内を隠すことを真っ先に考えてしまいがちですが、ちょっと手をかけてあげるだけで目隠し以外の目的が増えて、室内の解放感とお楽しみが同時に手に入っちゃいますよ!

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ