5年で売却!キャンピングカー購入で後悔!?失敗できない「車体料金」意外に考えておくべき4つの事。



キャンピングカー購入から5年、子供の成長に伴い手放しました。

失敗だったからでしょうか!?後悔したからでしょうか!?

老後にまたキャンピングカーが欲しい!と思う日が来るかもしれませんが、キャンピングカーを持つには、いくつかリスクを伴う事を私は知っています。

実際にキャンピングカーを所有して、「失敗だったのか!?後悔したのか!?」について、考えをいくつか紹介します。

キャンピングカーを置くスペースは大丈夫?

キャンピングカーは、たいてい大きな車です。

失敗や後悔につながる原因の一つに「駐車スペース」問題があります。

バンコンやキャブコンだと、長さはだいたい5ⅿ前後。

普通乗用車より長く幅もありますし、何といっても高さがあります。

車庫に入れるなんてちょっと考えにくい車です。(お金持ち抜きのお話です)

我が家ではキャンピングカーを迎え入れるため、大幅な庭の整備が必要でした。

もともとあった物置を解体して、土がむき出しになった地面に石を敷き詰めました。

何とかスペースは確保したものの、歩道を歩く人が手を伸ばせば、簡単に車に触れるほどの距離。

もちろんキャンピングカーを入れるだけの大きな車庫を買うなんて「夢のまた夢」野ざらしです。

こうなると冬の雪対策が大変になりました。

北海道に住んでいるので、勘弁してほしいほど雪が降り積もります。

普段の雪を置くスペースを確保したいのに、ただでさえ狭い庭を、キャンピングカーが陣取ります。

こうなると、わざわざ排雪業者に依頼して、邪魔な雪を引き取りに来てもらわなければなりませんでした。

もちろんタダではありません。シーズンで4万円ほど持ってかれました。

そしてキャンピングカーは高さがあるので、これまた車の上の雪下ろしが大変なんですよ。

雪が降るたびに、いちいち三脚をもちだしてきて、せっせと屋根から雪を降ろさなければなりません。

風向きによっては、車の横に雪が吹きだまってしまうことも。

夏に比べて、冬は確実にキャンピングカーを稼働させる頻度が低下しますよね。

にもかかわらず、冬の維持が大変になるという、やりきれなさが募るOFFシーズンでした。

ご近所の好奇な目にさらされる覚悟はあるか!?

「失敗や後悔」とは違いますが、キャンピングカーを庭に置いておくと、ご近所から好奇な目で見られます。

中古のキャンピングカーの場合、お値段はそう高くないのを知らないご近所さんには「余裕がある家」に見えてしまう様です。

野ざらしキャンピングカーは、ご近所さんには丸見えなので、最初の頃は「すごいわねー」とか「お金持ちねー」なんて冗談交じりに言われちゃいました。

とりあえず、言ってみてるだけかもしれませんが、言われて気分の良いものではありません。

食費を押さえたり、洋服だって何年も同じものを着ているのに、そんな我が家の苦労を知る由もないワケです(笑)

わたしもキャンピングカー買う前は、キャンピングカーを買う人って「絶対お金持ち」なんだろうな、と思っていました。

実際に買うまでにこぎつけると、そうでもないってことに気づくんですけどね。

週末キャンピングカーで出かけると、どうやら幸せ家族に見えるそうですよ。

好きな趣味に没頭できるわけですから、確かに幸せを感じていましたが、他の人だって違う趣味にお金を費やしたり、毎週末家族で外食に出掛けたり、せっせと貯金に回したりしてるはず!!

「アウトドア好き」が高じて、お金を使う場所がたまたまキャンピングカーだっただけなのに。

隠しておくことができない分、せつない事もありました。

キャンピングカーを出動させるたびに「またどこかへ出かけるのね~」って見られてそうで、伏し目がちに毎度町をぬけだすのでした(笑)

気の小さい人間ですっっ(笑)

次ページ「キャンピングカーは旅費が浮く!は本当で嘘だった」

この記事、どうですかね?

「ま、オモロイじゃん」と思ったら

↓↓ポチってくれると↓↓

私はとても嬉しいのです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑ここからランキング順位がわかります。

今日は何位かな?

どうぞお気軽にフォローくださいね♪