カインズ

カインズホームの「立つほうき」は掃きづらい!?購入レビュー(口コミ)

どうもこんにちは!キタノです。

ラッパの形をしたこのフォルム。

カインズホームの「立つほうき」です。

発売したての頃に「これは!」と思って購入しました。

ネットやテレビでも話題のこのほうき、購入してから1年あまり。

実際の使いごこちをあらためてレビューしてみたいと思います。

カインズの立つほうきの仕様

【サイズ】
幅 約95mm×奥行 約65mm×長さ 約650~780mmです。

【材質】
ケース:ABS樹脂
すべり止め:EVA樹脂
ほうき(穂):ポリエチレンテレフタレート

ホウキの「だし方」「しまい方」

ホウキの柄を片手に持ち、もう片方の手で、中央にあるリングを掴みます。

そのリングを手前にスライドさせると、筒の中から穂先が「にゅっ」と、とび出ます。

しまう時はその逆です。

我が家では「ホワイト」を買いました。他にもブラウンとベージュがありますよ。

あとで発売されたベージュの方が、私の好みでした・・・。

そこは早まってしまった事を後悔((+_+))

【カインズ】立つほうき 2017iFデザインアワード受賞品 グッドデザイン (ブラウン)

カインズの立つほうき「メリット」「デメリット」

このほうきを使っていて、「ここがいい!」と思える点を述べます。

毛が固く短いので、ちょうど目地の隙間に入り込みやすく、小さな砂埃もかき出してくれます。

ちょっと硬いくらいの方が、靴と一緒に上がり込んだ砂や土を掃くのに、ちょうど良いかもしれませんね。

でもね、そのメリットが、デメリットでもあるんです。

「玄関を掃除するぞ!」って気合を入れて掃除をはじめても、毛が短かいので、穂先の幅が狭すぎて、土間をとらえる面積が狭い。

精一杯毛先をひろげても、幅は10センチちょっとくらいでしょうか。

なので掃き終わるまでに、時間がかかります。

これまでの一般的な幅のホウキの幅に慣れていると、何度もほうきを往復させなければならないので、掃除のスピーディーさには欠けるかもしれません。

しかしこのホウキは、スタイリッシュで場所を取らず、置きっぱなしにしておける点が最大の特徴です。

そして「立つ」ので極小スペースでおさまります。

雑多になりがちな玄関でも、邪魔にならないのもメリットです。

ちょっとした汚れを見つけたタイミングで、ささっと掃きたい時におすすめのホウキ。

「カインズの立つほうき」はちょこっと使い用に置いておき、がっつり掃除のときは普通のホウキを使うなど、掃除の用途で使い分けるのがおすすめですよ。

最近は立つほうき専用のちりとりも出てきましたね。

スペースも取らないし、丈夫で使い勝手も良さそうです。

【カインズ】立つちりとり  (ブラウン)

さりげなく、ささっとお掃除したいときにお役立ちな、「カインズの立つほうき」気になる方は、ぜひお試しください(=゚ω゚)ノ

この記事、どうですかね?

「ま、オモロイじゃん」と思ったら

↓↓ポチってくれると↓↓

私はとても嬉しいのです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑ここからランキング順位がわかります。

今日は何位かな?