【北海道災害 震度7】キャンピングカーを手放さなければ変わってたはずの震災



2018年9月6日の3時すぎ。

激しい揺れと、スマホの地震アラームの尋常じゃない音の大きさに驚き、飛び起きました。

その後の余震に怯える中、30分もしないうちに停電。

街灯もつかず、街は暗闇に包まれました。

ここから約40時間。電気無しの生活がスタートしたのです。

そんな中で「去年キャンピングカーを手放さなかったらどうだったのか」と思うことが何度もあったので、そのあたりの話をしたいと思います。

余震に備え車中泊できれば安心できた

夜中の3時。

停電でテレビを見ることができなかったので、世間ではどれほどの被害に及んでいるのかわかりませんでした。

スマホも電波が悪く、非常につながりにくく、ネットからの情報も得られず。

「キャンピングカーがあればテレビが見れたし、電気もついた。津波が来るかもしれないから高台に避難して、今夜はキャンピングカーで夜を明かそうか?と考えたかもしれない。」

かろうじてラジオは家にあったのですが、外の物置の奥底に、キャンプ用品と一緒に眠ったままでした。

この暗闇の中、取り出しに行く勇気もありません。

突然の災害に備えた準備を怠っていたことを後悔しつつ、キャンピングカーそのものが「災害の備えがなされた、最高の非常袋」だったと気づくのです。

「余震が怖い」この時、心臓がまだバクバクしていました。

眠れず不安な夜を明かしましたが、キャンピングカーがあれば、キャンピングカーで一夜を明かしたかったです。

キャンピングカーだったら、建物倒壊の不安はなく、物が落ちてくることもありません。

キャンピングカーに戸棚などありますが、移動の激しい揺れに耐えられるような造りになっているので、物が飛び出す心配もありません。

地震に備えた完璧な設備車!?とも言えますよね。

停電時のオール電化は最悪。キャンピングカーは火が使えたのに。

わが家はオール電化です。

建てた当時は火がないから安心ね!などと思い、ガスを引き込みませんでした。

それがこんなところで不便を感じるとは。

朝になってもまだ停電。ラジオから流れて来る情報によると、北海道全域にわたり停電が続いているとのこと。

これはすぐの復旧が難しいと思いました。

いくら冷蔵庫に食材があったとしても、火を通さなければ食べられない物ばかり。

ガスコンロも家にはありません。

キャンピングカーだったらすぐに火が使えたのに!

しかたがないので、すぐ食べられるような食材を求めてコンビニ巡りが始まりました。

近所から弁当とパンとカップラーメンが消えた!

考えることはみな同じ。コンビニにはたくさんの車が押し寄せていました。

光が届きにくい暗がりのなかで、待機電力でレジ打ちをしている店員さんに感謝です。この人も私と同じ主婦かな?子供の事心配だろうな?とか。

すぐに食べられる食材と言えば、おにぎり?パン?考えが甘かったです。

朝の8時ごろに店に行ったのですが、すぐに食べれそうな食材は全て棚から消えていました。

カップラーメンは「激辛」系のものがちょっと残ってるくらい。

お湯すら沸かせないので、カップラーメンを買っても食べることができないんですがね。

キャンピングカーがあれば、お湯くらいすぐに沸かせたのに!

キャンピングカーでは、常にカップラーメンを常備していたので、当面食材に困る事はなかったはず。

こういう時こそ「キャンピングカーの本領発揮だったのに」などと愚痴りながらの帰宅です。

ガソリンがない!スタンドは長蛇の列と給油制限!

運の悪さは続くもので、ガソリンが底をつきそうです。

もしもの時に備えてガソリンを満タンにしておきたい!と思ってスタンドに向かいましたが、これまた長蛇の列!

なんとか1時間並んで入れられたのは、20リットルのみと制限付き。

キャンピングカーだったら70リットル入ったし、わりといつも満タンにしてたから、急な給油も必要なかったかも。

そんな思いが頭をよぎります。

断水の備えにも適しているキャンピングカー

断水はどうにか免れましたが、他の地域では断水してしまった所もあるようです。

キャンピングカー自ら水を生み出す力は備わっていませんが、貯水する力があります。

給水は人間の手が必要ですが、給水所まで何度も出向く必要がなく、一度キャンピングカーのタンクに貯水しておけばいいのです。

電気温水器もありましたので、暖かいシャワーを使うこともできたはず。

それにキャンピングカーには、トイレが付いていました。

水、シャワー、トイレ。どれも生活に必要な物ばかり。

あらためてキャンピングカーの生き抜くチカラの凄さを感じるのでした。

家が倒壊!?津波被害!?にも対応可能な「動く家」の凄さ。

いくつも回ったお店の中で「カセットコンロ」を発見!即買いでした。

ちょっと強気価格だったのが気になりますが・・・仕方ありません。

オール電化でカセットコンロを持っていない方は、平和なうちに絶対勝っておいた方が良いですよ!

イワタニカセットフー スーパー達人スリム CB-SS-1 (CBSS1)

「あぁ、これでお湯が沸かせる!」火のありがたみをつくづく感じます。

こうして6日の夜は、暗がりの中カップスープとお菓子で食の難をしのぎましたが、「余震が来るかもしれない」不安はぬぐえません。

そしてスマホの充電がヤバいです。

乾電池式のモバイ ルバッテリーがた  またまあったのですが、電池もそこが付きそうです。

キャンピングカーがあったら充電できたのに。電波の良い所に移動することも出来たのに。

なぜか停電時は電波が悪く、家にいるとネット情報が見れませんでした。

メールの類も、夜の10時ごろになってまとまって受信してみたり、ほぼ使い物になりませんでした。

今また大きな地震がきて、津波がきたらどうしようか?と暗がりの中余計なことを考えてしまいます。

高台に逃げるにはどの道を通ろうか?とか絶対道が混むな、とか。

信号機は消えてるし、怖いな、とか。

念のため、いろいろと必要そうなものをあらかじめ普通乗用車に詰め込んでおき、不安なまま一夜を過ごすのでした。

でもキャンピングカーなら、エンジンをかけなくても使える暖房があるので安心だな。

そんなことを考えながら就寝。

停電から約40時間後に電気が復活。なんとか普段の日常に戻りました。

しかし1週間は余震の可能性があるとのこと。

まだまだ安心できない日々ではありますが、ひとつはっきりしたことは「キャンピングカーは非常時にとことん強い!」ということ。

キャンピングカーのすばらしさをつくづく感じました。

「へ~っ」てなったら、
ポチっとすると喜びます。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ