一条工務店

一条工務店の家は夢がない?夢ってなんだよ!あ、こういうことか。【一条工務店10年目のブログ】

いきなりセリフみたいな記事タイトルですみません。

「一条工務店の家は夢がない。」

これはある一条の営業さんが、お客さんに言われたセリフだそうです。

「夢がない」だなんて失礼しちゃうわ!と思ったけど、私自身が「ああ、まあね」と思えたところが悲しすぎ。

思い出したくないけど、夢がないなって思った瞬間を思い出しました。

あれ?一条工務店って「夢の家」じゃなかったっけ?

「夢の家 I-HEAD構法」ってことで、耐震性能がよく地震に強い「夢の家」って一条工務店は言ってましたね。

でもその夢とは違う意味で、お客さんが「夢がない」って言葉で表現したんだと思います。

「夢がない」ってのはきっと、「面白みがない」と言う意味だったんだろうなって。

最初にそれを聞いた時は「失礼ね!」って思いましたが、すぐに「まあ、言いたいことはわかるかも」と思う自分がいました。

そうです。マイホームって「夢」ですよね。やっとの思いで手に入れるマイホーム。これからこの家で家族みんなで幸せになるんだ!って、みんな家を建てると思うんです。

思い起こせば10年前に、「あれもできない」「これもできない」って営業さんに言われてたっけ。家を建てる前に大きくに膨らんだ夢が、みるみるしぼんでいたような・・・。

一条工務店はレゴの家!?これで大丈夫?なんて言わないで。

一条工務店は注文住宅と言いながらも、レゴブロックを組み立てるような仕組みになっていて、造作の家具を作ってもらったり、掘りごたつにしてもらったりみたいなこだわりが反映できません。

自由度が少なかったように感じます。(10年前は)

できることが決まっていて、さあどれとどれを組み合わせます?っていう始まり方だったような。

家が形になっていくときも、トラックで運ばれてきたパーツをどんどんどーん!って積み上げられていきました。(※どんどーんって事はありません)

その様子をを見ていた、通りがかりのおじさんが「あれで大丈夫なの?」って聞いてきました。これまた失礼ね!( `ー´)ノ

でも、「夢がない」って感じるのは、きっとこういう所かしら?

でもそんなの最初からわかってて、10年前一条の家に決めました。

まだ太陽光さえ乗っていない時代だったのに。

不思議です。何か感じる魅力があったんでしょうね。

私たち夫婦の場合は、大事にしたいのはそこじゃない、ってところがあったんだと思います。

未だにどのメーカーやビルダーでで建てるのが「大正解」なのかは、わからないけれど、10年経った今も「後悔がない」のは事実です。

でも、もう一度家を建てることができるならどうだろう?なんてことを、こちらの記事に書いています。

11ページに分けていて、読むのが面倒かもしれませんが、お時間ある方は是非どうぞ(^^)/

一条工務店で2度目はあるか?入居10年後のブログ「一条工務店のどこがいいんだ?」って思う人、実はけっこういると思うんです。 わが家も最初は「一条工務店」で家を建てる計画ではありま...