一条工務店で2度目はあるか?家づくりの熱が覚めた入居10年後のブログ【評判 口コミ】





「一条工務店の一体どこがいいんだ?」って思う人、実はけっこういると思うんです。

入居から10年も経っているので、あのころのような家づくりへの情熱はすっかり冷めて、今は普通の日常です。

最初は「一条工務店は無いな」からスタートした家づくりだったんですよ。

なのに一条工務店で家を建てました。不思議でしょ?

この記事では、「どうしてあの時、一条工務店を選んだのか?」「10年後、後悔はしていないのか?」について書いています。

一条工務店は「家は性能。」って言ってるくらいだからモノのそれなりなんでしょうが、それよりも何よりも、営業戦略なんでしょうか、あの「じわじわ洗脳される感じ」

そのあたりを出会いのエピソードからお伝えできればと思っています。

洗脳って言ってもおかしな部類の洗脳ではありませんので安心して読んでくださいね(笑)

一条工務店って「どこの地場の工務店?」程度の認知度だった

わが家は10年前に北海道に家を建てました。

当時の一条工務店は北海道では全く認知されておらず、無名に近い住宅メーカー。

どうやら本州の方では知られているようだけど、北海道に住んでいる私たちにとっては「どこの地場の工務店?」と感じる程度の知名度です。

そのころ一条工務店と同じタイミングで北海道に上陸したのが「タマホーム」。

木村拓哉が出演した、家を全く連想させない派手なCMだったのを今でも覚えています。

かたや一条工務店は昔から「一切CMを流さず、チラシすら出さない方針」の無広告。

あれから10年経った今、ほとんど宣伝もしない一条工務店が、年間の住宅販売棟数が1位だっていうんですから単純にすごいと思います。

私たちが家探しを始めた頃は、あちこちの住宅メーカーを渡り歩き、20メーカーくらい見て歩きました。

住宅展示場ではメーカー同士が競い合うように、大きな家が並んでいて「こんなデカい家建てられるわけないじゃん。」と、正直いじけていたのを思い出します。

今思えば、あれはあくまで客に見せるモノであって、「こんな家を立てましょう」ってことではないことに気づくんですがね。

どんな家を建てようか?と悩んでいる私たちの目を安心させたのが、ほかの住宅メーカーに比べてこじんまりとした佇まいの「一条工務店」でした。

入口の前で無料で配っていた「トミカ」に惹かれた息子の後を追うように、展示場に吸い込まれるように見学することになりました。それが一条工務店との出会いです。