【リアル】小中学生の鞄が重い問題を大解剖!子供を信用しすぎに注意!?



最近ニュースで見かける「小中学校の鞄やランドセルが重すぎる問題」。

我が子の鞄の重さは10キロオーバーでした!なんでそんなに重いのか!?

母が、中1息子の鞄を「大解剖」してみました。

きっとみなさんも、帰ってきたお子さんの鞄を覗きたくなっちゃいますよ・・・。

子供の肩こり腰痛は本当!?往復4キロを歩く息子の体は大丈夫なのか!?

息子は毎日学校から帰ってくると「だぁぁ~!」っと大きく息を吐いて、鞄ごと後ろ向きにソファ倒れ込みます。

「鞄が重い」「学校までの距離が長すぎる」と毎日のように文句を連発。

学校までの距離が長いのは諦めるとして、なんでそんなに鞄が重いのか?

最近、夕方のニュースで「小中学生の鞄が重すぎる問題」のことは知っていました。

子供が肩こりや腰痛を訴えるので、整骨院に通っている小学生がいるとか。

とはいえ、「重いのはしょうがないんでしょ?」と、母は軽く受け流していたのです。

10キロオーバーの鞄の中身はいったい何が入っているの!?

「だぁぁ~!」

いつものようにソファになだれ込む息子のカバンを、さっそく拝借。

体重計にのせてみました。

カバン自体がかなりの大きさ。子どもの胴体と同じくらいのサイズです。

10キロオーバーの「11.2キロ!!」

驚く母に「いつもはもっと重いんだよ!」と、自分の苦労をアピールする息子。

どれだけ重要なアイテムを入れているのか、さっそく中身をチェックしてみました。

教科書や部活道具など。

一見、何の問題もなさそうに見えますが、ひとつずつ、チェックを入れてみます!

【ジャージと運動靴】
総重量:1.6キロ。全体の14%。

息子の学校は基本、制服登校なので部活で着るジャージを毎日持参します。

サッカーをしているので、スパイクは必須。

これらのアイテムは特に問題なさそうです。

【筆箱・本・リコーダー・折り畳み傘】総重量:1キロ。全体の約9%

折り畳み傘は、急な雨用に入れっぱなしのアイテムですが、絶対雨が降らないような晴天の日も入れたまま。

折りたたみ傘は緊急時用なので、備えるに越したことはないですが、ただでさえ重いので、常に持ち歩くリスクの方が高い気がします。

実際に雨が降る朝には別の傘を差し、折り畳み傘をカバンに入れたまま登校しているという無意味さが不憫です。

朝読書用の本は2冊ありました。なぜ2冊必要なのでしょうか?

息子「1冊は前に読み終わったの、そのまま入れてた~」だそうです。

リコーダーも必要ないのに入れっぱなし・・・。

無駄がいくつも見つかりました。

はち切れそうな筆箱をチェック。

中には黒ボールペンが4本も入っています。

【教科書・ノート・資料ほか】総重量:8.6キロ。全体の約77%

積み上げた高さが、20センチに届きそうな教科書類が「重すぎる鞄問題」の一番の原因です。

総重量は8.6キロ。全体の約77%を占めていました。

あらためて見ると教科書がデカい!

親が小学生低学年だった頃のサイズと同じです。

そして全ページがカラー刷り!!イラストが多く図解が多い。

ページ数が増えてしまうのもわかります。

教科書の厚みは平均1センチ。紙質もしっかりしているので、重いのも納得です。

特に社会は副教材が多く、地図帳やワークなど教科書以外に持参するものが多く、鞄が重くなってしまいます。

この日の鞄には「歴史」と「地理」の両方が入っていました。

これは両方持っていかなければならないのでしょうか?

息子「いや、間違えたら嫌だから一応入れておいてるー」ですって・・・。

毎日、ちゃんと時間割を確認しましょうね。

他にもプリント類や、ちょっとした参考教材のような冊子類。

入れっぱなしの物を、複数発見しました。

その日には必要ないはずだった教科書類です。

このほかリコーダーや折りたたみ傘など、削減できたトータル重量は2.2キロ!

約20%を削減できました!

とはいえ残り9キロです。まだ充分に重いです。

ダイソーで見つけたカバン用ショルダーパッドが使える!

肩紐が細く薄い鞄だと、肩に食い込んでしまい、痛みや重みを感じます。

100均ダイソーで、すぐに問題をカバーしてくれそうな、いい商品を見つけました。

「かばん用リバーシブルパッド(滑り止め付き)」です。

かばんの肩紐にくるりと巻いて、ボタンを2か所留めるだけ。

これで肩への負担が軽減されて、ベルトのズレ落ちを防ぐという商品です。

息子に感想を聞いてみたところ、ベルトにクッションが付いているので食い込みが和らぎ、肩があまり痛くないそうです。

ダイソー商品に比べれば、ちょっと値が張りますが、おしゃれで丈夫なショルダーパッドがたくさん売られているんですねー。知りませんでした。

いかがでしたか?

「重い鞄を背負う子供が不憫だわ!」と思っているお母さん!

ぜひ一度、お子さんのカバンをじっくりチェックしてみてはいかがでしょうか。

「へ~っ」てなったら、
ポチっとすると喜びます。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ