おすすめはニトリよりカインズ!?乗り換えた「取っ手がとれるフライパン」をレビュー(口コミ)



取っ手がとれるフライパンと言えば、ティファールを真っ先に思い出しますが、わが家ではずっとニトリの取っ手がとれるフライパン「トレル」を使っていました。

【楽天市場】ニトリ 家具・インテリアの通販サイト

調理した大皿料理なんかを、取っ手を外してそのまま食卓に出せるので大変便利できにいってつかっていましたが、フライパンの焦げ付きに限界を感じて書いた記事がコチラです↓↓

取っ手の取れるフライパンは、取っ手を無駄にすることなく鍋の部分だけを買い替えることができるのがメリットの一つです。

そう言いながら、先日カインズホームで気になるものを見つけてしまったのです。

当初はニトリの「トレル」を買い替えるつもりでいたんですよ、本当はね・・・。

カインズ「取っ手が外せるストーンマーブルフライパン&鍋

でも、買っちゃいました。「取っ手が外せる ストーンマーブルフライパン&鍋」 です。

カインズホームのストーンマーブルシリーズは以前から知っていて、ストーン調の見た目がかわいいな、取っ手がウッド調でかわいいな、とひそかに注目はしていました。

しかし取っ手がとれて、鍋のまま食卓に出せる使い勝手を知ってしまった私は、もう普通のフライパンは戻れなくなっていたので横目でスルー。

ですがこのたび、カインズのストーンマーブルシリーズがどうやら「進化」したらしく、「取っ手が外せる」(とれるじゃないんだね)シリーズが新登場したというではありませんか。

一度家に帰って一晩寝てから考え直しましたが、「苦手な料理だからこそキッチンを楽しくしたい!」と自分都合の結論に達し、カインズの「取っ手が外せる ストーンマーブルフライパン&鍋」

を買ってしまったのです。

あーあ。トレルのハンドルを無駄にしてしまったー。

まずはセットの内容をご紹介しますね。

■26㎝フライパン
■20㎝フライパン
■18㎝鍋
■18㎝鍋用ガラス蓋
■ハンドル

の5点セットです。

取っ手を外してコンパクトに収納できるのも、取っ手がとれるシリーズのメリットですよね。

これからフライパンを一式準備したいと考えている方にはおすすめのフライパンセットです。

今回は「ニトリの取っ手がとれるフライパン トレル」と、「カインズの取っ手が外せる着脱式 ストーンマーブルフライパン」のどこがどう違うのか、を詳しくお伝えしたいと思います。

カインズとニトリのフライパンはココが違う!ここが同じ!

まず要注意なのが、カインズの取っ手が外せるシリーズは、2018年6月現在で、5点セット販売しかしてないということ。

ニトリの取っ手がとれるシリーズは、ほとんどがバラで買えるので、必要なサイズを必要な分だけ買える、ダメになったものだけ買い替えることができるメリットがあります。

今後カインズもばら売りをしてくるのかもしれませんが、先がまだ見えない分、不安はあります。

あ、ニトリのフライパンの焦げ付きが目立つ・・・(笑)

さて、見た目はどうでしょうか。

ニトリのフライパンは赤ベースのフライパンらしいベーシックなデザインです。(ブラックもあります)

一方のカインズは、ナチュラル系のインテリアにマッチしそうな、グレーのストーン調フライパンとウッド調のハンドルです。

いま的な言葉で言えばこのフライパン、「映え」しそうな感じしませんか?

今回わたしがどうしても気になったのが、カインズのウッド調のハンドルです。

「ウッド調」なのでもちろん木材ではありませんが、手に持った時の感触は吸いつきがよく、滑りにくいコーティングがなされています。

これはニトリのハンドルにはない感触でした。

ただ、もうお気づきの方もいるかもしれませんが、ハンドルの形がほぼ同じ!

ニトリのグリップ部分に滑り止めが付いているほかは、大きさも形もほぼ同じなのです!

カインズのフライパンにニトリのハンドルと蓋の組み合わせです。

グラつきもなく、全く問題なさそうで使いまわせそうです。

ニトリのシリコン蓋はフィット感もよく使いやすいのですが、カインズでは26㎝サイズが今のところ販売されていないので、ニトリのシリコン蓋を使う予定です(笑)

操作の仕方も全く同じの瓜二つの双子ちゃんで、お互いのフライパンを交換しても使えました。

 

さて、次はフタ比べですが、造りはコチラも基本同じで、ハンドル装着部分の切れ込みの入り方や空気穴、フチにシリコンを使っているところまで全く同じです。

唯一違うのが、カインズの方は蓋のつまみ中央にくぼみがあるところ。

ニトリのつまみは、わりとストレートで滑りやすいのですが、カインズのつまみは指の腹があたる部分がくぼんでいるので、蓋を持ち上げた時に引っかかりができて力が入れやすいのです。

ガラス蓋は重いですからね。カインズさん。ここはかなりいいところに目をつけましたね。

見た目の好みは人それぞれですが、大事なのはフライパン本来の性能です。

 

カインズとニトリのフライパン「性能と使い勝手」

ニトリ・カインズ両者ともにガス火、IHに対応しています。

材質ですが両者ともに、本体はアルミニウム合金で、はり底はステンレス剛。

表面加工は内面が、フッ素樹脂加工で外面が焼付塗装されているところまで全く同じ。

ひとつ大きく違うのが、ニトリは金属ヘラが使用不可なのに対し、カインズは「高密度三層フッ素樹脂コーティングで耐久性UP」としていて、金属ヘラでの摩擦試験を200万回クリアしました!と言っている点です。

この辺りはカインズのフライパンを使い込んでみなければわかりませんが、この性能の違いが今後フライパンの寿命にどのくらい影響を与えるかがカギとなってきそうです。

 

今度は価格を比べたいと思います。

カインズの取っ手が外せるシリーズは、この5点セットしか販売されていないので、ニトリのバラで販売している同じラインナップで揃えると、カインズは4,980円(税込)なのに対し、ニトリでそろえると5,380円。

これだけで見るとニトリの方が高く感じてしまいますが、ニトリのほうもラインナップは違えど、セットで買うとだいぶ安く買えるので、価格的にはさほど変わらないかな、という印象です。

【楽天市場】ニトリ 家具・インテリアの通販サイト

どうです?並べて置くと見た目かわいいでしょ?

取っ手がとれるフライパンの「ニトリVSカインズ」ですが、注目する点をいくつかまとめてみますね。

■見た目のカラーは違うが、形はほぼ(ほとんど?)同じ。
■カインズは5点セットしか(2018年6月現在)販売していないので、今後買い替えできるか不安が残る。
■カインズのフライパンは金属ヘラが使える。
■価格はほぼ同じ。

結局はほぼ同じものなので、「見た目で選んでください。」と言ってしまいそうですが、カインズはセット販売しか今のところないので要注意ということと、少しだけ後手のカインズ商品は、細かな点で改良がなされているかな?という印象なのでした。

ぜひ、購入時の参考にしていただけると嬉しいです。

「へ~っ」てなったら、
ポチっとすると喜びます。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ