靴底かかとを自分で修理!100均ダイソーの「靴の修理屋さん」がお手軽すぎる!



近所のお店では、靴底のかかと張替えが「1600円」だそうです。

ちょっと高いなって感じました。もうちょっとお金を足せば、安い靴なら買えちゃうお値段ですよね。

今回は、ダイソーで買える靴の修理キット「靴の修理屋さん」を使って、自分でお手軽に靴のかかとを修理してみます。

100均ダイソーの靴底の修理キット「靴の修理屋さん」に出会う

先日ごくごく普通に歩いていたら、とつぜん靴音が「カポカポ」言い出しました。

靴の裏側を見てみると靴底のゴムが外れていたんです。

もともと数千円くらいで買ったものですし、なんの思い入れもない普通の靴でしたが、プレーンなその形から、年に何度か履きたくなる時がある、そんな靴でした。

でも、この靴の修理に1,600円出すのちょっと・・・。

でも、捨てるのも、もったいない。

捨てるに捨てられずにいた頃、ダイソーで「靴の修理屋さん」という靴のかかとの修理キットに出会います。

「100円で靴が直せたらラッキーかな?失敗したらその時はその時だ。」

そんな軽い気持ちで自分で靴の修理をしてみることにしました。

100均修理キットの他に、必要なもの3つ

・金づち
・ゴム・プラスチック用ボンド
・カッター

修理キットに入っているパーツがコチラ。

かかとのゴム2枚(横約5.5cm,縦約7㎝)
クギ10本
やすり1枚

靴底のソールはプラスチックのように固い素材かと思いきや、クッション性も感じられるような柔らかさ。ちょっと完成度に期待してしまいます。

靴底が自分で簡単に修理できる

古くなった靴底のゴムを外します。

靴底に凹凸がある場合は、付属していたやすりを使って平らになるように削ります。

靴底にたっぷりとボンドを塗ります。

この靴はかかとの中が空洞だったため、接着できる面積が少なく密着度がちょっと心配。

ちゃんとくっついてくれるでしょうか?

ゴムを貼ります。

驚くほどに、かかとのカーブがピッタリ。これはラッキーでした。

このまましばらく時間を置きます。

ボンドが強力だったおかげか、ちゃんとソールがくっついてくれました。

次はいよいよ釘打ちをします。

靴穴を缶にはめ込んで釘をうつと、釘が打ち安くなりますよ。

ゴムがかかとから、1㎝くらいはみ出ていますね。

ここをカッターでカットします。

修理作業の中で、一番難しいと感じたのはゴムのカットでした。

切り口をキレイにカットできるかどうかで仕上がりに影響が出ます。少しコツがいりそうです。

1カット目は大まかに一度切り落とし、2カット目でかかとのライン沿ってカットすると上手くいきます。

細かくカットしようとせずに、ゆっくりとひと押しで切り落とす感じでしょうか。

カッターは工作用の小さなモノではなく、グリップが大きく、刃も幅があるものの方が切りやすいと思います。

完成しました!

釘の跡が残念ですが、普段歩いていて人に靴の裏を見られることはありませんので気にしないで良いのでは?

横から見るとこんな感じ。はみ出したボンドはカッターで削り落とし、残った部分を除光液で丁寧にふき取りました。

仕上げに靴墨を塗ります。

思いのほか、キレイにできて満足の結果に!

いかがでしたか?

たったの100円で簡単にここまできれいに修復できるなら、やってみる価値はあると思いませんか?

完成後、すこし履いて歩いてみましたが、すぐに取れてしまう心配はなさそうです。

修理に出すほどじゃないけど、捨てるのはもったいない。

そんな靴がありましたら、お手軽に100均ダイソーで買えちゃうので、自分でやってみるのも一つの手段ではないでしょうか?

この記事、どうですかね?

「ま、オモロイじゃん」と思ったら

↓↓ポチってくれると↓↓

私はとても嬉しいのです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑ここからランキング順位がわかります。

今日は何位かな?

どうぞお気軽にフォローくださいね♪