枕木ガーデニングのアイディア【花壇編】かすがい使いで「ジグザグ」に置く



我が家の枕木ガーデニングのアイディアを紹介します。

枕木設置から約10年経ちました。一口に枕木と言っても種類によっては丈夫な物、朽ちやすいものが実際にあります。

置く場所や、施工方法によっても劣化に違いが現れてますね。

設置方法を工夫すると、栽植の幅が広がりますよ。

「 ジグザグ置き」と「かすがい」で作る枕木花壇

春先の花壇の様子。

リビングの掃き出し窓から眺められるよう設置した花壇です。

住宅密集地のため民地石に囲まれています。ナチュラルガーデンには程遠いのですが、少しでも近づけようと必死です。

庭の配置的にはこんな感じ。2F窓から撮影した様子。(ガラクタが多いな・・・)

上部がお隣さんです。

少しでも庭を有効利用したいので、民地石と枕木を並行させて置いています。

花壇というと正方形に4辺で囲ってしまいがちですが、あえて細かく切ってジグザグに置いています。さらに10センチから15センチくらい「ずらし置き」しています。

ずらして置くと角がたくさん増えるので、植物の配置がしやすくなりました。

枕木に近い場所に植物を植えるといい具合に葉が茂ってきて、庭全体をなじませてくれます。

「かすがい」で留めることでガーデンの雰囲気がさらに良くなりました。

最初は新品のものを使ったので銀色なのですが、良い感じに錆びてくれました。

1年もするとすぐ錆びます。サビがナチュラル感をだしてくれますよね。

枕木自体が重いので、わざわざくっつける必要はないので、あくまでも「飾り」です。

 

こちらは中古枕木なのですがとっても固いです。簡単に金づちで「かすがい」を打つことはできませんので、ドリルで下穴をあけてから差し込みました。

枕木は高さが20センチくらいでしょうか。さらに土を入れる部分を少し掘り下げています。ちょっと浅めな花壇でしょうか。

写真では土や植物に埋もれて配置が見づらいと思うのでイラストに表すとこんな感じ。

あえて枠を閉じ切っていません。土はなだらかに地面に到着する感じでしょうか。

閉じ切らないことでメリハリを無くして、手前のレンガの小道に栽植のつながりを持たせています。

リビングから見た枕木花壇の様子。宿根草メインの庭なので色がグリーンばかり。

もう少しカラーバリエーションを増やしたい所です。

あと1か月も経てば花期がくるので、それまでの辛抱です。

肝心な枕木の耐久性ですが、花壇に使用したのは中古枕木で、実際に鉄道に使用されていた枕木のようです。

一方、写真中央にあるの新品枕木です。

両者は形も厚みも違うものですが、新品枕木の方は早いうちから劣化が見られました。

防腐剤の加圧注入をしていなかったのかもしれません。

角が取れた感じも、味わいがあって私は好きなんですがね。

先日とうとう上の方がめくれてしまいました。(シロアリではありません笑)

土の上に直置きしているので腐敗が進むのは当然なのですが、同じく直置きしている中古枕木の方が固く丈夫で、10年経った今も設置した頃とあまり遜色を感じさせません。

風合いも質感も、中古枕木の方が好みですね。

中古枕木はちょっとお高めですが、固くしっかりと加圧注入されたものでしたら長く楽しめると思いますよ。

 



「へ~っ」てなったら、
ポチっとすると喜びます。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ