震度7北海道地震!オール電化住宅のたったひとつの後悔とは?【一条工務店10年目のブログ】



2018年9月3日の午前3時過ぎに、スマホの「緊急地震速報アラーム」と同時に襲った「激しい揺れ」。

まもなくして北海道全域が停電になりました。

うちの家。オール電化なんですけどー!!

その後40時間にわたって、電気が使えない生活を強いられることになった我が家が、長時間の停電で気づいた「たったひとつの後悔」についてお話します。

電気が使えないと食べられる物がない!

「北海道胆振東部地震」が起こった6日のわが家の冷蔵庫には、調理せずに食べられるものがありませんでした。

普段はパンやお菓子など、いくつかストックされているのですが、買いだめ派のわが家は、その日は買い出しの前日だったのです。

実はうち、「カセットコンロ」がないんです・・・。お鍋をするときは、鍋用のホットプレートを使っていましたし、もう最悪です。

冷蔵庫も通電してないので、予想通りアイスはでろでろ。肉類も解凍されてしまったのに、今すぐ調理ができないもどかしさ・・・。

停電は北海道全域と聞いたので、すぐの復旧は無理だと判断。

調理はあきらめ、すぐに食べられそうな調理済み食材を求め、信号機が止まった町へ買い出しに出掛けました。

あたりの信号は全滅です。大きな交差点では警察官が手信号をしてくれますが、脇道に入ると自己判断で渡らなければならないのでとても緊張しました。

そして朝方に開店していているのはコンビニのみ。

まずはおにぎりやパンを買っておけば、どうにか明日までは過ごせそうだと思いましたが、考えていることはみんな同じだったようで・・・。

朝の8時にして、お弁当の陳列棚はすでに空っぽでした。

かろうじてカップラーメンがいくつか残っていましたが、お湯すら沸かすことができません。

当たり前にできていたことができないって、結構なストレスを感じます。

つくづく電気のありがたみを感じました。

一条工務店で家を建てた10年前は、今のように太陽光を搭載していませんでした。太陽光が載っている近所の一条工務店のお宅では、日中は発電できるので、電気が使えたそうです。これは羨ましい!

夕方立ち寄ったスーパーで売られていたカセットコンロ!

もう、即買いでしたね。これでやっと調理ができる・・・。

地震発生から15時間たった今も、まだ電気復旧のめどが立たない様子。

あのような大きな地震がまた来たらと思うと恐ろしく、普段は2階で寝ているわたしたちは1階のリビングで寝ることにしました。

子供たちはキャンプ感覚で浮かれぎみ。親としては、そこはちょっと救われました。

固定電話が通じない!スマホの充電も出来ない!

電気が使えないって本当に大変。これはオール電化だからではないですが、こんなにもスマホに頼った人生送っていたんだなって、つくづく感じました。

外部との連絡を取りたかったのですが、停電のせいで家の固定電話が通じません。

黒電話なら通じたようですが、最近多くなってきた光回線などのIP電話は使えません。

学校や、塾からの連絡網は、自宅電話を知らせていたのでつながらず。結局はスマホに連絡が入るのですが、停電時フルに使われているスマホは、常に充電不足が続きます。

そこは車の充電器でしのいだのですが、今度はガソリンが底をつきそうになりました。

どこのガソリンスタンドも、車が何十台も並んでいます。

一時間並んで、給油できたのは20リットルのみの給油制限付き。半分ほどしか満たされない燃料計に、心細さを感じます。

停電から40時間後、やっと電力が回復。

今回の停電で思ったのは「オール電化」だからいけない!ではなく、それに合わせた備えが必要だったということ。

たったひとつの後悔、それは・・・

オール電化にするなら「カセットコンロ」くらい買っときゃよかったー!

災害はいつ起こるか分かりません。

今回の反省点を踏まえて、今後の準備を進めたいと思います。

「へ~っ」てなったら、
ポチっとすると喜びます。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ