初めてさん必見!「じゅんかんコンビニ24」で資源物が商品券に変わるって本当?使い方とメリットを紹介



車を走らせていると「じゅんかんコンビニ24」と書かれた青い看板を目にしたことはありませんか?

「なにやら資源回収をしているらしいけど、使ったことはないんだよね…」というあなた!なんともったいないことでしょう。

最初はドキドキしましたが、今はフルに活用中!ポイントもどんどん溜まって「商品券」ゲットまでもう少しなんです!

そもそも「じゅんかんコンビニ24」って何よ?って方はこちら

コンビニ24と書いているけど、おにぎりやコーヒーを販売しているコンビニじゃありません。

北海道を拠点とする総合リサイクル企業「株式会社 マテック」という会社が運営するリサイクルステーションなんです。

24時間営業で無人。もちろん無料で資源回収してくれます。最近できたばかりの新しい「じゅんかんコンビニ24」では、広めの駐車場が設けられていることが多いです。

敷地内には大きめの物置小屋のような回収BOXが、どんどんどーん!と置かれています。

この小屋の中に資源物を投入するんでしょうけど、一体どんな仕組みになっているのでしょうか?

まずは「受付室に飛び込め!」無料の会員カードをゲットしよう

だいたい敷地内の中央部に位置していることが多い「受付室」。

「じゅんかんコンビニ24」のイメキャラでしょうか?かわいい…かな?的なフクロウのイラストが描かれています。

暴風・防雪のためでしょうか?ヒモのれんのような、厚手のビニール?をかき分けて中へ入ります。

中にはATMのような「受付機」が設置されています。複数の監視カメラがこっちを向いていてちょっと怖いです。

「いらっしゃいませ!画面をタッチしてください!」

初期画面です。どこでもいいの指1本で「ギュッ」と押してみましょう。

「会員の方は青」「初めての方は黄色」を指でタッチします。

黄色を押します。

「18歳以上ですか?」

といきなり聞かれました。ちょっとドキッとしてしまうのは、「監視カメラ」のせいでしょうか?

不法投棄の監視用なのでしょうが、パトカー見かけるとドキドキしてしまうような、あんな気持ちに似ています。

「18歳以上」なら「はい」を押しましょう。

「会員カードを発行しますか?」

「はい」で次に進みます。

「コトン」

下を見ると取り出し口に、「会員カード」が落ちてきました。

プラスチック製のしっかりとした、よくある材質のカードです。

裏面には利用する上での注意事項が書かれていて、会員番号の記載がありました。

これで準備はOKです。

「リサイクル貢献度」ってなに?「ポイント」と同じ考え方で大丈夫?

これは資源物の投入で得られるポイント表です。ここではポイントを「リサイクル貢献度」と呼んで、点数で計算するようです。

新聞・雑誌4点 / kg
ダンボール4点 / kg
金属類・スチール缶1点 / kg
アルミ缶10点 / kg
ペットボトル10点 / kg
古布・繊維類1点 / kg
パソコン本体5点 / kg
携帯電話300点 / kg
小型家電2点 / kg

※2018年10月現在の点数です。店舗や資源物によっては上限が決まっていますのでご注意を。

資源物を持ち込むことで、「リサイクル貢献度」が溜まります。持ち込む資源物によって点数が全然違うんですね。

「古布や繊維類」は1キロ1点なのに、「携帯電話」は1キロ300点!。重けりゃ良いってもんでは無いようです。

「リサイクル貢献度/点」と聞くと、あまりピンときませんが「ポイント」と言い変えても特に問題はなさそうです。

そもそも、どうやって重さを計るのでしょうか?

疑問に思う私のもとに、ちょうど回収業者さんが現れました。すかさず聞いてみます。

「下に重さを測る機械が入ってるんだよ」

なるほどー。とても大胆な仕組みになってるんですねー。それぞれの回収BOXが、でっかい体重計の上に乗っかってる感じでしょうか?(笑)

測量はカウントダウン方式!まるで借り物競争みたいで急ぎ足になる!?

この日、車のトランクに積んで持ち込んだのは「アルミ缶」とダンボール。果たしてこれだけで何点つくのでしょうか?

「会員カードをお持ちのお客様はこちらから」

青いボタンを押しました。

会員カードをかざすよう指示が出るので、タッチパネル上部にある「会員カードをかざしてください」と書かれたパネルへカードをかざします。

回収物の注意案内が表示されます。了承ボタンを押下して、再度カードをかざすとこの画面に。

カードを2回かざさなくてはなりません。ここは1度で終える流れだと嬉しいのですが・・・。

「全品目受付開始ボタン」を押下。

わざわざ「全品目」と書かれているので、「アルミ缶」とか「新聞紙」など分類ごとの選択肢があると思いきや、「全品目」のみの選択肢。


「計量は10分以内に行ってください」

600秒のカウントダウンが始まります。数字が減っていくと、ちょっと一瞬焦りますが、10分もあるので安心してください。

この画面に切り替わったら資源物の投入を始めます。

いったん受付室を出て、資源物をそれぞれの回収BOXへ投入しましょう。

缶やペットボトルはビニール袋に入れたままでは回収してくれません。投入口が狭くなっているのでバラす必要があります。

常連さんの作業の様子を見ていると、カウントダウンが始まる前に、あらかじめ資源物を回収BOX前に置いていました。なるほどの早ワザです。

利用者は一応順番に並びますが、少ない人数の場合は車で待機している人が多いです。

ここでもたもたしてしまうと、次の方に迷惑がかかりそうで、最初はあたふたしてしまいますが、慣れればスムーズにできそうですよ。

投入を終えたら「受付室」に戻って「投入完了」ボタンを押下。計測が始まります。

今回の獲得ポイントは「アルミ缶7ポイント」でした。0.7㎏で7ポイントです。

・・・あれ?確かダンボールも入れたはずなんだけど。

実はこれ、計測量の基準に満たないと無視されます。今回は段ボールを2枚だけだったので、1ポイントの基準にも満たず、なかったことにされました。

チクショー!ある程度まとまった量を持ち込みましょう。

500点貯まると「500円分の金券」がもらえちゃう!

リサイクル貢献度が500点に達したら、「500円分のクオカード」または「イオンギフトカード」と交換できます。

「受付室」にあるタッチパネルで「商品券引換券」を発行し、受付機の周辺に設置している封筒に入れて送るだけ。簡単でしょ?

封筒にはアンケート回答欄もありますが、「じゅんかんコンビニ24のサービス満足度を下記から選んで下さい。」という簡単なもの。

満足、どちらとも言えない、不満の中から選ぶだけです。

商品券申込封筒はホームページからもダウンロードできます。

マテック じゅんかんコンビニ24 公式ホームページ

いかがでしたか?

始めるまではちょっとドキドキしましたが、2・3回も繰り返せばすぐ慣れます。これらをゴミステーションに捨てていたら、ただのゴミだったはずが、ちょっとコツコツするだけで、簡単に商品券が手に入るのです。

リサイクルに貢献しているという「意識高い系」の気持ちも味わえます(笑)

空き缶やダンボールの他にも、古着や小型家電も回収してくれるので、家の中がスッキリした上に、商品券までゲットできるなんて、やってみる価値があると思いませんか?

「じゅんかんコンビニ24」がちょっと気になっていたんだよな~という方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

詳しい回収品目は公式ホームページを参考にしてくだい。

マテック じゅんかんコンビニ24 公式ホームページ

↓↓ランキングに参加しています↓↓
いつも温かいポチありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

これからも応援よろしくお願いします(人゚ω゚)。o○