間取り・設備

【間取り成功ポイント】ダイニング近くの4畳部屋が使いやすかった理由

どうもこんにちは!キタノです。

10年前に一条工務店のi-cubeで家を建てました。

10年も経つと、次から次へと間取りの後悔ポイントを発見してしまいます。

そんな中でも、「この間取りは成功だった」と思えた、わが家の「ダイニング近くにある4畳の洋室」についてのお話です。

リビング続きの客間は必要か?の議論

間取りを考える時に、「リビングつづきの客間は必要か?」「和室を設けるべきなのか?」これは夫婦でも議論になるかと思います。

1階にあるリビングに、ひと部屋プラスするべきかどうか、私たち夫婦も悩みました。

LDKの居心地を優先させたいため、一部屋プラスするぐらいならば「リビングを広げた方が良いのでは?」と考えましたが、「プラスのひと部屋は必要だろう」という考えを拭えずに、小さいながらもひと部屋設けることにしたのです。

わが家がリビングつづきの「ひと部屋」にこだわった理由は、「戸建てと言えば客間が必要なんでしょ?」そんな思いがあったからです。

わが家のひと部屋は4畳しかないので、結果として客間には使えなかったのでしょうが、10年間住んでみてわかったのは、わが家の場合の宿泊客と言えば、自分達の両親くらいでした。

お爺ちゃんお婆ちゃんが、わざわざ泊りに来る目的は「孫」。

ですから来たとしても、子供の部屋に布団を敷いて寝ています。

これまでに「泊りで来る客が多い」という前例がないかぎり、一軒家に住んだとたんに、「客間」がフルに使われだすとは考えにくいです。

たった4畳のひと部屋といえども、万が一の来客のことを考えて、仕切れるように引戸をつけたのですが・・・

10年間扉を外して使っていますが、一度も閉ざされることなくオープンなまま。きっとこの先も扉が付けられることはなさそうです。

扉を付けたことについては「後悔ポイント」ですが、木調の木枠が部屋のアクセントになってくれたので、今ではお気に入りポイントになっています。

これらのことから「客間であることを優先した造り」にこだわる必要はなかったな、というのが、「10年後のわが家の結論」です。

リビング近くの「ひと部屋」があるメリット

これまでにどんなメリットがあったのかをお話します。

まずはリビングからアクセスしやすい場所に「ひと部屋」を設けたことによって、リビングには置きたくないような「ものを置くスペース」が確保できたこと。

子供が赤ちゃんだった頃は、お昼寝布団を敷いて寝かせることもできました。

我が家ではこの4畳スペースに、一条工務店の標準装備のブックシェルフを付けました。

ですから実際の床面積は、3.5畳ほどの小さなスペースです。

子供が小さかったころは、ブックシェルフの最下段に、おもちゃ箱を入れて使っていました。

ぴったりな収納ケースってなかなか見つからないと思います。そのころ収納ケースをダンボールで作っていた参考記事はコチラ↓↓

簡単0円で出来る!!ダンボールで収納ボックスを自作する 100均もネット通販も探したけれど、棚にピッタリ収まる収納ケースがみつからない! そんなあなたにオススメなのが「段ボールで自作する...

たとえリビング続きに、遊べる専用部屋を用意していても、結局リビングにおもちゃが流れ込んで来ませんか?親のすぐそばで遊びたがるんですよね。

ですからリビングにおもちゃが散らばってしまうのは、防ぎようがなさそうです。

ですがおもちゃを片付けられる、収納場所はリビング近くに必要なのかと。

ほかにもブックシェルフの活用法としては、スライドできる手前の棚に子供が作った作品を展示してみたり、家族が共有して使うような、文具や爪切りを置いておくなど、「小物置き場」として使っています。

ブックシェルフの手前スライドに「シンデレラフィット」するカインズの収納ケース「スキット」の記事はコチラ↓↓

カインズ「Skittoスキット」全サイズ買いで活用法を探るブログ カインズのスキットを全サイズ買いました。いろいろ組み合わせて使っています★ わが家のブックシェルフは、棚の奥行きや幅がイマイチ使い...

棚の中が見えすぎて困る!ってかたは、こちらも参考になるかもしれません↓↓

100均で本棚の目隠しDIY「布カーテンは嫌だ!」という人におすすめのDIY ごちゃついた本棚をどうにかしたい! できれば布以外の方法がいい。さらにオシャレな方がいい。 ...

背面スペースには本はもちろん、裁縫箱やストックしている大量の乾電池を置いてみたり、日常的に使う頻度が高いものを収納しています。

子供の成長後の最下段のスペースですが、奥行きがありすぎて使いづらかったので、「雑紙置き場」にしてみたり、「古紙収納庫」としてゴミ箱の役割を担っています。↓↓

引き出しレール付き収納ボックスをDIY!紙ごみや不要プリントをこう入れる ブックシェルフの一番下に、引き出しレールを付けた木製BOXをDIYしました。 重いものは「下に収納する」が鉄則ですよね。 ...

ダイニング近くに「ひと部屋」を設けて良かった点

リビング続きに「ひと部屋」を設けるというのはよく聞きますが、わが家はダイ二ング近くに「ひと部屋」を設けました。

リビングつづきではなく、ダイニングの近くにしたことで、当時は予想していなかったひとつのメリットに気づいたのです。

それは見えすぎない「死角のスペース」が生まれたこと。

リビングから見ると、ブックシェルフの反対側が死角になるのですが、そこにはパソコンデスクを配置しています。

別にパソコンで怪しい作業をしているわけではありませんが(笑)、家族であってもパソコン画面をのぞき込まれたくない時ってありませんか?

たまたま生まれた死角のスペースが、その後の住みごこちに良い影響を及ぼしていると感じています。

ダイニングそばにひと部屋を設けたことで、建物がL字になり、庭に囲まれスペースができました↓↓

4LDK+G「庭」でリビングを広く見せる方法!ぶどう棚のあるガーデン 庭で巨大ミミズを見つけると「良質の土なんだな~」って思って、ミミズが愛しく思えませんか? え?思えないって?。どうもこ...

これらの内容は、住んでみて初めて気づいた事や、10年間住んでみて、その結果良かったと思える点です。

これから間取りを考える方に、少しでもお役に立てればと思います ^^