ガーデニング

【使えた外モノ】自転車スタンドをDIY!屋外で倒れない自転車置き場

自転車小屋はあるけれど、自転車を家の前に一時的に駐輪させたい。

そんな時、ありませんか?

わが家には設置してから10年ほど経つ「自転車スタンド」があります。

使わなさそうでフル活用だった「自転車置き場」をご紹介します。

使い道がありすぎた枕木の自転車スタンド

「家の前に自転車を置いておきたい時」

・すぐにまた乗りたい
・子供の友達の自転車を並べておきたい
・子供が自転車小屋に入れられない

など。

自転車スタンドと言えば↑↑このような「自転車スタンド」を思い浮かべますが、わが家の自転車スタンドは、がっしり据え置きの自転車スタンドです。

玄関ポーチ横に設置しております。

夏場に自転車が置けるのは当然ですが、冬はこのうような使い方をしています。

雪かきスコップは数種類必要なので、自転車スタンドに立てかけて置いておけるので大変便利です。

多少吹雪いたぐらいじゃ、スコップが飛ばされません。

自転車置き場以上に、冬に大活躍してくれるアイテムです。

鉄のシャベルはガーデニングなど、夏場にもよく使いますので、年中立てかけて置けるので便利ですよ。

枕木(ケンパス)駐輪スタンドの作り方

こちらに使用しているのは、枕木と言っても中古枕木ではありません。

ケンパスという鉄道枕木にも使われている、硬く重い木材です。

10年経った今は、表面はグレー化したものの、劣化が少なく、そのままの重厚な質感を保持しています。

【枕木の自転車スタンド作り方】

必要なサイズに切った枕木(ケンパス)を2段に積み上げて「かすがい」でつなぎ合わせるだけです。

ケンパスはとても固いので、かすがいを差し込む前に、ドリルで下穴を開けることをおすすめします。

わが家の自転車スタンドのサイズは、横155×縦45×奥行55cmです。

5つのスペース(隙間)を設けたので、5台駐輪できそうですが、実際には隣り合う自転車どうしがぶつかるので、最大で大人用自転車3台分の駐輪が可能です。(自転車のサイズによる)

車幅を考えると、間隔はだいたい15~20cmおきに設置すると良いと思います。

子供の友達が遊びに来てくれた時に、支持するまでもなくすんなりここに収めてくれるのが嬉しかったりします。

歩道に置くと風で倒れて、自転車や車が傷ついてしまったり、道路にはみ出したりと危険ですから(=゚ω゚)ノ

「自転車スタンド」、ちょっと気になるな~と言う方は、ぜひ挑戦してみてください。

お家のアクセントにもなって、家屋をグッと引き立ててくれますよ!

↓ランキングに参加してます↓
読んだよ~って合図、待ってます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ