暮らしカスタマイズ

布を染めるなら専用塗料「ダイロン」が簡単!100均では得られないクオリティで色褪せバッグが黒く甦える方法

色褪せてしまった衣類や、お気に入りの布カバンはありませんか?

簡単に染めたいと思って100均を物色しましたが、お気に入りバックを染めるので、プリンターインクで染めるなどの手法は使いたくない・・・

そこで見つけた布を染める専用塗料の「DYLON(ダイロン)。色止めの「カラーストップ」もご紹介します。

自宅で簡単1時間で完了!

こんなに簡単に繊維の染め直しができるなんて知りませんでした。

布を染める専用塗料「DYLON(ダイロン)」を入手!

DYLON(ダイロン)ってご存知ですか?

繊維を染める、染料を扱うメーカーで、いくつか種類がある中で「マルチ」という商品があります。

 

今回はこの布を染める専用塗料を使って、わが家の色褪せたお気に入りにバッグを染めてみたいと思います。

もう10年以上は使っている斜めがけのカバンです。

生地の柔らかさが気に入っていて、容量もちょうど良く、なにより雑に扱っても大丈夫な所が気に入っています。

そんな使い続けたいアイテムはあれども、布製品は使ううちにだんだんといろあせてしまいますよね。

これは何色って言うんでしょうか・・・。色褪せグレーでしょうか?

造りはしっかりとしているのは良いのですが、色の退色だけはずっと気になっていました。

そこで「DYLON」マルチを購入!「色の染め直し」を決意しました。

どうせだから、本来よりちょっと濃いめの色にしてみようと「BLACK」の染料を選びました。

染料の粉をお湯で溶いて布を漬けるだけ

左の黒い子袋がDYLONマルチです。この中に5.8gの染料の粉が入っています。

右側のピンクの小箱はカラーストップと言って、色止めをしてくれる商品です。

500mlの熱湯(約80℃)に1袋を投入

ちょっと火薬のような匂いです。もちろん火薬ではありませんよ(笑)

「マルチ」1袋をボウルに入れて、500mlの熱湯(約80℃)を注ぎます。

容器は色残りしない、ステンレスかホーローのものがおすすめです。

プラスチック製品だと、色が付いてしてしまうからです。

泡だて器でよく染料を溶かします。

タライやバケツでつけ置き

染めたい布製品が入りそうな容器を準備。

容器に6Lの熱湯(約80℃)を注ぎ、塩30ℊと、先ほどの溶かした染料を合わせて20分間もみ洗いします。

最初はなにせお湯が熱くて手では触れないので、箸でくりかえしながら染めました。

お湯がぬるくなり始めたらゴム手袋などを手にはめて、もみ洗いを繰り返します。

そこからさらに20分つけ置きます。

色ムラを防ぐため、染めるものが液体からはみ出ないようにするのですが、鞄にクッション部分があるためか、プカプカ浮いてきてしまいます・・・。

意識してつけ置きしてみましたよ。

つけ置き(20分)が終わったら、流水でよくすすぎ、染料をよく落とします。

10回程度はすすぎましょう。

「マルチ」だけで染色を終えるなら、ここで脱水して陰干しします。

DYLON「カラーストップ」で色落ちを防ぐ!

「カラーストップ」は透明の液体で、少しとろみがあります。

容器に色止めするものが、充分に浸かる量のお湯と、「カラーストップ」を入れてよくかき混ぜます。(お湯の温度は、繊維表示に基づく最高温度です。)

15分つけ置きしたあと、水でよくすすいで脱水します。

最後はゆっくりと陰干しです。

嬉しい出来栄え!もっと早くやっとけばよかった!

果たしてちゃんと染まっているのでしょうか?いかがでしょうか?

「BLACK」カラーを使った割には、真っ黒にはなりませんでしたが、結果オーライの「ダークグレー」。

説明書にも黒や濃い色に染める場合は、染料を2倍を使うように書かれていました。

でもどうです?写真は撮った時間帯が違うので上手に伝わりませんが、見た目にはしっかりと染まっていて、色褪せ感が消えました。

本来は白い商品を染めるのに向いているのでしょうが、こうした色褪せてしまったアイテムにも使えそうですよ。

新しく生まれ変わったお気に入りカバンに大満足です。

正味1時間の作業でできる、お手軽なダイロンの自宅染め。

機会があれば、ぜひお試しください!