10年点検

10年経てば一条工務店の家も人も劣化する!?劣化は見た目から始まるって本当?

どうもこんにちは。キタノです。

さて、しょっぱなから「劣化」のワードが出しましたが、10年経つと「入居者」も「建物」も徐々に若さが失われていきます。

私が老けた話は置いといて(ほっといてちょうだい!)、一条工務店でアイキューブを建ててから10年。

[kanren postid=”2902″]

先日も「10年目点検」のお話をしましたが、たくさんの方に見ていただいたようです。ツイッターでも「続きが気になります!」と言ってくださった方も。ありがとうございます。

やっぱり10年先のこと、気になりますよね~。まだ「10年点検」の日程が決まっておりませんので、随時ご報告させていただきますね。

劣化は見た目(外壁)から始まった

一条工務店の家で、一番「劣化」したな~と感じているのは外壁です。でもわが家はサイディングを使用していますので、「ハイドロテクトタイル」の方はそこまで焦らなくて良いかと。

なんかね、サイディングどうしの隙間がはっきりと表れてきたんですよ。

「亀裂!?」と思いましたが、貼り合わせた部分なので、10年も経ってるし仕方がないのかな~と思います。

あ、白い所は漂白剤の色落ちではなく、光です(笑)

こちらは表面のプツプツがたくさん。まるで年齢とともに、お顔の毛穴が広がっていくかのような・・・。サイディングの中にある気泡でしょうか?表面の塗装がだんだんと削れて穴が目立ち始める・・・そんな感じです。

とくに建物にくっつけて設置した、ウッドデッキがあるあたりがひどいです。

これから建物に隣接して何か物を置かれる場合は、くれぐれもお気を付けください。「雨のはね」がサイディングに影響を与えている様ですよ。

雨って怖いですね。何年もかけて石に穴を開けてしまうなんてのをテレビで見かけたことがありますが、まさにそれに近いものが。

あと、ガーデニングをされる方も要注意です。「土」は建物の天敵です。建物を土に帰そう、帰そうとしてきますから~怖っ!

でも私はガーデニングが好き!どうにか上手く付き合っていくしかありません。

しかしこれは間違いなく「ヒビ割れ!」。釘を打ち付けて貼り付けていますので、そこから少しずつひび割れしていくのでしょうね・・・。

アイキューブを考えている方はオプションのようですが、「ハイドロテクトタイル」をお勧めしたいです。

ご近所のハイドロテクトタイルを採用されているお宅は、とてもきれいです(お手入れの違い?)。わが家のように10年も経っていないでしょうが、あの頃の君のまま・・・みたいな美しさ。

ウキウキ気分で始めた家づくり。人生で一番高いお買い物ですよ。

それが劣化してゆく姿を見るのは本当に辛いです。最初は間取りの後悔一つでも、口に出して言うのが辛かったかな~。

でもね、10年も経つと受け入れる姿勢と言うか「しょうがないか。」ってなるもんです。

建物は外壁工事をすれば、何とか美しさを取り戻せますが、私はどうやって若返れば!?

外壁の劣化の事を書いているのに、「ヒビ」とか「毛穴」とか、まるで私のお肌の劣化の説明をしているようで、ちょっと嫌な気分になってきました(/ω\)

これから家づくりをされる方や、お家を建てたばかりの方のお役に立てたら嬉しいです*^^*