間取り・設備

降雪地に家を建てる方必見!玄関ポーチの「玄関フード」が羨ましいと思うワケ【一条工務店10年目のブログ】

みなさんこんにちは!キタノです。

わたしは北海道在住です。今日も雪が降ってます。「最高気温マイナス1度って!!」

さて本日は、降雪地の方に向けた「玄関ポーチ」のお話です。

「あ、うちは雪降らないし」って、いち抜けしようと思ったそこのアナタ!

帰らないで参考までに、見守ってくださいね!

「10年前にこうすりゃよかった!」シリーズなので、これから家を建てる方にはぜひ一度、検討していただきたい内容でした。

玄関ポーチと言っても、今回お話したいのは、玄関タイルとかのお話ではなく、こう、なんていうんですか?

あの、玄関ドアの外柱に囲まれてる空間のお話なんです。

ようはですね。

玄関フードを簡単に、後付けできる造りになっているか?

というお話をしようと思います。

「うちは玄関フード付けてるしー」って方。

私に言わせれば

リスペクト対象!

玄関フードってなに?って方へ。

降雪地に住む、ひと世代前のお家には、よく付いるものなんですが、雪が室内に入り込まないように、玄関扉を囲い込むガラス戸のことなんです。

雪がすんごい地域のコンビニには、玄関フードが普通に付いてたりします。(玄関フードって言わないのかな?)

「え?玄関フード?ババ臭くない?」

と思ったたそこのアナタ。

10年前のわたしです笑

わたしの住んでいる地域でも、玄関フード付いている家、じっさい少なめです。

せっかく建てた家なのに、わざわざデザイン性を損ねたくないですよね?

みんな昔は若かった・・・。

「真冬でも生足で平気だし!」って言ってる女子高生と同じでした。

玄関フード、見た目にちょっと抵抗ありました。

いっきに昔風の雰囲気が出てしまいます。

お若いうちは素足でも良いんです。キラキラしていたいですから(笑)

わたしが家を建てた頃はまだ「若夫婦」の部類だったので、玄関フードは付けませんでした。

でもね、歳を重ねるごとに、玄関フードが欲しいという気持ちが増殖していきました。

玄関フードの魅力とは何か。

一番の魅力は「吹雪いた雪が、家の中に入り込まない事」ですが、あんまりにも雪が降った次の朝にゃ、ポーチに積もった雪を玄関ドアで押しのけて、扉を開けるはめになるのです・・・。

それにひきかえ、玄関フードのあるお宅は優雅なものですよ。

「ただいまー」って帰ってきたら、玄関フードの中でコートの雪や、ニット帽の雪を払って「寒かった~♪」って中に入って行かれます。

あれ、すんごい羨ましー!

じゃあ付ければいいじゃない?ってお話ですが、わが家は玄関フードの後付けが難しい構造にしてしまいました。

ほら見て。

玄関前の囲いが柱状になっているので、無駄な隙間があるんです。

真上はバルコニーがあるので、排水用の配管もあるし。

こういった複雑な形状の隙間があると、玄関フードを後付けするの、すんごく大変な作業になるみたいです。

お友達の家でも、玄関フードを付けようと業者さんに依頼したけれど、付けるのが難しすぎて、お断りされたという実話も。

なにが言いたいかと申しますと、お若いうちは玄関フード無しでOKなのですが、10年後以降のミドルな自分を想像して

せめて後付けを容易にできる構造

にしておくことを「おすすめ」させてほしいのです。

玄関フードにはですね、コープなどの宅配系のBOXを保管して置いておけたり、子供の外用の遊び道具はもちろん(ソリとか)、風でぶっとびそうな雪かきスコップを置けるなど、使い方が多彩です。

玄関フードがないと、玄関ポーチの階段に雪や氷がこびり付き、ツルツル滑って危険だったりすることも。

ほら、こんな風に。

「玄関フード」、降雪地で家を建てるなら、考えておくべき空間だったのでは?と、毎年、冬が来るたび思うんですよね。

これから家を建てる若夫婦の方に、あらかじめ知っておいていただけば、のちのち私のような後悔がなくなるのでは?と思っておせっかいながらご紹介しました。

せっかく大金はたいて買う新居です。

少しでも後悔の芽は、事前に摘んでおけたら良いですよね。

以上、雪が降らない地域の方には何のお役にも立てない「玄関フード」のお話でしたが、最後までお付き合いいただいた、そこのアナタ。

その我慢強さにカンパイです!(人”▽`)


あわせて読みたい