「有料ゴミ袋のまとめ買い」でストレスと買い物時間を削減する【面倒くさがりのための節約術】



主婦も15年くらいやっていますが、節約できません。苦手です。

これからも多分無理。節約は向いていないのだと、この歳になって頑張るのをキッパリあきらめました。

そんな「デキない主婦」がそれなりに主婦らしく活動するにあたり、今回は「ゴミ袋のまとめ買い」について、真剣に考えてみます。

年間のごみ袋代はいくらかるのか。

わが家では1回のゴミ捨てで10リットルのゴミ袋を使用しています。

皆さんも「燃えるゴミ」や「燃えないゴミ」を捨てる時、有料のゴミ袋を使っていますよね?

ゴミ袋を年間どのくらい消費しているのか、料金を真剣に算出してみました。

有料ゴミ袋(10リットル)1枚20円×年間110回=2200円

必要に応じて使う大き目の有料袋20リットル・40リットル=800円

透明ゴミ袋(容器包装プラスチック等用)はだいたい60枚使用=年間400円

だいたいですが、これらを合わせると3400円です。

こう考えると、「え?年間3400円?」

この驚きは有料のゴミ袋代が「高い」とか「安い」ではなく、たった3400円のためにこれまでに使っていた時間と労力について驚きました。

これまで無くなるたびに、1袋(10枚セット)ずつ、ゴミ袋を買いに行ってました。ということは軽く10回以上は「ああ、ゴミ袋が無くなる!」とか、「買いに行かなくちゃ」とか、「大きいのじゃなきゃ入らない!」とか、たかがゴミ袋の事をいちいち考えなくてはなりませんでした。

ゴミ袋のことなんて、ちょっと他に楽しい事があったらすぐ忘れてしまうので、買い忘れもしょっちゅうです。

でも無くてはならない物なので、わざわざゴミ袋1つを買うためにスーパーへ行き、ついでに余計な物を買ってしまうという悪循環。

時間もかかるしストレスも感じる。ならば1年分買ってしまおうじゃないか!というのが、これまで我が家にはなかった新発想です(笑)。有料ゴミ袋はいつ買っても、どこで買っても同じ値段ですしね。

じゅんかんコンビニ24に出会う

「節約」とか「きちんと」が苦手なわりに、資源回収はちゃんとできてるから不思議です。

最近知ったんですが、「じゅんかんコンビニ」というものが北海道にぞくぞくとできていて、資源物の重量でポイントがたまって「クオカード」や「イオンカード」がもらえるんですよ。

こういう「ゲーム的」なお得要素があるとなぜか頑張れるから不思議ですよね。

お近くにも、こんなシステムございませんか?

有料ゴミ袋は買いだめしても場所をとりません。

買いだめは場所を取るからNGだったりしますが、ゴミ袋はあまり場所を取りません。全部積み上げてもこのくらい。幅は10センチもありません。

「旦那にはただ要領が悪いだけ。」と吐き捨てられましたが、全くその通りだと思います(笑)。

節約できないのは「要領が悪く」て「だらしがない」からだと思うんです。ハイ!全て私の事です。

だからもう、頑張るのをやめて、どうにか上手く無駄な行動を回避する手段を考えた結果です。

きちんと主婦さんには笑われそうですが、節約できない面倒くさがり主婦にとって「大きな大きな節約の一歩」なのです。

簡単5分!ごみ箱の「困った」を解決して掃除もラクになるインナーボックスをDIY

2018.08.04

この記事、どうですかね?

「ま、オモロイじゃん」と思ったら

↓↓ポチってくれると↓↓

私はとても嬉しいのです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑ここからランキング順位がわかります。

今日は何位かな?

どうぞお気軽にフォローくださいね♪