間取り・設備

「標準だから付けとこう」は後悔につながる!?欲を出したら失敗だった一条工務店の標準装備

一条工務店の魅力のひとつでもある「標準仕様」。

生活に必要な住まいの装備が、一度に揃えられるのはとても便利なことですよね。

ですが「標準だから」とあれこれ詰め込みすぎると、あとで後悔することがあるんです。

 

どうもこんにちは!キタノです。

10年前に一条工務店で家を建てた我が家も、「標準仕様」に目を輝かせた人間の一人です。

欲を出して失敗だった、10年経っても活用できなかった標準装備を紹介します。

「大欲は無欲に似たり」欲をだした我が家の失敗例

一条工務店の標準装備は「大きなつづら」でも「小さなつづら」でも、お好きな方をお選びくださいという「したきりすずめ」なスタイルです。

「大欲は無欲に似たり」ということわざがありますが、 欲の深い者は、欲のために目がくらんで損を招きやすく、結局無欲と同じ結果になるそうです。

私は一条工務店の標準仕様を知ったころ「この大きなL型キッチンも、小さなI型キッチンも標準なんて、まるで夢のようだわ!」なんて、単純なとこしか見ていませんでした。

一条工務店の家は坪単価で計算されるので、大きな装備を取り入れると、そのぶん家の坪数が大きくなりますし、結果としては、お互い「得」も「損」もない形におさまります。

ですがこの「標準装備」の選択を誤ると、後に使いづらくて住みづらいものになる場合もあるのです。

10年間使ってみたけれど、やっぱり我が家には合わなかった、一条工務店の標準装備で「欲をだして失敗した!」と感じたものを、いくつか紹介したいと思います。

収納に奥行きが出てしまう「スライド棚」は使いづらい

一条工務店の収納には、手前にあるボックスを、左右にスライドできる収納ががいくつかあります。

我が家の場合「ブックシェルフ」「パントリー」「クローゼット」が該当します。

IHの後ろに設置した我が家の「パントリー」ですが、料理をしながら食材を出せるので、とても重宝しているお気に入り収納です。

ですがスライド棚があるがために、奥行きが出てしまい、背面にある食材が取り出しにくい!

片手でさっと取り出せるのが理想ですが、いちいち手前の棚を「ガラゴロ」とスライドさせなければなりません。

奥行きがあるため、庫内も暗くなりがちです。

ブックシェルフの場合は、子供が小さかった頃に、危険を感じるポイントでもありました。

そうです、手を挟めてしまう心配です。

棚の両端に、衝撃を防止するクッション材があるので安心ですが、レーンの上に手を置いてしまうと危険です。

何らかの対策を取って使用するとよさそうですね。

3尺のパントリーでも、容量が充分すぎると感じる我が家の場合は、スライド分の収納は必要なかったと感じています。

とか言いながら、収納アレンジを楽しんでいる記事はこちら↓↓

カインズのスキット&100均ダイソーのボトル容器で粉末調味料を収納!カインズのスキットを使った、調味料収納の記事です★ キッチン収納はこだわるほど使いやすく、こだわった分だけ美しくなるような気がする...

食洗機は我が家には必要なかったアイテム

これは「要る派」と「要らない派」に大きく分かれる標準装備。

わが家は完全に「要らない派」でした。

標準装備ならぜひ!と取り入れたい装備ですが、外せばその分のお金も浮くはずでした。

新居にワクワクしていた当時は、キッチン家電の3種の神器!?的な考えで、取り入れるべきだと思ったのです。

食器を洗う時間がないほど忙しくないわたし。手荒れが気になるどデリケートではない皮膚。

今では食器洗いは旦那の役目(笑)で、食器の片付けは子供たちの大切なお手伝いなので、ますます食洗機の活躍の場が失われています。

せっかくあるので何度か使おうと試みましたが、無理に使おうとしている自分がいまして・・・。

ズボラ感まる出しの食洗機にまつわる記事はこちら↓↓

ズボラ主婦ほど食洗機が向いてない!?10年間でたったの20回 どうもこんにちは、キタノです。 家を買う時「いるもの」「いらないもの」で迷うアイテムに、必ず食洗機が含まれます。 わが家は...

今ではどう活用していくべきか、模索中の標準装備です。

標準なんだから付けられる扉はつけちゃおう!の間違い

わが家のダイニング近くにある「4畳の部屋」ですが、こちらは使いやすくて今でも重宝しています。

ですが「標準だから」と付けたスライドドアが失敗でした。

結局とびらを外して使用、今後も扉は要らない方向です。

詳しくはこちらの記事で触れています↓↓

【間取り成功ポイント】ダイニング近くの4畳部屋が使いやすかった理由どうもこんにちは!キタノです。 10年前に一条工務店のi-cubeで家を建てました。 10年も経つと、次から次へと間取りの後...

ここの間仕切りには3枚の扉があるのですが、寝室のベッド裏にこっそりと隠していることは、誰にも知られたくない秘密です(言ってるやん)。

浴室は1坪がいいか?1.25坪が良いか?の選択

わが家は子供が小さかった頃に入居したこともあり、子供2人と一緒にお風呂に入るのが日常でしたので、1.25坪の浴室にすることに迷いはありませんでした。

これについては「後悔」ではないですが、「ぜんぜん1坪でよかったです~」というお話です。

こちらについてはこの記事で詳しく語っています↓↓

浴室は1坪と1.25坪どちらが正解?一条工務店10年目のブログ どうもこんにちは、キタノです。 一条工務店で家を建てる時、「標準」だからこそ悩む項目の一つ。 お風呂は「...

どうでもいい情報ですが、長男は小学生になったころから一緒に入ってくれなくなりました。

長女はギリ一緒に入ってくれています(高学年)。

できれば別々に入りたい空気を出していますが、気づかないふりをしているところです(笑)

子供が0歳から入居したとして10年間。

「洗い場が大きい方がいい理由」が子供だとしたら、一人ずつお風呂に入る、その後の40年間を優先させて、この時期をどうにかやり通すのも一つの手かと。

標準なんだから、大きほうがいいにきまっている「わけでもない」ことを、子供の成長で気づきました。

リッチ感に惹かれて採用した親子ドアの必要性

我が家は決して大きな家でもなければ、玄関が広いわけでもないのに「なんとなくのリッチ感」で採用を決めた「親子ドア」。

親子ドアのメリットは、その「リッチ感」と「大きな家具の出し入れに便利」。そのぐらいでしょうか?

大きな家具の出し入れは、そんなに頻繁にあるわけでもなし、実際に引っ越しの時はリビングの掃き出し窓から家具を入れました。

ドアには壁にあるような断熱材が入っていませんので、一番寒さを感じる玄関の暖かさを、奪う原因にもなりかねません。

親子ドアにしたぶん間口が広がるため、下にあるサッシの長さも、約1.5倍になるので掃除も大変に(ってほどでもない)。

玄関の広さとのバランスを、よく考えてから採用すべきだったと感じました。

 

これから一条工務店で家を建てると言う方は「標準だから付けた方が得!」「大は小を兼ねる!」という考え方を、一度冷静に判断してみると、後悔の少ない家になると思います。