10年後の一条工務店

一条工務店に興味のない妻を「その気」にさせる方法【一条工務店10年目のブログ】

どうもこんにちは!キタノです。

またふざけたタイトルから始まりました。

どんな話かというと、大真面目にこのタイトルの通り

「一条工務店に興味のない妻を、一条工務店に振り向かせる方法」

です。

一条工務店に、いちど難色を示した妻の立場から、一条工務店で家を建てたい旦那さまに「こうプッシュしてみたら?」という、余計なお世話なお話です。

※手ごわいお客様の奥様を振り向かせたい「営業さん」にもおすすめの記事ですよ(笑)

さて、いってみましょ。

一条工務店「入居宅訪問」受け入れ100件超の経験者が語る!絶対にやってはいけない事って? どうもこんにちは、キタノです。 入居宅訪問の受け入れ100件越えの経験者って誰?って話ですが、はい、わが家です(笑) 10...

前にも「入居宅訪問100件超の経験者」って話をしましたが、一条工務店に興味があるご夫婦に、100組以上お会いしました。

そこでいつも思うのは、「旦那さんの方が一条熱、高っ!」ということです。

もちろん全ての方がこれに当てはまりませんよ。今は私も一条さん好きですし。

男性からすると、ガジェットがたくさん詰まった「一条工務店」に、とても魅力を感じるんだろうな、と思います。

あれ?ガジェットの使い方違う??

「根拠に基づいた断熱性や、太陽光発電でエネルギーを作り出す、自給自足的な未来の家。」

いまにも宇宙に飛び出しそうな?「一条工務店の家を乗りこなす自分」を想像して、ワクワク、ドキドキしているのだな、と思います。

そのキラキラした少年のような眼差しは、見ていてとても可愛らしいです( *´艸`)

一方の奥様が一番興味がある内容は、やはり「見た目と使い勝手」。

中でも積極的にお話されるのは「収納」「掃除」「キッチン」など、家事まわりのワードが多いです。

わかります!!

わたしも一条工務店の展示場で2時間以上も拘束されて(※拘束されてない)、断熱・気密の話をされた時は、ちょっぴり引き気味だったのを覚えています。

「早くキッチンとか見たいなー」って(笑)

さらに理想の家が「シルバニアファミリー」の奥様だと、なかなか「ガジェット一条」に振り向かせるのは、ちょっと至難の業だと思うんです。

そこで私が考える「一条工務店に興味のない奥さんをその気にさせる方法」。

それは

「奥さんにデキる妻像」をいだかせる。

どうでしょう?

どういうことかと申しますと、赤い三角屋根に憧れる奥様を、四角い一条工務店に振り向かせるのはちょっと無理め。

だって、理想のタイプをいきなり変えろと言われても(旦那様、アナタのことですよ!笑)、なかなか難しいと思うんです。

だからそこはいったん置いといて、一条工務店を選んだ自分は「堅実的でデキた奥さんかもしれない!」そんなデキる妻像に思考をシフトさせる、という作戦です。

一条工務店にはこの辺りに使えるネタ、結構あると思うんです。

「太陽光発電」もそうですし、断熱性能が高いので「電気代が安く済む」、「ハイドロテクトタイル」はお手入れがラクなどのは、お財布を握る奥様の「賢い妻像」を刺激します。

あと、わたしの勝手な印象ですが、一条工務店を選ぶ方は、真面目そうなご夫婦が多いです(キタノ調べ、ちなみに私は除外)。

たとえるならば

子供には安定しない職業よりも、公務員のようなお堅い仕事に就いてもらいたい、みたいな。あれ?話それた?

「無難で確実」な感じは、一条工務店の魅力の一つ。

それでも赤い瓦屋根にこだわる奥様には、シンプルでステキな一条さんの家を建てた「女性ブログ」を見て刺激するのもいいですね。

※リンク張らせてもらいました。すみません(*’ω’*)

やっぱり「家づくり」は「結婚」とおんなじで、見た目(デザイン)よりも性格(性能)の良さが大事だよ!みたいな持っていき方で、徐々にそそのかしてみるのはいかがでしょう?(*`艸´)ウシシシ

わたしも最初はブリキポットのような雑貨が似合う、ナチュラルカントリーが好きでした。

それなのに今はシンプルに憧れて、まずはと、断捨離を始めたところなんです。

住んで10年も経つと、ライフスタイルも変わるので、趣味嗜好も変わります。

10年後に「あ、やっぱりこの人(家)を選んだ私は賢かった」と思えるような家づくりを、奥さんに薦めてみてはいかがでしょうか?(笑)

あ、前述に書きました

「理想のタイプをいきなり変えろと言われても・・・」と言うはなし。

「妻の気持ち、10年後はどうなるかわかりませんよ」

と付け加えておいて、今日は終わろうと思います((´∀`))ケラケラケラケラ

この記事、どうですかね?

「ま、オモロイじゃん」と思ったら

↓↓ポチってくれると↓↓

私はとても嬉しいのです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑ここからランキング順位がわかります。

今日は何位かな?