窓の付けすぎ要注意!あなたの家「シルエットクイズ」になってませんか!?



どうもこんにちは、キタノです。

理想の家に望むことの一つに、「明るいリビング」があげられます。

私も「明るいリビング」に憧れました。となれば窓を開放的にするのが有効な手段ではないでしょうか?

だから家を建てた当初は、窓は付けられるだけ付けて、部屋の中を明るくしたい!って考え方だったのです。

でもね、窓付けすぎて失敗したな~って思うことがあります。

「人の振り見て我が振り直せ」じゃないですが、わが家の失敗談を踏まえて、これから家を建てようって方の、お役にたてると嬉しいです♪

隣接する家の窓が重なり「こんにちは~♪」

一条工務店の場合ですが、なんでもかんでも「標準」ありきなので、このくらいのスペースに、○個窓を付けられますよ、ってな基準があったと思います(10年前は、今もかな?)。

欲張りな私はMAXで付けていたような気が・・・。

集合住宅に住んでいた時のような、日中でも暗い、あの暮らしから解放されたい一心だったのでしょうか。

あそこの部屋はこれでは暗いんじゃないだろうか、この部屋にも大きな窓を取り入れようなどと、窓をたくさん付けることに、特別な意味を持たせていたような気がします。

完成間もない新興住宅地に、先頭をきって家を建てましたので、最初のうちは気にならなかった窓事情。

辺りに少しずつ家が建ちだすと、だんだんと窓の重なりが気になりだしてきたのです。

このままでは「家の中が見えてしまうのではないだろうか?」。

どんぴしゃりで窓が重なってしまうと、開かずの窓になってしまうことも。

「レースのカーテンを厚めにしよう」とか、「ガラスフィルムを貼ろうか」など、希望して付けたはずのたくさんの窓ですが、今度は必死に見えないように隠すことに。

我が家の様子を見せられる方も迷惑ですよね・・・。同様にうちも見られているのかしら?なんて不安をもたせてしまうかもしれません。

まるでシルエットクイズ!?人影が見えちゃう窓の付け方してませんか?

ピンポ~ン!あれは奥さんの姿ね!正解!・・・なんて、ちょっと笑えないたとえ話ですみません。

でもね、シルエットが見えてしまう窓の配置ってありますよね。

上手く説明できないのですが、窓で挟まれた空間、ラインというのでしょうか?

自分の家の中にある「向かい合う窓」や、「部屋の角の両端」に窓がある場合は、そのライン上に人が立つと、外から見た時に人影が映ります。

うちにもあるんですよ・・・しかもリビングに。

ちょうど外から玄関の位置に立つと、家の中の人影が見えてしまうという「魔のスポット」。

家のチャイムが鳴り、明らかに営業さんだな!ってわかる時は、あえて出ない事があるんですが(営業さんも一生懸命なのにすみません・・・)、そんな時はあえて人影を見せないように息を殺してじっとしてます(笑)

留守ですよ~って。

家の様子を見せるのは、すっぴん見られるくらい恥ずかしいです(笑)。

後悔先に立たず。

これから家を建てる方は、いっぱい考えることがあって大変でしょうが、窓の配置をちょっとだけ気を付けてみると、住みやすい家になると思いますよ!

↓↓目隠しに必死な記事がいっぱいだー↓↓

4LDK+G「庭」でリビングを広く見せる方法!ぶどう棚のあるガーデン

2018.10.15

目隠しフェンスをDIY。ワイヤーメッシュでつる植物を這わせてみたい

2018.05.09

DIYでカーテン不要!お隣が気にならない窓の目隠し方法3つ

2018.04.23

この記事、どうですかね?

「ま、オモロイじゃん」と思ったら

↓↓ポチってくれると↓↓

私はとても嬉しいのです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑ここからランキング順位がわかります。

今日は何位かな?

どうぞお気軽にフォローくださいね♪