ココナラの間取り診断セカンドオピニオンを依頼!手順と口コミ・感想をレビュー

注文住宅のメーカーで間取りを組み始めたんだけど、納得いかないなーってことありますよね!

このまま妥協したくないし、誰か違う人のアドバイスが聞きたいな?って思ったりしませんか?

キタノ
私は完全に間取り迷子でした…。

そんな時におすすめなのが、一級建築士に気軽に相談できる

ココナラの間取り診断サービスです。

先日我が家の間取りを見てもらったら、出るわ出るわ!間取りのアウトポイントが…。

あわせて読みたい
間取り診断「セカンドオピニオン」をココナラ依頼!後悔ポイント発見 作成した間取りに問題がないかどうか? 診断してもらえるサービスがあるのをご存じですか? その界隈では「間取りのセカンドオピニオン」って呼ばれています。 「セカン...

ココナラって名前だけ聞いたことあるけどどうやって依頼するの?って方にも使い方を詳しく説明してますので、ぜひ参考にしてみてね。

\今なら新規登録で300円のクーポン付き!/
ココナラで間取り診断できるセカンドオピニオンを探す

 

目次

間取り診断セカンドオピニオンでココナラを選んだ理由

ココナラで間取り診断を依頼した時の結果がこちらです。

A4用紙にびっしりと我が家の問題点や改善案が書かれています。

\今なら新規登録で300円のクーポン付き!/
私が依頼したセカンドオピニオンはこちら

どうしてココナラで間取り診断を依頼したのか、大きな理由は以下の通り。

  • 価格が安い
  • 1週間くらいで診断してくれる
  • 評判が良かった
  • 間取りの問題点を指摘してほしかった
  • 改善策があるなら聞いてみたい

事務所単位で受け付ける会社に依頼するとなると、時間もかかるし費用も5万~だったりするので気軽に頼めませんでした。

ココナラなら普段は建築士として働いてる人が副業でやってる場合も多いので、数千円から診断してくれます。

ココナラではランク分けや口コミが確認できるので、安心して依頼することができますよ。

わたしが依頼したのはプラチナランクの一級建築士「MHsekkei」さん。

過去の実績数も多く、ブログも共感ができる内容で、その文章からきっと真剣に取り組んでくれる!と思ったからです。

キタノ
レギュラーランクの人でも始めたばかりだからと安く提供している人もいるよ!もしかしたら掘り出し物かも…。

ココナラの間取り診断セカンドオピニオン依頼の流れ

ココナラで間取り診断を依頼するときの、大まかな流れはこちらです。

[timeline title=”ココナラでセカンドオピニオンを依頼する方法”]
[ti label=”手順1” title=”ココナラに登録”]ココナラで間取り診断を依頼するには、まず会員登録が必要。(無料)[/ti]
[ti label=”手順2″ title=”サービスを探す”]ココナラのカテゴリから探すか、検索窓に「間取り セカンドオピニオン」「間取り診断」などのキーワードでサービスを検索。[/ti]
[ti label=”手順3″ title=”出品者に相談・依頼”]気になる出品者を見つけたら相談のコメント欄から問い合わせてみる。すぐに購入することもできる。[/ti]
[ti label=”手順4″ title=”出品者とやりとり”]図面や詳細を伝えて診断してもらう。[/ti]
[ti label=”手順5″ title=”出品者から正式な回答”]診断内容を受け取って問題なければ取引終了。[/ti]
[/timeline]

手順1.ココナラに無料で新規登録する

ココナラで間取りのセカンドオピニオンを依頼するためにまずは「会員登録」をします。

無料で簡単に登録できますよ。

①会員登録をタップ

ココナラのトップ画面から右上にある会員登録」をタップ

②登録方法を選ぶ

Googleなどすでに持ってるIDで登録するか、既存のメールアドレスで登録するかを選択

登録内容を入力

  • メールアドレス
  • ユーザー名(ココナラ内のニックネーム)
  • 生年月日
  • 都道府県
  • 性別

最後に利用規約に同意して「利用規約に同意して登録」をタップ。

これで会員登録は終了です。

手順2.サービスを探す

間取りのセカンドオピニオンを依頼する「出品者」を探します。

ホーム>ライフスタイル>住まい・賃貸・購入の相談
カテゴリーから探すか、検索欄で間取り セカンドオピニオン」「間取り セカンドオピニオンなどで検索します。

出品者を選ぶ時は次の点をチェックしてみましょう。

  1. 出品者ランク
  2. お届け日数
  3. 初回返答時間
  4. 評価
  5. 販売実績
  6. サービス内容

出品者ランク

販売実績、購入者の満足度をココナラ独自の基準で評価して、5つのランクを認定しています。

初出品者よりもプラチナランクの方が安心はできますが、価格に差がついてくるので見極めが必要です。

お届け日数

出品者ページに「お届け日数」という項目があります。

診断終了までの目安にできますので、建築会社の打ち合わせに間に合うか照らし合わせてみましょう。

初回返答時間

初回返答時間では、相談や購入からどのくらいの時間内に返答があったかの目安になります。

商品を購入したにも関わらず、2日経ってもなんの音沙汰もないとなると不安になりますからね。

ここでは出品者の受け入れ態勢が整っているかどうかの目安にできます。

評価

顧客の満足度が分かります。

フリマアプリのメルカリ等を使った方ならわかると思いますが、それに似ていて取引後にお互いを評価するシステムがあります。

利用者の感じ方にもばらつきがありますが、一つの目安にはなると思います。

販売実績

出品者がこれまでに販売してきた件数が表示されます。

やはり実績が多い人に依頼が集中する傾向にありそうです。

実績は少ない分価格を安くしていたり、アドバイスしてもらえる範囲が広かったりする出品者もいますよ。

サービス内容

一番注目すべきはここです。

出品者のサービス内容が詳しく書かれています。

間取り診断サービスの場合、ユーザーから診断してもらいたい図面を渡して診断結果を送り返してもらう流れが一般的です。

診断内容の画像ををサンプルとして掲載している出品者が多いです。

また依頼できる内容の詳細も書かれているので、ここは隅々まで読むようにしましょう。

出品者に相談・依頼する

気になる出品者を見つけたら、いよいよ取引の始まりです。

初めて利用するときは、ちょっとドキドキしちゃいますよね…。

ですが相手は手慣れたものなので、たとえこちらの手際が悪くとも出品者が上手にエスコートしてくれるので過剰に心配しなくても大丈夫ですよ!

キタノ
私も不安でいっぱいでしたが、やってみてよかった!こういうのって「やるかやらないか」の違いなんだなって気付かされた。

依頼したい出品者にコンタクトをとる

出品者ページには、出品者とコンタクトが取れる緑色のボタンが2つ用意されています。

  1. 購入画面に進む
  2. 見積もり・カスタマイズの相談をする

購入画面に進む

「君に決めた!」と思える出品者がいたなら、直接「購入画面に進む」から入って、クレジット等で決済を済ませて取引をスタートすることもできます。

まだ商品を受け取ってないのに決済するの?

と心配になっちゃいますが、そこはメルカリと同じで一度事務局で預かる仕組みになっているので安心ですね。

見積もり・カスタマイズの相談をする

相談したい内容が価格内で出来ることなのか不安だったり、カスタマイズを加えていろい診断内容を増やしたいとかありますよね。

とにかく一度出品者と相談したい場合は、見積もり・カスタマイズの相談をするボタンから入って相談できます。

相談後に購入手続きをして取引を開始することも可能ですし、やっぱりやめた…も可能です(笑)

手順4.出品者とやりとり

購入画面に進んで決済を済ませたら、出品者とのトークルームが開きます。

わたしが依頼したときのトークルームの一部がこちら。

購入後間もなくして出品者さんからご挨拶いただきました。

さらりと挨拶を交わして本題に入ります。

間取り診断の場合は、こちらから図面の画像を添付して依頼を開始する流れが多いです。

他にも間取り診断に必要な場合は、家族構成や立地などを伝えてより詳しい診断をしてくれる人もいます。

その後、出品者が掲示しているお届け日数を目安に、後日診断結果が送られてきます。

PDFなどの画像に診断内容が記載されていたり、トークルームで詳細な返答があるパターンが多いようです。

手順5・出品者から正式な回答

「正式な回答」とは、これで取引を終了しますよ~という印です。

取引が全て終了したとみなされたタイミングで、出品者が「正式な回答」を用意してきます。

「正式な回答」をもらうとこのような赤いシーリングスタンプの絵柄が付いたコメントが届きます。

その後は強制ではありませんが、こちらが相手を評価すればトークルームがクローズし、取引は全て終了となります。

ココナラの間取り診断のメリットとデメリット

実際にココナラの間取り診断を依頼してみて、感じたメリットとデメリットをまとめてみました。

キタノ
ココナラを使ったことがない人は不安な点も多いと思うので、実際に依頼してみてどうなのかをお伝えします
  • ネットで完結できる
  • 価格がリーズナブル
  • 評価を参考に出品者を選べる
  • 納期が早い
  • 事務局が間に入ってくれるから安心

まずはメリットから。

1番大きなメリットは、さくっとネットで依頼出来てネットで完結できるという点です。

リアルで設計事務所に依頼するとなると、何度も出向いたり打ち合わせの可能性が出てきますので、手間も日数もかかります。

それになんと言っても価格がリーズナブルな点が嬉しいです。

同じようにネットから依頼できる個人事務所のセカンドオピニオン等は、同じような内容だとしても1件当たり5万円~というのも見かけました。

ココナラでは副業で行ってる方も多いので内容にもよりますが、安くて2千円ぐらいから選べますよ。

ココナラの間取り診断のデメリット

  • 相手の顔が見えない
  • 要望を上手に伝わるか心配
  • 途中で投げ出されないか不安になる

では、続いてはデメリット。

ネットで完結されるという点がメリットな分、デメリットに転じる部分が多いかもしれません。

終始相手の顔や声が聞けない中で、ひたすら文字だけでのやりとりになります。

上手に思いを文章におこせないと、依頼内容もあいまいになってしまって満足できない回答になってしまうこともあり得ます。

事前の準備としては、アドバイスをもらいたいことをあらかじめpickupしておいてから依頼を開始するとスムーズにいくかもしれませんね。

例えばこんな感じです。

  • 家事動線はこれで問題ないか?
  • 収納は足りているのか?
  • 窓のとり方はどうか?

これでもまだざっくりとした内容なので、もっと細かく

「●●の収納はこの大きさで足りるか?」

「●●の廊下の幅は狭くないか?」

といった感じで、いくつか焦点を絞って質問したほうが、相手の設計士さんも答えやすいかもしれませんね。

ココナラのセカンドオピニオンがおすすめの人

実際に私がココナラでセカンドオピニオンを依頼してみて、おすすめできるのはこういった人だなと感じました。

  • 間取り迷子の人
  • 他者の意見を聞いてみたい人
  • あまりお金を掛けたくない人
  • 納期が迫っている人

他者の意見を聞いてみたい人には積極的にお勧めしたいです。

依頼者や実際に担当している設計士とは縁もゆかりもない人(セカンドオピニオン)ですから、忌憚のない意見をもらえるかもしれません。

逆に自分の間取りを認めてほしい…という人には向かないかもしれません。

ココナラのセカンドオピニオンは「サクッと良質な診断をもらえる」という点が嬉しいので、私が間取り作成真っ只中なら、一度に2・3人に頼んでみると思います。

だって数千円でこれから長く住む家の「後悔ポイント」確実に減らせるんですよ?

安すぎますよね?

\今なら新規登録で300円のクーポン付き!/
ココナラで間取り診断できるセカンドオピニオンを探す

 

まとめ:ココナラで間取り診断セカンドオピニオンを依頼して良かった!

まずはこんなに手軽に、しかもリーズナブルに一級建築士さんのアドバイスをもらえるシステムがあることに驚きでした。

わが家は10年前に建てた家に対しての間取り診断でした。

ですからこの診断を生かすことはできませんが、もしも10年前にあったなら絶対に家づくりに取り入れていたサービスです。

キタノ
たった数千円で確実に後悔ポイントが減っていたと確信!

実際に間取り診断を受けてみて、「あーここね」「そうそう、ここもね」と、今考えてみれば気づけそうなことも多かった…。

ですが、当時は考えることが色々とありすぎて全然まわりが見えてなかったなーと感じます。

間取りを決めるときってとっても楽しいんだけど、早く決めなければならないようなプレッシャーを感じませんでしたか?

もともと担当してくれる営業さんや設計士さんが、良い人であればあるほど手を煩わせたくないというか…。

セカンドオピニオンを依頼したと知ったら、今の設計士さんが傷つくかな?と引け目を感じてしまいます。

ですがその設計士さんが、今後のわたしたちの住みやすさを保証してくれるわけではありません!!

…とはいえ今後のこともありますからね。

あえてセカンドオピニオンを依頼したことを言う必要は無いと思うんです。

診断内容をもとに施主の思い付きとして、打ち合わせの時に提案してみてはいかがでしょうか?

キタノ
設計士さんビックリしちゃうかもね(笑)

最終的なチェックを兼ねた間取り診断はにはちょうどいいと思います。

これから長く住む家ですから一度間取り診断を依頼して、少しでも後悔ポイントを減らしておけると安心できますね!

これから家づくりを進める人の後悔ポイントが、セカンドオピニオンを依頼することで少しでも無くなることを祈ってます!

\今なら新規登録で300円のクーポン付き!/
ココナラで間取り診断できるセカンドオピニオンを探す

目次
閉じる