セカンドオピニオン

【コンセント・スイッチ位置の失敗】ココナラ間取りのセカンドオピニオン

間取りの後悔や失敗例として多いのが「コンセント」や「スイッチ」の場所(位置)です。

わが家も11年も住んでいると、ここにコンセントがあったらなーとか、スイッチの位置に失敗したなーってなことがたくさんあります。

この記事では先日行ったココナラの間取りのセカンドオピニオンに指摘された箇所を中心に、後悔ポイントをお伝えしたいと思います。

入居後にコンセントやスイッチの位置を変えるのは大変ですので、打ち合わせの段階で少しでも後悔をへらせるといいですね。

間取りのセカンドオピニオンを依頼した時の記事はこちらから

ココナラの間取り診断で指摘されたコンセント・スイッチ

わが家の間取り診断でコンセントとスイッチの位置で指摘されたのは次の2箇所です。

一つは玄関に隣接している階段下収納。

もう一つは主寝室にある電気スイッチの位置です。

どちらも実際に住んでみて気づいたことだったので、間取りのセカンドオピニオンをされる設計士さんのすごさを思い知りましたよね。

階段下収納のコンセント

セカンドオピニオンからのコメント①

掃除機を置くとすればこちらの収納でしょうか?近年、充電式の掃除機が主流になりそうです。収納内に充電用のコンセントを計画しておくことをおすすめします。

ここが指摘された階段下収納です。

玄関フロアから開閉できる階段下収納なんですが、ご指摘通りここにコンセントがあればよかったなーと思ってます。

そうです、掃除機を収納しておきたかったからです。

最近はコード式よりもコードレス式が主流になってきてますよね?

わが家でも最初はコード式でしたが、のちにコードレス式に変えました。

そこで困るのがコードレス掃除機の充電場所なんですよね。

わが家の場合、玄関付近にコンセントがないため、結局はリビングから丸見えの場所にコードレス掃除機のスタンドを置いて、充電するしかなくなりました。

玄関下収納内もそうですが、玄関にもコンセントがあったらよかったなぁと思ってます。

玄関にコンセントがあれば、靴乾燥機を使う時にも便利だと思いますし、ちょっとした電動工具を使う時にも便利そう。

玄関で電気製品を使う時は延長コードを使い、玄関の内扉を開けて使わなくてはなならないのは不便です。

主寝室のスイッチの位置

セカンドオピニオンからのコメント②

部屋のスイッチについて。扉を開けてすぐの位置は、収納建具ですのでスイッチの計画ができません。部屋の外にスイッチを計画するか、部屋の奥になってしまいます。そのためあえて部屋の外に開いてもよさそうです。

通常扉の近くに設置するスイッチですが、右側は建具があるため左側になってしまいました。

結果、離れた場所に設置するしかなくなってしまったんです。

一番困るのはドアを開けて暗い室内に入るとき、スイッチが手の届く場所にないので探さなければならない事です。

使いやすいか言われれば「使いにくい」。

間取りのセカンドオピニオンをしていただいた建築士さんの言う通り、外にスイッチを計画しておけば良かったと思っています。

当時はこの点について設計士さんに何も聞かれもしなかったので、住んで初めて「おや?」と思ったんですよね。

間取りにOKを出す前に、このようなセカンドオピニオンを依頼しておけば、防げた後悔だと感じています。

ココナラなら簡単に最短で間取りの後悔を減らせる

ココナラでは、一からの間取りづくりはもちろん、ある程度出来上がった間取りに対して診断チェックをしてくれます。

価格も数千円からなので、気軽に頼むことができますよ。

日数も5日ほどあれば返事がいただけるところが多いので、間取りの完成期限が迫っている方でも検討することができますね。

いくら完璧だと思った間取りであっても、第三者のプロの意見を取り入れると、より素晴らしい間取りが出来上がることはもちろん、気づかなかった後悔に気づけることもあるんです。

一生に一度になるかもしれない家作りですから、ぜひ積極的に間取りのセカンドオピニオンを依頼してみてはいかがでしょうか?

ココナラで間取り診断できるセカンドオピニオン一覧

ココナラで間取りの後悔を減らす

ココナラでは2,000円~、簡単に素早く一級建築士の「間取り診断」を依頼できます。

たったの数千円で、間取りの後悔を確実に減らせる方法です。