ガーデニング

境界を分ける民地石やフェンスはどこに設置するのがいい?の実際のところ

どうもこんにちは!キタノです。

やっとこ家が完成したら、次はエクステリア(外構工事)に取り掛かるお宅も多いと思います。

外構工事のひとつに、お隣との境界を仕切るフェンスや民地石の設置作業がありますよね。

「あれって境界ギリギリに、フェンスや民地石を設置して大丈夫なの?」という疑問に、実際に民地石を設置して、実際のところどうだったか?についてお話したいと思います。

迷った!民地石やフェンスの設置場所

フェンスはわかるけど、民地石って何?って方へ。

民地石とは、お隣の敷地の境界として、区画や境界に敷設されたり、敷地内で舗装と舗装の境界に敷設する、細い棒状のコンクリート製品のことです。

わが家は新興住宅街に家をたてたこともあり、引っ越してきた当初は、まるで「ポツンと一軒家」状態でした。

境界標(境界ポイント)を基準として、民地石はどこに設置するのが一般的なのか。

勝手に人様の敷地に設置してはいけないのは当然の事ですが、「境界ギリギリに設置して大丈夫なの?」という疑問が沸き起こりました。

一条工務店の営業さんに聞いてみたところ「お隣と相談して、境界線上に設置するのが一番いいのでは?お互いに土地を有効に使えるから。」という回答でした。

とはいえ、わが家は4軒の敷地に囲まれており、いつ越されてくるかわからないご近所さんと、そのたびに一軒ずつ交渉して、1辺ずつ民地石を敷いていくのは現実的じゃないと考えました。

独断で、境界線上に民地石を敷いておくという方法もあったかもしれませんが、共有したくない方もいるかもしれませんしね。

さらに、この民地石を修繕するとき、どうすればよいのか?など、なにかと考えなくてはならない問題がありそうです。

設置を見送り「そのまま放置」という選択肢もあったのですが、土をむき出しにしておくと歩道や道路が泥だらけになるので、早くカーポートを設置したかったわが家。

よく考えた結果、境界標の内側へ民地石を敷くことにしました。

お隣さんが外構工事をするときは、うちの民地石に平行して設置してもらっても良いですし、わが家の民地石をそのまま活用してもらっても構わないと思ったからです。

「マイ民地石」と「共有民地石」どっちがいい?

時が経ち、周囲の敷地には新しいご家族が引っ越してこられ、同時に外溝の工事も行われました。

結果、並行して民地石を設置されたお宅もありますし、わが家の民地石を境界して工事を進められたお宅もあります。

実際に長年住んでみて、それらの民地石がどんな影響を及ぼしたのか?

並行して2列で設置された民地石においては、一つの問題を抱えました。

間に雑草が生えやすいということです。

通常、民地石付近に砂利などを敷く場合、防草シートを張るのが一般的なのですが、境界に数センチの隙間ができてしまい、防草処置が行われていない箇所が生まれました。

ですから、どうしても雑草が生えやすくなってしまうのですね。

しかしメリットとしては、お互いに民地石を敷いておくことで、今後に修繕の必要が出た場合、どうすればよいかの判断が付きやすくなる点が挙げられます。

わが家の場合は、自分の敷地内に敷いた民地石なので、修繕の必要があれば、わが家が修理しようと考えています。

ほかに、お互いの合意のもと、共同で境界に民地石を設置されたケースの場合は、修繕する時に話し合い、2棟で修繕費用を折半をするのかもしれません。

引越のタイミングなどで、民地石の敷き方にも様々な選択肢が出て来ると思います。

どのような選択をしても重要なのは、なにか問題が起こった時に気軽に相談できる「円満なご近所づきあい」が必要だと感じました。

民地石の考え方は、フェンスにも共通すると思います。

「外構のときの境界線、どうするのが一番良い?」と思った時に、少しでもお役立ていただければと思います ^^