一条工務店

家は買ったほうが良い?借りたほうが良い?の10年後に思うこと

世間でよく話題に上る、家は「買う」ほうがいいか「借りる」ほうが良いかというやつ。

どちらにもメリットはありますが、どうやら「借りる派」が優勢のようですね。

 

それはたぶん「金銭面」のこととか「土地」に縛られることがないという面でしょうか?

確かに借りたほうが自由が利くとは私も思います。

20年もすれば建物の資産価値はゼロに近くなるといわれてますしね…。

 

我が家は家を建ててから10年を超えましたが、いまだにどっちが正解かはわかりません。

それは「一生賃貸で生きていく!」という選択をした経験が私にはないからです。

両方経験していれば、こっちのほうが良い!という判断ができるのかもしれませんね。

 

我が家が家を建てた理由は「子供がいたから」。

たぶん子供がいなかったら家は建ていなかったかな。

子供が小さいからこそ持ち家(一軒家)でよかった事、語りだせば山ほどあります。

 

下の子が1歳のときに住み始めてから、今ではその子も中学生になりました。

振り返ってみても子供のための家だったな~と思うんですが、当の本人はそのありがたみを微塵も感じていないようです…。

 

 

まぁ、結局は親の「自己満足」です。

 

 

でもその「自己満足」が幸せだったかな…。

あ…なんかもう子供とサヨナラするような言い方ですが、まだまだですよ笑

 

「家を買わなきゃよかった!!」

 

なんて思う時はどんなときかといえば、本気でそう思ったわけじゃないけど旦那とケンカしたときかな…(やばい、旦那もこのブログ見てんだよなw笑)

「子はかすがい」とはよく言いますが、「家もかすがい」かな?と思うんです。

 

でっかいお金を出して買った家。

そう簡単に出ていくわけにもいかないし、これまで積み重ねてきたものをすっぱり捨てるわけにはいきません。

そうこうしているうちに、いつのまにか仲直りしてたりするしね。

 

夫婦でも何でもそうですが、「かすがい」で繋ぎとめておかないとあっさり離れてしまうものってあると思うんです。

一時の感情で、勢いで行動しちゃったりね。

結局今でも「持ち家」の方がいいのか「賃貸」のほうが良いのかはわかりませんが、「持ち家」にあって「賃貸」にないものって、「愛着」なのかな?って想像してます。

※賃貸でも愛着あるわい!って怒らないでねw

 

愛着があればあるほど捨てられないし、悪いところより良いところが見えてくるし、探そうと努力することだってできました。

あー。家も自分もなんか年取ったなーと思う今日この頃。

子供が「子供部屋おじさん」とかにならない限り(笑)、我が家の子供ありきの一戸建て生活は折り返しに入ってきました。

今では「子供が帰ってこれる場所」としての「持ち家」の価値も少しずつ考えるようになってきています。

 

もし、家は買ったほうが良いのか、借りたほうがいいのかな?って考えている人がいたら、持ち家だとそんな考えも湧くんだな~って思ってもらえたら嬉しいです。

我が家で大活躍アイテム!

「暮らしのイライラ解消!」ズボラが選んだ暮らしのイテム7選

\楽天ROOMやってます!/