ニトリの耐熱計量カップは本当におすすめだった!100均と比べて違うのはココだよ!【口コミ】



ワンコインでおつりが来る、ニトリの計量カップのご紹介です。

え?計量カップは既にお持ちですか?それ、100均のですか?

わたしも100均の計量カップを長年使ってましたが、このたびニトリの耐熱計量カップに買い替えました。おすすめです。

ちょっと金額を足すだけで、100均とは違う使いやすさが簡単に手に入るんですよ!

耐熱計量カップ(見やすい軽量カップ)の仕様とサイズ

色: クリア
サイズ(約): 幅15×奥行8.9×高さ9cm
主な素材: スチロール樹脂重量: 約70g

【材質】
本体:スチロール樹脂(耐熱温度110℃)
グリップ:オレフィン系エラストマー(耐熱温度140℃)

ホームファッションニトリ

100均とは違って耐久性に優れています。カップに厚みがあるので安定感が違います。

ご紹介するのは300mlの計量カップですが、別に600mlもあります。ですが600mlの計量カップは、ワンコインでは買えません…。

これは良い!上から覗ける目盛りが見やすい!

今、水が100ml入っています。

普通の計量カップだと、水を注いでから水平な場所に置いて、横から目盛りを見て計るか、うっすら内側から見える外の目盛りをたよりに計ったり、そんな使い方が一般的ではないでしょうか?

おすすめしたい、ニトリの耐熱計量カップ(見やすい軽量カップ)なら、注いですぐに上から覗くだけで計る事が出来るのです。

目盛りの帯も白ベースに赤と青の文字で見やすいです。

裏側を見てみるとわかりやすいですね。目盛りが内側入り込み、本体を斜めのラインで2つにわけるように隆起しているのです。

注ぎ口もとんがりが鋭く、、細いラインで水分が捨てられるので、内容量の微調整がしやすいのも特徴のひとつです。

100均とはグリップが違う!持ちやすいオレフィン系エラストマー素材

このグリップがおそろしく握りやすいのがおすすめポイント。

計量カップはグリップを持ったまま水を注いで、鍋に投入する作業が繰り返されますが、100均のグリップは薄い持ち手が薄いものが多く、手のひらに食い込んで痛みを感じたり、跡が付いてしまうようなものを使っていました。

でもニトリの耐熱計量カップなら、持ち手がある程度の太さがあって、手にやさしい!とても握りやすいとかんじました。

電子レンジに対応しているのが嬉しい!

本体は110℃まで耐えられます。グリップも140℃までOKです。

あたためた牛乳を・・・なんて使い方をしたいとき、これまでは一度計量カップで計ってから、耐熱容器に入れて電子レンジに入れなくてはなりませんでした。

ニトリの耐熱計量カップならそのまま電子レンジで温められるので、作業がひと手間省けますよね。

計量カップってそんな簡単に壊れるものではないので、長年100均の計量カップを使っていましたが、今回、勇気?を持って買い替えて本当によかったです。

料理のちょっとしたストレスが解消されて負担が軽減!こんなことならもっと早くに買い替えておけばよかったと思います。

今回の300mlが使い易かったので、600mlも欲しくなってしまいました。

 

こちらのブログでは、ワンコインでおつりがくる、おすすめのプチプラキッチンアイテムをいくつかご紹介しています。

ご興味がありましたら、ぜひ他のページも覗いてみてくださいね!

ホームファッションニトリ

この記事、どうですかね?

「ま、オモロイじゃん」と思ったら

↓↓ポチってくれると↓↓

私はとても嬉しいのです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑ここからランキング順位がわかります。

今日は何位かな?

どうぞお気軽にフォローくださいね♪