10年後の一条工務店

コンセントの配置ミスは致命的!特に最悪なのは・・・

どうもこんにちは、キタノです。

ここで10年後の「後悔自虐ネタ」をひとつ。

家を建てる時の重要課題の一つに、コンセントの配置決めがあります。

我が家では、一番やっちゃいけない「痛恨のミス」を犯してしまいました。

その経緯と対策についてお話します。

一番やっちゃいけない「テレビコンセント」の配置ミス!

「あ~あ。やっちまったのね?」

そんな声が聞こえてきそうですが、はい、やっちまいました。

当初はリビングの北側にテレビを置く予定で、アンテナソケットとコンセントを設置しました。

その半年後、我慢できずにテレビを南側に移動したのです。

窓からの光りがテレビに映り込んで見えづらかったのと、人の通る場所にテレビを置いてしまったことが原因です。

ちょっと考えればわかるのでは?って話ですが・・・、住んでみないと気づかないことって、意外にけっこうあるんですよ。

北側にテレビを置くと、光りがテレビに映り込む可能性くらい、誰かに指摘してほしかったのですが・・・口出しするのが億劫だったんでしょうね(笑)

打ち合わせは、終始わたしのワンマンショーでしたから。

好きにやらせとくのが一番早く、打ち合わせを終えれる方法だと、その場の男性陣は気づいていたのだと思います(/ω\)

痛恨のコンセント配置ミスの対処法とは!?

完成後に気づいたテレビコンセント(アンテナ)の配置ミス。

位置を変えるには、けっこうなお金がかかります。

当時、住宅ローンにビビっていた我が家は、大きなお金を支払うという選択肢はありませんでした。

そうなると頼ってしまう「延長ケーブル」。

コンセントは近くにあったものの、テレビボードで隠れない場所。

ご覧ください。イタいですよね・・・。

コンセントから出ているのがテレビにつながるプラグ。

下段に流れる、黄ばんだラインが、南側へ伸びるテレビのアンテナです。

新築だったはずなのに・・・イタい、イタすぎます・・。

どうぞみなさん。

テレビコンセントの配置には、くれぐれもご注意ください。

迷うなら、思い切って2つ付け!ってのもアリだと思います。

あとは、ちゃんと人様からアドバイスがもらえるように「面倒くさい奥さん(旦那さん)」にならないよう、気を付けましょう(笑)

我が家もいろいろ失敗したのよね!って方も、10年も経てば笑い話にできるので大丈夫です。きっと時が解決してくれます(笑)

この記事、どうですかね?

「ま、オモロイじゃん」と思ったら

↓↓ポチってくれると↓↓

私はとても嬉しいのです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑ここからランキング順位がわかります。

今日は何位かな?