不安・悩み

新築ブルーをどう乗り切る!?「間取りの失敗」でありがちなこの気持ち、どうすればいい?

どうもこんにちは!キタノです。

新築時に間取りを失敗してしまったり、新しい土地での生活になじめなかったり、家を新築して環境が変わったことで「気持ちが落ち込む」ことを「新築ブルー」っていうみたいですね。

そういうわたしも10年前は「新築ブルー」だったのかな?と思ったんです。

そこで今、当時のことをいろいろ思い出してみました。

隣の芝生は青く見えるもの

特に間取りに関しては、「こうすればよかった」「ああすればよかった」が出てきます。

かく言う私も、家を建てたばかりのころは、それはもう「たーっくさん」ありましたよ。

これからも愚痴は趣味なので、言い続けると思いますが(笑)、今では言うほど大したことだとは思っていません。

こんなこと言うと、旦那に「そんなに後悔してるの?」って、悲しげな眼で見られますので、あんまり大きな声では言えませんが、建てた当時は間取りの後悔が多すぎて、建てた家全てが間違いだったのかも?と思えるほどでした。

これが本当の「新築ブルー」ってやつですよね。

家を建てた頃は、下の子がまだ1歳、専業主婦をしてました。

私のコミュニティと言えば、子供とそのお友達親子だけ。

つまりママ友どうしの交流しかありませんでした。

もっぱらお互いの家を行き来するだけの、子供中心の日常です。

いろんなお友達の家に行くと、目に付くのは素敵な間取りや造作家具など、うちに無いもの全てが羨ましく思えました。

「隣の芝生は青く見える」

じゃあ「どんな家を建てれば満足できるのか?」ってお話ですが、わたしに欲がある限り、後悔は永遠に続いたでしょうね・・・。

建てた当時は「家がすべて」、「家のことで頭がいっぱい」になっていましたから。

「家を建てたわけ」を考えると、焦点がズレていたことに気づく

家を建てようと思ったのは何故ですか?

わたしは「子供と安全に過ごせる、丈夫で温かい家」に住みたかったから。

ほら、もうここで、家に求める願いが叶っていたはずなんです。

「丈夫な家」と「暖かい家」。

家を建てた時点で、この2つはクリアされたはずなのに(そう願ってる)、オープンテラスがどうのとか、天窓がどうのとか、言い出すときりがないことばかり。

見ている世界が狭すぎて、その狭い世界で評価してもらおうと必死だったから、こんな「新築ブルー」になっちゃったんですよね。

「素敵な家だね」って言われるのが、わたしのモチベーションになっていた。

どこまでも理想に近づこうとするわたしが「新築ブル―」から解放されたのは、時間の経過と子供の成長でした。

「家・家」言ってるのは最初だけ、「こうあるべき」の考え方を捨てる

子供が大きくなるにつれて、わたしの行動の範囲が広がっていき、少しずつ自分のペースを取り戻せるようになってきました。

子供がいなかったらきっと、一戸建てには住んでいなかったのかもしれませんが、今では夫婦だけになった時のことを、リアルに想像できるようになりました。

35坪の家ですが、すごい広いだろうなーって。

子供があと10年くらいで家を出たとしたら、80歳まで生きるとして、残りは30年くらいかしら?

子供と一緒の時間よりも、大人だけの生活のほうが長いです。

家を建てた時は「今この瞬間がすべて」で、「家はこうあるべきだ」ってガチガチになっちゃうんですよね。

今では間取りがどうこうよりも、「あたたかさ」「丈夫さ」が一番大事だってところに着地しました。

それでも2番目の欲も、3番目の欲も取りに行こうとするから、後悔や不満が出てしまうのです。

今では工夫して住みやすくする「面白さ」にハマってます(笑)

歳を重ねて少しづつ、家への考え方が「本質」に近づいている気がしているんですよ。

一条工務店の家は―って話になりますが、床暖房はほんと温かい。

今朝も猛吹雪でしたが、外気温がマイナス10度になったってへっちゃらです。

家を建ててから10年経ちますが、私が思い描いていた「理想の家」を、今も変わらず守り続けてくれています。

いま、「間取りの後悔」や「土地の後悔」で、あなたの大事な家のことが嫌いになってしまいそうでも、あと10年も経てば、今の「家の価値観」に変化が表れだしますから、もう少しだけ待ってみてください。

インテリアにこだわってみても良いし、お気に入りのグッズを集めたりしているうちに、あっという間に時が経ってしまいます。

10年も経てば、後悔話を笑って話せる日が来ます。(当時は人に言えなかったし、言ったら失敗を認めたことになると思ってたw)

そしてこれから家づくりをしようという方は、情報収集が一番大事です。

中でも家を建てた人の、リアルな意見が一番参考になると思います。

いろんな人の考え方や実現したことを参考に、自分の理想に近いものを拾い集める。

いろんな人の家ブログを見たり、身近な人に体験談を聞く方が「営業さんの話を聞くより、100倍参考になるんだよーっ」て、10年前の私に教えてあげたいですぅー。

あと、急かす営業さんに要注意!とか、いろんな家を見た方がいいよ!とか、あと・・・あとね・・・言い出すときりがないですけどー(笑)