庭木・花

北海道で育つ宿根草「10年消えなかった植物はこれ!」【北海道ガーデニングブログ】

北海道札幌市在住です。10年たってもまだ消えずに育っている宿根草を紹介します

北海道の庭は本州とは違って雪が降りますし、土壌も凍結しますから、育てられる植物が変わってくるんですよね。

宿根草は1年草とは違って、一度植えれば毎年春になると芽をだして、花を咲かせてくれるのが魅力です。

わが家で実際に10年にわたって咲き続けてくれる「宿根草」を、2019年に「北海道ガーデニングマイスター」の資格を取得した私がご紹介します。

【アルケミラモリス】葉っぱが水をはじく姿がかわいい

中央の濃い緑色をしたのがアルケミラモリスです。

最初は小さなポット苗だったのですが、年々株が大きくなりました。

咲いた花を枯れるまで放置しておくと、種が風で飛んで庭中あちこちから生えてきて、とても生命力が強い宿根草です。

こっちは裏の庭です。

手前に咲いているのがアルミケラモリスです。

夏にはライトグリーンの小花を沢山咲かせます。

ナチュラルガーデンにぴったりの色合いで、可愛らしいお花なのですが、繁殖力が凄すぎます。

札幌の気候にぴったりなのだと思います。

【ワレモコウ】ドライフラワーにもできる

草丈が20㎝から30cmくらいの宿根草です。

花は枝分かれした茎の先端に密集し手前につきます。

2㎝くらいの短い穂になって、ワインレッドの花を咲かせます。

これまた種を飛ばしては、あちこちかワレモコウの芽が出てきます。

でも種を元気に飛ばす力は、株が大きくなってきてからのような気がします。

春一番に庭で開花する!クリスマスローズ

雪が解けたら一番に芽を出して、毎年春の訪れを感じさせてくれるのがこの「クリスマスローズ」です。

名前も可愛らしくて好きなのですが、存在感があってベスト3に入るほど大好きな花です。

種類によっては高値で取引されている物も多いみたいですが、うちのクリスマスローズは普通にホームセンターで売られているものです。

一株500円くらいのものを3株植えましたが、年々大きく育ち、株分けしないと!と思いながらも放っておいたら、株が小さくなってしまいました。

まずいです。このままじゃ消えてしまいそうです・・・。

他にもたくさん10年選手の宿根草があるのですが、代表して紹介したい3つの宿根草の紹介でした。

↓ランキングに参加してます↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
クリックすると「にほんブログ村の一条工務店ブログ」ランキングに移動します。