おすすめアイテム

新築に時計を取り付ける「穴を最小限にとどめる」強度あるフックを紹介

新築の家に時計を取り付ける時、気になることがありますよね?

「新築に穴をあけるなんて考えられない!」

そんな思いが頭をよぎると思います。

でも一番大事なことは地震が来ても落ちないこと!

わかっちゃいるけどなるべく穴は最小限にしたい!が新築あるあるなんです。

この記事では、新築時の「時計取り付け」に必要な、強度あるフックを中心に、わが家でも活躍中のフックをご紹介しています。

時計が落ちるのも怖いけど、穴が空くのも怖い!

新築と言えば「穴をあけたくない!」

そんな思いがよぎりますが、まず第一に考えたいことは「地震にも絶える強度」だと思います。

私は北海道に住んでいるので、2018年に起きた「胆振東部地震」を経験しました。

我が家の掛け時計は、震度7の自信の時にも時計が落ちずに済みました。

「鳩時計」を付けていることもあり、一般的な時計よりも重量があると思います。

鳩時計がおすすめ!時間管理や子育てにも「10年間のメリット」を公開新しい暮らしを始める時や、部屋の模様替えをするときに「壁掛け時計」の購入を考えますよね? わが家では10年前に家を建てた時に「鳩時...

なるべく壁に開ける穴を小さく、しかも強度が高いフックはないの?って方のために、我が家が愛用してるフックのほかにも、いくつかの商品を紹介します

強度最高!おすすめ壁掛け時計のフックまとめ


柱のある壁に時計を取り付けられれば一番安心なのですが、必ずしもそうは行きませんよね。

壁掛けフックは手軽に100均で買ってしまいがちですが、長期にわたって使うものなので、しっかりとしたメーカーの物を使うと安心できそうです。

掛け時計用フック 壁美人 5kg以内

まずはわが家でも愛用している一押しのフックから紹介!!

釘は使わずに、ホッチキスで取り付けできるので取り付けが簡単です。

フックと一緒に、ホッチキス用のステンレスの針が付いています。

ホッチキス止めにも関わらず、耐荷重が5㎏!なのが驚き。

ホッチキスなので、穴が最小限にできる優れものです。

画鋲の穴と比べても、穴がとても小さいので目立たないのがよくわかります。

これは石膏ボードはもちろんベニアの壁にも簡単に取り付けられる、掛け時計用のフックです。

耐荷重は約3㎏。重い掛け時計じゃない限り大丈夫そうです。

細いピン2本で取り付けるので、釘に比べれば穴が目立ちにくく、穴数が少なく済むのが特徴です。

石膏ボード、板壁などの釘が刺さる壁に取り付け可能です。

フックの土台面積が広く、安定しそうですね。

釘3本で固定、耐荷重は2㎏です。

時計用フックを選ぶときの注意点

時計用フックを選ぶときの注意点として、「穴があまり目立たない」「耐荷重」もそうですが、「フックの形」がとても重要です。

時計を壁に掛ける時、時計と壁との間に隙を作りたくないですよね?

時計裏の穴に通す突起以外に出っ張りがあると、壁と時計との間に隙間が出来てしまいます。

ですので耐荷重のあるフックであれば「なんでもOK」というわけにはいかないのです。

なるべく「時計用」と書かれたフックを選ぶことをおすすめします。

白いタイプもあったんですね。どうせ時計に隠れて見えないですが、白にこだわりたい方にはこちらもおすすめです。

穴あけに関してはこんなトラブルもありました。

新築で穴あけを免れないときは、この記事も参考になると思います。

トリプルグリップアンカーで石膏ボードにネジ打ち!取り付け説明ありどうですか?この壁紙のありさま。 新しいお家に住んでる方にとっては「ホラー画像」にしか見えませんよね?(笑) しかも一回、穴...
あわせて読みたい