浴室は1坪と1.25坪どちらが正解?一条工務店10年目のブログ



どうもこんにちは、キタノです。

一条工務店で家を建てる時、「標準」だからこそ悩む項目の一つ。

お風呂は「1坪タイプ」にするべきか、「1.25坪タイプ」にするべきか?。

このあたりみんな悩むと思います。

1.25坪タイプを選んだ我が家。10年間使った感想を、リアルに述べたいと思います。

カインズ「シャワー穴ブラシ」で平成最後の大掃除!【一条工務店10年目のブログ】

2018.12.09

浴室が1.25坪であるメリット・デメリット

1坪でも1.25坪でも標準仕様である。

この「標準」と言うワード。一条工務店で家を建てる方の、お悩みポイントだと思います。

大きさによって価格が変わるなら、もっと違う視点で考えられるのに。

「大きなつづら」と「小さなつづら」があります。

「好きな方を選びなさい」と言われたら?

舌切り雀じゃないですが、大きなつづらを選びがち(笑)

わが家はそんな感じで「1.25坪の浴室」を選びました。

さて、浴室が1.25坪のメリットとは?

バスタブの大きさは変わりませんので、洗い場の広さが最大のメリット。

上の子が3歳、下の子が1歳の時に住み始めました。私が一人で子供をお風呂に入れる時、広々と洗い場を使えたのが、一番のメリットでした。

狭い空間とは言えども、1歳の娘は目が離せません。バスチェアに座らせておきたかった。

3歳の息子もじっとしていられません。おもちゃで遊ばせて、その隙に自分の頭を洗いました。

「遊び場を確保」できた事。それが一番のメリットでした。

洗い場が広いと「洗い場が洗いやすい」。これはありますね。

えっ?広くなったので逆では?と思いがちですが、ある程度広さがある方が掃除が便利。

かがみこんだ時に体がぶつからず、掃除がスムーズに進みます。

1.25坪にすると、おのずとカウンターも広くなるのですが、ここにあまりメリットは感じませんでした。

一方のデメリットですが、実のところありません。

では、1.25坪にするのがオススメなのか?となりますが、絶対にそうだとは言えせん。

浴室を1.25坪に決めるポイント

「浴室を1.25坪の家を建てたい!」から始まる家づくりは、ほとんど例がないのでは?

リビングやキッチンは、一番長く過ごす場所。そこを優先して考えると思います。

隣接させる洋室や、階段の配置。ほかに優先すべきところがあると思うんです。

ポイントは「そのうえで浴室をどうするか」。

実のところ我が家は、たまたま1.25坪の方がおさまりが良かっただけ(笑)

浴室の広さ優先させて、他の間取りに影響を与えてしまっては、本末転倒だと思うのです。

確かに子供が小さいときは「1.25坪にしてよかった♪」ってなりました。

でもそんな時期は「ほんの一時」ですから。

子供たちが大きくなると、一緒に入ってくれることはまずありません(基本)。

そうなると1坪だろうが、1.25坪だろうが、正直どちらでも使い勝手に大きな影響は及ぼさない。

1.25坪にすることで、理想の間取りが崩れてしまう。余計にお金を支払わなければならない。

そうなるならば1.25坪にこだわる必要は、全くないと思うんです。

子供が大きくなった今だから考える事。それは、0.25坪分、床面積を広げた方が得だったかな?とか、収納増やした方がよかったかな?とか。

今だから言える事なんですけどね。

結論。

頑張って「大きなつづら」を選ぶメリットは「実際のところあまりない」。

「大きいつづらでもいいよ」と言う一条さん。

一瞬「太っ腹!」って思えます。

でも実際のところは坪単価なので、私たちは損も得もしていません。

むしろ「大きいつづら」を優先して「坪数がおっきくなっちゃった!」「リビングが狭くなっちゃった」とれば、これは「損した」とも言えますし。

これから介護問題が出て来ると、「浴室の広さ問題」はまた、話が変わるかもしれません。

その頃このブログが続いていたら、「やっぱり1.25坪にして正解だった!」って話をしたいと思います(笑)

こちらの記事もおすすめです↓↓

パーキングブロックは絶対必要!マイカーでマイホームに激突した実話【一条工務店10年目のブログ】

2018.12.08

この記事、どうですかね?

「ま、オモロイじゃん」と思ったら

↓↓ポチってくれると↓↓

私はとても嬉しいのです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑ここからランキング順位がわかります。

今日は何位かな?

どうぞお気軽にフォローくださいね♪