一条工務店

床暖房はいつまで?北海道の外気温7度でOFF「家族の反応はいかに?」

4月中旬の北海道。桜はまだだけど、最高気温が10度を超える日もちらほら出てきたこの季節。

わが家で床暖房を切りました。

今の外気温は7度です。

約半年間もの間、床暖房にお世話になるわけですから、床暖房を切るということはかなりの決心が必要になるわけです。

昨晩に床暖房を切ってから8時間は経ちますので、床の熱はすっかり冷めたはず。

朝起きた時の家族の反応を伺ってみました。

なんと

「無反応」

床暖房を切った事を伝えると、「言われてみれば」という感じです。

床暖房の温かさって、いつもさりげないんですよね。

熱源がはっきりと分かる暖房器具と違って、ここに来ると暖かいって場所がないから、切ったとしても気づきにくい。

床暖房はどんな暖房?って言われたら、押しつけがましくないやつ(暖房器具)って感じかな?


春真っ先に咲くわが家のクリスマスローズ

自然に冬が来て、自然に春が来る。

そんなシーズンの移り変わりを、心構えなく受け入れることができる生活を、かれこれ10年送っています。

うちの小学生の娘は先日、「うちって暖房あるの?」って言いましたからね。

笑っちゃったけど、「寒い、寒い」言わせずに、ここまで成長させられたんだなって思いました。

しかーし。

私は寒さに敏感です。

床暖房を切った日の朝、床の冷たさにすぐ気づきましたよ。

起きた時の寒さは感じませんでしたが、床の冷たさははっきりわかる。

「あ、冷たい!」って、すぐに靴下を履きましたね。

床暖房を付けていないフローリングって、こんなに冷たいものなんだなって毎年思います。

床暖房に甘やかされた私の足。

靴下を履かないで大丈夫になるには、もう少しかかりそうだけど、寒くはないので、「まあいっか。」って感じかな。

床暖房を切ったとしても、外の気温は安定しません。

0度に近づく日も何度もあります。

床暖房は「ちょい付け」「ちょい切り」はできませんから(できなくはないけど、温まるのに時間がかかるので無意味)そんな日はエアコンに助けてもらいながら、春本番を待つのです。

こうして毎年、床暖房を「OFF」にすることで、季節の移り変わりを感じる、床暖房の生活で11回目の春を迎えた我が家のお話でした。

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

ボタンをクリックすると、一条工務店ランキングにジャンプします。