南側2m3m4m5m6m戸建て日当たり調べ!隣家や道路ベスト距離

南側の隣家との距離が2m/3m/4m/5m/6メートルごとの日当たりシミュレーションを実施しました。

新築戸建てを建設するときや、建売住宅の購入を考えるときは日当たりが気になりますよね。

今回既存宅でココナラの日当たりシミュレーションを行い、視覚的に確認できるよう動画を作成してもらいました。

日当たりが悪すぎてマイホームうつになる前に!

ぜひ参考にしてください。

今回の比較条件と見どころポイント!

  • 南側の建物から近い洋室の日当たりに注目
  • 季節ごとに日の入り方が異なる
  • 外観と内観の両方の日当たりをチェック!
  • 気になる1階の日当たりを調査

既存宅の我が家を基準にシミュレーションしてみました。

一番南側に出っ張っている洋室の日の入り方を基準に調査を進めます。

わが家の1階のこの赤丸で囲った部分の日の入り方にご注目ください。

目次

南側の隣家との距離「2m」と「6m」を比較

まずは隣家との距離が「2m」と「6m」だった場合を、それぞれ「夏至」と「冬至」に分けて比べてみます。

引用元:アストロアーツ

まず初めに、「夏至」の頃は太陽が高い位置にあるため、隣家の影の影響が最小限で済む時期でもあります。

いっぽう冬至は日の入りも早く、1日のうちの日の当たる時間が短くなりますよね。

それらを踏まえて、まずは夏至の日当たりシミュレーション2mと6mの比較動画をご覧ください。

【夏至を比較】南側の隣家の距離「2m」と「6m」

まずは外観から確認できる「南側2m」と「南側6m」の日の当たり方を見てみましょう。

わが家の出っ張った洋室に重なる隣家の陰にご注目ください。

【2m】外観夏至
【6m】外観夏至

2mの場合は午前中はほぼ隣家の陰になっていますが、6mの距離が開いた場合は隣家の影の影響を受ていません

次は内観で見た時の日当たりの違いを比べて見てみましょう。

【2m】内観夏至
【6m】内観夏至

隣家との距離が「2m」の場合と「6m」の場合の内観。

「6m」距離がある場合は8時~13時まで直接太陽光が入り込みますが、「2m」の場合は8時~9時の間は日が入るものの、9時~11時までの2時間隣家の影になってしまう事がわかりました。

隣家から2m隣家から6m
8時~9時/11時~13時【全3時間】8時~13時【全5時間】
【夏至】太陽光が入る時間

このシミュレーションは、標準的な2階建てが南側に建っていることを想定しています。

そうした場合、たとえ夏至であっても2mほどの距離では、1階の部屋に差し込む太陽光が遮られてしまう時間帯があるということが分かります。

とはいえ夏場は太陽のが高い位置にあるため日当たりの悪さがそこまで気になりませんが、問題は太陽が低くなる冬至のころです。

次は冬至の日当たりを比較してみます。

【冬至を比較】南側の隣家の距離「2m」と「6m」

【2m】外観冬至
【6m】外観冬至

動画からもわかるように、冬になると日の入りも早いため、2m幅の洋室の窓には全く太陽光が当たりませんでした。

6m幅の場合は14時~日が落ちる16時ぐらいの間に、少しだけ太陽光が窓に当たる様子が分かります。

その様子を内観の動画でご覧ください。

【2m】内観冬至
【6m】内観冬至
隣家から2m隣家から6m
太陽光入らず14時30分~16時【全1時間30分】
【冬至】太陽光が入る時間

一方隣家との距離を6m保った場合14時から少しの間だけ太陽光が入る様子が分かります。

冬場は太陽が低い位置にあるため、隣家がある場合は相当な距離を離さないと直接の日当たりを期待するのは難しそうです。

実際にシミュレーションしてみなければわからない事が多すぎました。

今回は、ココナラでスキル出品されている建築士の

日当たり診断士さん

に依頼させていただきました。

スキル出品される方によってサービスの幅に違いがあるのですが、今回依頼した「日当たり診断士さん」は3カ月間何度も検証いただける出品者さん。

間取りって一度に「バシッ」っと決まることはほぼ無いので、こうして期間を持たせてくれると安心して依頼できますよね。

南側の隣家との距離「3m」の場合

3カ月間診断し放題の特権を活用させていただくべく、3m~5mの診断もしていただきました。

我が家の場合、隣家から何メートル離すのが正解だったのでしょうか?

【夏至と冬至を比較】南側の隣家の距離「3m」

ここからは直接「夏至」と「冬至」を見比べていきます。

まずは燐家から3m距離を離した場合です。

【3m】内観夏至
【3m】内観冬至
3m夏至3m冬至
8時~13時太陽光入らず
太陽光が入る時間

隣家との距離3m【夏至】の場合ですが、距離6mの検証時と同様「8時~13時」の間じゅう、太陽光が入ることがこの検証でわかりました。

ということは夏至頃の期間であれば、3m以上隣家と離れていれば太陽光が確保できることが分かりました。(地域や燐家の建物の高さによるので要注意)

一方、冬至の診断では、1日中太陽光が入りませんでした。

【夏至と冬至を比較】南側の隣家との距離「4m」

4mの診断もいただきましたので公開させていただきます。

南側の隣家の距離「4m」夏至と冬至を比較

【4m】内観夏至
【4m】内観冬至
4m夏至4m冬至
8時~13時太陽光入らず
太陽光が入る時間

4mで行った検証も、隣家との距離3mの時と同じ結果となりました。

南側に建つ建物の高さによるとは思いますが、わが家の場合の診断は、夏場は3m距離が離れていれば太陽光が入るチャンスがあるということが分かります。

【夏至と冬至を比較】南側の隣家との距離「5m」

南側の隣家の距離「5m」夏至と冬至を比較

【5m】内観夏至
【5m】内観夏至
5m夏至5m冬至
8時~13時太陽光入らず
太陽光が入る時間

当然のごとく、3mと4mの時の検証とほぼ同じ結果となりました。

今回の結果を経て、「じゃあ3mあればOKなのね!」ということになりますが、今回の結果はあくまでもわが家の結果です。

隣家の高さも違えば幅も違う。

隣家との間に花壇を設置する場合もあるでしょうし、ジメジメを解消したいなどの理由もあるでしょう。

そうした場合は燐家との距離をとって太陽光の当たるようにしたほうがいいでしょうし、逆に暑さが気になる方は太陽光を避けて日が当たらないようにしたかったりしますよね。

今回の結果からも、家を買うならば事前に日当たり診断はしておくべきだと考えます。

南側の隣家の距離と日当たりまとめ

隣家との距離夏至冬至
2m8時~9時/11時~13時太陽光入らず
3m/4m8時~13時ほぼ入らず
5m/6m8時~13時14時30分~15時30分
太陽光が入る時間

隣家との距離によって、どれだけ日当たりに差が出てくるのかを検証しました。

2mでは夏場は隣家の影と重なってしまい、一定時間太陽光が遮られてしまう時間が発生することが分かりました。

冬場は5mほど距離をとって、ようやく日没近くに1時間ほど日が入ることが分かりました。

欲を言えばどこまでも隣家との距離を離して日当たりを確保したいものですが、現実問題そうはいきませんよね?

こうしたシミュレーションを事前に行うことで「ちょうどいい折り合いをつける目安」になります。

今回の診断をいただいた建築士「日当たり診断士」さんは、ココナラでスキル出品されています。

間取りが決まるまでの3カ月間、日当たり検証し放題で15,000円と破格でした。

これはあくまでも2021年9月現在での価格ですので、今後依頼が殺到すると値上げを検討されることでしょう。

事前に診断を行わなければわからない事ばかりで「家を買う時の後悔」を確実に減らせる結果でした。

後悔しない家づくりを検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

今回はスキルマーケット「ココナラ」で建築士の資格をお持ちの「間取り診断士さん」に依頼直接依頼。

3カ月間依頼し放題という太っ腹なスキルを出品中。

破格すぎるので、今後値上げが予想されますのでお早めに!!

目次
閉じる