インテリア

電気スイッチ保護カバーで押せないようにする!ワンコインで手に入れた「安全」と「ストレス無し生活」

照明スイッチの誤操作を防止する「保護カバー付きスイッチプレート」を買って付けたら、これサイコーじゃん!ってなったお話です。

先日テレビでやってたんですが、人から恨みを買って「玄関ドアにペンキをかけられる」って番組を見たんです。

こんなの見ちゃったら、もしかして我が家も?と思うと、とゾッとしちゃいますよね。

我が家の防犯対策を考えると、特になんもしてないなーと思いましたが、唯一玄関ポーチのライトが「人感センサー」なので、それで犯人がひるんでくれないかな?と期待しました。

でも人感センサーのライト、照明スイッチがいつの間にか押されて、消えてることってありませんか?うちはよくあるんですよ。

なんとかして、間違ってスイッチを押しちゃう現象を、食い止められないかと考えました。

ネットで「スイッチ」「押せないように」で適当検索したら、とっても便利なものを見つけたんです。

それがパナソニックのコスモシリーズワイド21「保護カバー付きスイッチプレート」。

この記事は、こんな方に見ていただきたい内容です。

  • 人感センサーライトのスイッチ誤操作を無くしたい
  • 保護カバーに興味がある
  • 保護カバーの取り付け方が知りたい

安いもので送料込みで500円前後で買えます。これならインテリアも邪魔しない。

たったワンコインで「安全」と「ストレス軽減」ができるなら、もっと早くに知りたかったと思える商品です。

誤操作で「消しちゃう」人感センサーライトのスイッチ

我が家の玄関ポーチのライトは「人感センサーライト」を使っています。

人の出入りや気配を感じ取って、自動でライトを点灯してくれる照明です。

ですがこれ、いつの間にかスイッチが押されて、消えていることがあるんですよね。

犯人は家族の中の誰か。

なんですけど・・・。

人感センサーライトって、基本つけっぱなしですよね?

我が家の場合、玄関にスイッチがあるのですが、上に人感センサーライトのスイッチ、下に室内玄関の照明スイッチがあります。

これを間違って押して消しちゃうんですよ。

スイッチを押すタイミングを間違えると、ずっと日中もライトがつきっぱなしで気づけないこともあります。

とにかく間違って押さないでくれーと思うんですが、人がよしかかりたくなる場所に、ちょうどスイッチがあるせいもあり、うっかり腕がぶつかる事もあるんです。

ワンコインで手に入れた「スイッチ保護カバー」

本体自体は300円前後のようですが、近所に見当たらなかったのでネット購入しました。送料込みで、安いものは500円前後で買えます。

既存のカバーの見た目を変えないので、インテリアに溶け込みますよ。

トリプルスイッチ用はコチラ↓↓

このカバーは上のボタンを保護するタイプで、下のボタンだけは押せるように、カバーがくり抜かれています。

下のボタンを保護したい時は、プレートを逆さまにして使うことも可能です。

届くのはこの2つのパーツ。

  • フタが付いた保護カバープレート(左)
  • プレートの土台(右)

「プレートの土台(右)」は、すでにパナソニック製の「コスモシリーズワイド21」(だいたいこれを使っている家が多い)を使っている家なら、すでに取り付けられているので使いません。

保護カバー付きスイッチプレート取り付け方

標準のプレートを外す

プレートに爪を引っかけるだけで、簡単に取り外せます。

スイッチプレートの上部の両端を外し、少しずつ剥がすようにプレートを取り外します。

剥がしたらこんな感じ。

次に「スイッチ保護カバー」を取り付けます。

両手で四隅を「パチン」とハマるように、グッと押さえ込むだけです。

たったこれだけ、作業時間は1分もあれば余裕です。

保護カバーで「安全」で「ストレスフリー」に

これで誤ってスイッチを押してしまう事が無くなりました。

上のスイッチを押したい時は、カバーをめくれば簡単にスイッチを押すことが出来ます。

うっかりぶつかってしまっても、間違えて押してしまうことはありません。誤操作を未然に防ぐことが出来るようになりました。

たった300円前後で出来る、人感センサーライトの誤操作の防止法。(ネット購入だと500円前後)

これでストレスもなくなって、防犯にも一役買ってくれるなら、とっても「安い」お買い物だと感じました。

↓↓ダブルスイッチ用

↓↓トリプルスイッチ用

照明スイッチを全て保護したいなら、こちらの全面カバーもあります。

「人感センサーライト、つい間違って押しちゃうのよね」と言う方は、便利グッズの力を借りて、暮らしを快適にしてみてはいかがでしょうか?