当ブログ限定!特典付き日当たり診断はこちら◀◀

キッチンのコンセント位置や数で後悔した人は53%!使ってる電化製品一覧

注文住宅を建てたことのある先輩施主100名にキッチンのコンセントで後悔を感じているか?のアンケートを取りました。

キッチンのコンセントで後悔していると答えた人が53%。

キッチンはリビングと同様に、電化製品をよく使う場所です。コンセントの後悔が出やすい場所になりそうです。

後半ではココナラでコンセント診断を行っている、一級建築士「まどりっとさん」にリビングのコンセントについての注意ポイントをお聞きしています。

新築のコンセントで後悔しやすいエリアを知りたい方は、こちらの新築のコンセントで後悔しやすい場所ランキング!よくある失敗ポイントの記事をご覧ください。

調査概要

調査期間:2022年8月
調査手法:インターネット調査
調査地域:全国
調査対象:注文住宅を建てたことのある男女
サンプル数:100人

\コンセントの失敗は暮らしにくい!/

タップできる目次

キッチンのコンセントで後悔している人は53%

注文住宅で家を建てたことがある先輩施主100人にキッチンのコンセントについて後悔があるか?の質問をしたところ、53%の人が「ある」と回答。

約半数の人が後悔を感じている結果となりました。

キッチンのコンセントでありがちな失敗がこちらです。

コンセントで失敗した主な理由
  • 手元で使えるコンセントが必要だった
  • 足元で使えるコンセントが欲しかった
  • 足りなくてタコ足回線になってしまいがち

キッチンは家の中でも家電を多く使う場所。最近は小型で便利な調理家電が増えてきましたね。

差しっぱなしのコンセントだけではなく、プラグを抜き差しして使用する家電も多いためコンセントが足りないと感じている人が目立ちます。

キッチンのコンセントでよくある失敗事例

キッチンのコンセントでよくある失敗事例を、先輩施主100人に聞きました。

今持っている家電の分だけコンセントがあれば十分でしょう?と思った方は要注意。

暮らしていくうちに必要家電が増えてきて、タコ足回線になってしまわないよう気を付けてくださいね。

コンセントの数が足りなかった

施主

キッチンは思ったよりも電化製品が多く、もっとコンセントの数を多過ぎるくらいに作っておけば良かったと後悔しています。今は4個しかないのでとても不便で、電化製品を使う時にコンセントをとっかえひっかえしています

施主

使う電化製品の数が増えてきました。コンセント数が足りない場合はタコ足配線で繋いでいたりしていて、見た目が良くありません。あと数個コンセントの配線をしておけばよかったです。

施主

思ったよりキッチン家電をいろいろ揃えてしまい、その数に見合った数のコンセントを設置しなかった。他の調理器具を使うたびにコンセントを差し替える必要があり、かなり面倒になってしまった。

コンセントを付けすぎた

施主

キッチンでは使う電化製品が多いので、数が必要と思い5か所ほど取り付けました。コンセントを同時に使うことはあまりなく、それほどの数がいらなかったことに気づきました。かえってコンセントがキッチンのインテリアの品を下げてしまい後悔しています。

電化製品を使うイメージをしておくべきだった

施主

考えている配置やサイズとは異なりました。いざ生活してみるとリビングから見える位置でないと炊飯器のコンセントを指す場所がなかったりと、置く場所によってもコンセントの位置が変わってきたりしします。もっときちんとイメージしないといけなかったと少し後悔しました。なにより多く場所を取っておけば困ることはないなと思いました。

施主

食器棚をあとから設置した為、ある一部コンセントが隠れてしまった事です。ある程度予想はしていたため、予備も含めてコンセントの設置場所を数か所作ったのですが、やはり使わずに隠れてしまったのが後悔してます。

施主

プランニング時には食器棚などの家具が決まっていなかったので、住宅メーカーの勧めで設置場所を決めましたが、家具を設置してみると家具のうらにコンセントが隠れてしまい使いにくく後悔しています。

手元で使えるコンセントが欲しかった

施主

キッチンで使う電化製品の数や場所をよく考えなかったので、コンセントを伸ばして使っています。スッキリせず、見た目的に良くない。キッチンカウンターの内側につければ良かった。

施主

IHとシンクの間の作業スペースにコンセントがあればよかった。当初はその場所にあっても使わないと思っていたし、水や油でコンセント部分が濡れたり汚れたりするのが危険だと思い、つけないという選択をした。ミキサーを使うようになったので、つければよかったと後悔している

施主

カウンターが有るのですがカウンターとの段差面にコンセントを付けて貰う事を忘れました。ミキサーなど調理家電を使用する際に近くの壁のからコンセントを伸ばす必要が有るので不便を感じます

施主

ブレンダーやミキサーで離乳食作りをする際に背面しかコンセントがなくて不便に思いました。かなり飛び散るので、キッチン側のシンク近くにもコンセントを設置すればよかったと思いました。

足元にコンセントが欲しかった

施主

足元の壁面にコンセントをつけるのを忘れてしまいました。そのため、掃除をするときや、冬場に足元が寒いときにヒーターなどをつけようと思ってもコンセントがないためつけることができず、とても不便です。

施主

全部で3箇所あり、棚の上部と冷蔵庫用に高いところに配置されている。現在も不便はないが、床面近くにもう1箇所配置してもらえれば、掃除機をかける時によかったと思う。

施主

棚の上に置く家電のことばかりを考えて、棚の上にばかりコンセントを付けました。しかしキッチンで暑い時扇風機などを回すように床近くにコンセントがないので不便を感じています。

スマホ充電用のコンセントが必要だった

施主

スマホ(iPhone)でレシピを検索しながら料理をすることが多いのですが、コンセントの配置場所として必要な箇所にないので、充電が必要なときに充電しながらスマホを見ることができません。

施主

スマホの中にある料理のレシピの動画を見ながら料理をすることが多いのですが、スマホの充電がなくなったときコンセントの位置が悪く、スマホを充電しながら使用することができないのが後悔です。

ウォーターサーバー用のコンセントが欲しい

施主

ウォーターサーバーを設置する時にコンセントに困りました。延長コードで対応しましたが、本当なら延長コードは使いたくありませんでした。キッチンはコンセントを差したままの家電が多いため、建築した時からコンセントは余るくらいの数を用意した方が良かったと思いました。

施主

ウォーターサーバー用のコンセントを配置するのを忘れてしまいました。設計段階ではウォーターサーバーの配置を考慮していなかった為、サーバーをどうにか置いたは良いものの、ちょうど良い位置のコンセントがありません。コードがむき出しで見た目も良くないので後悔しています。

住宅メーカー任せにして後悔

施主

大手住宅メーカーで建築したのですが、住宅メーカーが決めたコンセントの数で建築してしまいました。絶対的にコンセントの数が足りず、延長コードで数を増やすみっともないことになってしまっている。わずかな追加をケチって後悔しています。

施主

プランニング時には、食器棚などの家具が決まっていなかったので住宅メーカーの勧めで設置場所を決めましたが、家具を設置してみると家具の裏にコンセントが隠れてしまい使いにくく後悔しています。

キッチンで使う可能性がある電化製品39種

先輩施主100人に現在キッチンで使用している電化製品を聞きました

キッチンと言えば冷蔵庫や電子レンジなどが真っ先に思い浮かびますが、便利なキッチン家電が増えてきたためコンセントが足りないと感じている人が多い印象。

ウォーターサーバーをキッチンに設置する家庭も増えてきて、冷蔵庫と同じように設置場所をあらかじめ決めておいた方がいい家電も増えつつあります。

固定型家電

  • 冷蔵庫
  • 冷凍庫
  • ウォーターサーバー
  • 食洗器
  • 換気扇
  • 給湯器

家電収納棚・カウンター設置家電

  • 炊飯器
  • 電子レンジ
  • トースター
  • コーヒーメーカー
  • 電気圧力釜
  • ホームベーカリー
  • 精米機
  • 真空パック気
  • モニター類

必要時に取り出して使う家電

  • ハンドミキサー
  • マッシャー
  • ミキサー
  • ホットプレート
  • フードプロセッサー
  • 自動調理鍋
  • ヨーグルトメーカー
  • ホットサンドメーカー
  • ノンフライヤー
  • タコ焼き機
  • 低温調理器
  • カギ氷機
  • IH調理器
  • ワッフルメーカー
  • わたあめ機
  • ゆで卵メーカー
  • チョッパー

その他

  • 掃除機
  • 扇風機
  • スマホ
  • 空気清浄機
  • 暖房機器
  • スチームクリーナー

固定して使う電化製品や棚に置いて常時使えるようにしておく家電、必要な時に取り出して使う家電が集まりました。

暑さ寒さ対策のための冷暖房機器や、掃除のための電化製品のことも考えてコンセント計画を行うとよさそうです。

一級建築士「まどりっと」さんによる新築コンセントアドバイス

筆者のコンセント診断を依頼した「まどりっと」さんに、キッチンのコンセントで注意すべきポイントを伺いました。

キッチンのコンセントは、どこにあると便利?

ミキサー等を使用する用に、手元にコンセントは必須です。
アイランドキッチンのような形は、壁がないため、オプションになります。
※コンセントを付けることができるか、必ず確認をして下さい。

ほかにもあると便利な、キッチンのコンセントは?

カップボードにどんな家電を並べるのか確認して下さい。
最低コンセントの数は、W1800は4口、W2700は6口あると便利です。
設置する家電が小さい場合は、家電を多く置けることになります。その場合は、事前にサイズを確認して、コンセントが足りない後悔をしないようにしましょう。

キッチンのコンセントについて、ワンポントアドバイスをいただけますか?

カップボード後ろは、雷サージ予防にアース付きにしておくと安心です。

今回キッチンコンセントのアドバイスをいただきました、一級建築士「まどりっと」さんのコンセント診断はこちらの記事で確認できます。

新築のキッチンでよくある後悔はこちらの記事でまとめています。

玄関間取りのお悩みポイントをいくつも掲載していますのでご覧ください。

今の間取りで満足ですか?

間取りの後悔を減らせる!4つのセカンドオピニオン活用法

家づくりのセカンドオピニオンをご存じですか?

セカンドオピニオンと聞けばお医者さんを思い出しますが、家を建てるときに相談できる第二の建築士を「セカンドオピニオン」と呼びます。

当ブログでは、今だから間に合う!3つのセカンドオピニオンをおすすめしています。

\ まずは登録からはじめよう /

アカリ

ココナラ無料登録で1,000ポイントもらえる!!

招待コードはこちら▶▶ QQNHVK

ココナラでお友達紹介キャンペーンを実施中!
上のボタンから会員登録後、プロフィールに「招待コードを入力」して電話番号認証を行うと、商品購入に使える1,000ポイントもらえるよ!

間取りプラン作成

間取りプラン作成がおすすめな人
  • ぼんやりとした間取りを形にしたい
  • 間取りアプリが難しくて手に負えない
  • もっと良い間取りがあるのではないかと不安
  • 住宅会社の間取りがしっくりこない

間取りのプラン作成は、いちから間取りを作ってもらいたい人におすすめです。

10年前に家を建てた我が家ですが間取りの後悔が多すぎたので「もう一度家を建てるならこんな家!」というコンセプトでココナラの間取りプラン作成TACTILE designさんにお願いしました。

同じ敷地に建てることを想定して依頼してみましたが、今とはまるで違った間取りが完成して驚きました。

担当する建築士さんによって作られる間取りは違ってくるんだな…と感じました。

ココナラの間取りプランの制作は、おおよそ15,000円~30,000円ほどで依頼できます。

わが家の新間取りプランを確認したい人はこちらの記事からご覧ください。

間取り診断

間取り診断がおすすめな人
  • 間取りが完成したけどこのまま建てていいか不安
  • 自分たちに合った間取りがよくわからない
  • 間取り作り誰かに手伝ってほしい
  • プロの人に間取りをまるっと依頼したい

間取り診断は、完成した間取りが「本当にこれでいいのか心配…」という方におすすめのサービスです。

こちらはわが家の間取り診断で、ココナラの間取りチェックサービスMHsekkeiさんに依頼しました。

ココナラではたくさんの一級建築士がスキル出品しており、忖度のない意見で第三者として冷静にあなたの間取りチェックをしてくれます。

間取りが完成した人はもちろん、これから間取り作りを始める方も利用できるサービスですの。

住宅メーカーや工務店が決まったら、ぜひ活用したいサービスですね。

価格は2,000~20,000円ほどと幅がありますが、一生住むかもしれない家の後悔が数千円で減らせればラッキーだと思いませんか?

わが家の間取り診断をくわしく見たい方はこちらの記事をご覧ください。

コンセント診断

コンセント診断がおすすめな人
  • コンセントの数が足りないか不安
  • コンセントの位置で失敗しないか心配
  • スイッチの位置が間違っていないか確認してほしい
  • 電気をつけても暗くなる場所を見てもらいたい

コンセント診断とは、スイッチなどを含めた電気図面をチェックしてもらえるサービスです。

こちらはココナラで一級建築士のまどりっくすさんに依頼したときのもの。

間取り診断と一緒にコンセント診断をしてくれるサービスもありますが、個別で依頼することで深く診断してもらえる傾向にあります。

コンセントやスイッチの位置を間取りのオマケ程度に考えてしまい、住んでから後悔する方が多いです。

どんな電化製品をどこでどのように使用するのかをイメージするのが大切ですが、家づくりは考えなければならないことが多すぎて、コンセントはつい妥協してしまいがちに。

現役の一級建築士や女性ならではの目線でチェックしてくれる建築士など、頼りになるプロが数千円からコンセント診断を出品しています。ぜひココナラのコンセント診断をチェックしてみてください。

我が家がコンセント診断を依頼したときの様子はこちらの記事をご覧ください。

日当たり診断

日当たり診断がおすすめな人
  • 家に日が入るか不安
  • 暗い部屋ができないか心配
  • 夏至と冬至の日の入り方を確認したい
  • 日照だけではなく採光を知りたい

日当たり診断とは、土地や家の日当たりを、入居前に調べることができるサービスです。

住宅は完成していなくても、おおよその間取りが完成していれば診断ができます。

日当たり診断をすることで、暗い部屋になる後悔を未然に回避することができますよ。

こちらは実際の我が家の日当たり診断です。太陽の光がどれだけ家の中に差し込むかの「日照」を調べる診断です。

住んでる地域や方角を伝えることで、このような動画を作成してくれるサービスがあります。

この日当たり診断は、一級建築士の間取作造さんに依頼しました。

室外の自然光がどれだけ室内に入るかを可視化できる「採光・照度シミュレーション」もできますので、入居後の部屋の明るさの不安がいっきに解消されそうですね。

日当たり診断をしてくれる出品者は数が少なく、価格も1万円程度と間取り診断に比べるとお高めですが、たったの1万円でマイホームブルーを回避できると考えれば破格だと思います。

我が家が日当たり診断を依頼したときの様子はこちらの記事で書いています。

なぜココナラがおすすめなのか?

ココナラで放映中のCM

「得意を売り買いココナラ♪」

というフレーズでおなじみの、ココナラCMをご存じの方も多いと思います。

ココナラとは、個人のスキルを売り買いできる日本最大級のスキルマーケットです。個人で不要になったものを売り買いできる「メルカリ」のスキル版といったところですね。

大事な大事な家づくり。特にココナラのセカンドオピニオンをおすすめする理由は次の3つです。

  1. 価格がリーズナブル
  2. レスポンスが早い
  3. Webだけで完結・簡単・安心して取り引きができる

ココナラの家づくり診断はリーズナブル

ココナラの家づくり診断は、どう考えても安すぎます。

間取り診断をはじめとした家づくりスキルを出品をされている方がたくさんいらっしゃいますが、その8割ほどが「一級建築士」の方なんです。

現役で住宅メーカーでお仕事されている方もいれば、フリーで活動している方もいます。

経験も知識も豊富な一級建築士の知恵を、たったの数千円で購入できるだなんて、普通に考えても安すぎると思いませんか?

この安さの理由は組織に属さず個人の「副業」として出品していたり、個人事業主として活動されている方が多いから。

ココナラは複雑な組織に属さないからこその低価格であり、個人で価格を設定できるなど自由度が高いプラットフォームなんです。

  • ココナラの新規参入出品者は特にリーズナブル
  • ココナラの中で価格戦争が起きている
  • 建築事務所に依頼すると5万円ほどかかる

これらを見るだけでも、価格の面でココナラがおすすめなのか理解いただけると思います。

商品価格のほかに、一回の支払いごとの価格に対してサービス手数料「5.5%」が購入者側にかかるので前もって知っておくと安心ですね。

レスポンスが早く、親切丁寧(特に建築士の方は…)

出品者にもよりますが、基本レスポンスが早いのがココナラの特徴です。

なぜならばレスポンスの早さも、ココナラの評価の基準になるからです。

ココナラでは購入者の満足度など、出品者を評価する基準を数多くもうけています

これらの評価を総合的にみて、出品者をランクアップさせるシステムになっているのです。

これを怠ってしまうとたちまちランクが下がってしまい、購入者からの見え方に影響が出てしまいます。

そこで出品者は必死に期待に応えるべく、親切丁寧な対応を心掛けているんですね。

顔も知らない相手とテキストだけでやり取りするなんて不安…と感じる方も多いと思います。

ここで筆者の経験上のお話をすると、取引相手のほとんどが一級建築士ですので、偏見丸出しを承知でお伝えすると…一級建築士の方は職業柄か、しっかりとした取引をしてくれる方ばかりです。

これまで複数の方に取引いただきましたが、不十分な成果物を提出してきたり、横柄な態度に出る方は一人もいませんでした。

Webだけで完結・簡単・安心して取り引きができる

ココナラで商品を買うと、出品者とのトークルームが開きます。LINEのようなチャット形式で取引が進みます。

個人間で行う普通のメールのやり取りでは、このようなスムーズな取引は難しそうです。

家づくり診断は、図面のやり取りで取引できるのでweb完結が可能です。

すきま時間で返答や回答を繰り返し、満足のいく的確なアドバイスをいただけるのは、ココナラで用意した取引環境がそろっているからだといえますね。

成果物を受け取った後は「正式な納品」という合図が出品者から送られてくるので、こちらが承認するとトークルームがクローズ(取引終了)する仕組みです。

料金は前払いでココナラに預け、取引のクローズ後に出品者へ渡る仕組みになっています。ここもメルカリの取引の流れと似ていますよね。

ココナラでは取引内容を運営側が管理してくれますし、万が一トラブルが起きたら相談できるシステムなので安心して取引ができます。

このようなプラットホームに属さない個人間のやり取りとなると、トラブル時には誰にも頼ることができません。

5.5%の手数料を払ったとしても、ココナラに仲介してもらうメリットは多そうです。

最後の仕上げにプロのチェックを受けてみたい!という方は、私と同じようにココナラで家づくり診断を依頼してみてはいかがでしょうか?

\ まずは登録からはじめよう /

アカリ

ココナラ無料登録で1,000ポイントもらえる!!

招待コードはこちら▶▶ QQNHVK

ココナラでお友達紹介キャンペーンを実施中!
上のボタンから会員登録後、プロフィールに「招待コードを入力」して電話番号認証を行うと、商品購入に使える1,000ポイントもらえるよ!

タップできる目次