間取りの思考

間取り決めで疲れたと感じるのはどんな時?投げ出す前にやっておきたいこと

ハウスメーカーや工務店と契約後、いよいよ待ちに待った「間取りの打ち合わせ」が始まります。

「広いリビングに憧れてたの!」

「オープンキッチンにして家族の様子が見えるようにしたいわ!」

なんて、どんどんマイホームの夢が広がりますよね。

いざ間取りの打ち合わせが始まると

想像していたような夢のマイホームとはなんだか違う。

思い通りにならないし、やればやるほど落ち込むことが多くなってきて疲れたかも。

いっそのこと全部白紙に戻したい!

そんな気持ちになることはありませんか?

間取り疲れたと思うのはどんな時でしょうか?対処法はあるのか一緒に考えてみませんか?

間取り決めで疲れたと感じるのはこんな時

私も10年前に同じように家づくりを開始して、いよいよ楽しみにしていた「間取りの打ち合わせ」が始まったんですが

なんだか想像していたのと違う

という事態が起こりました。

楽しいはずのマイホームづくりが、「間取りづくり」の段階で疲れたなーと感じたことをまとめてみました。

予算オーバーで諦めなければならないことが多い

間取りの打ち合わせに入る前にいろんなモデルハウスを見てきたし、自分で雑誌を眺めては「こんな家にしたいわ!」なんて、どんどんマイホームの夢は膨らむばかり。

いざ間取りづくりを始めると、予算の関係で諦めなければならない事多すぎて、結果は普通のつまらない家になってしまった…。

家ってもっと夢のある建物じゃないの?

設計士さんがどんな家にしたいですかって聞くもんだから、あれもこれもと要求したら大豪邸になってしまって、削るばかりの作業がつらすぎて投げ出したくなってしまうのです。

家族で意見が合わない

家に要る時間が長い分、奥さん主導で間取りづくりが進むお家が多いようですが、旦那さんだってこだわりたい部分があるはずです。

お互いの意見を取り入れると、結局予算が合わなくて「どっちが譲るか」の話し合いになることだってあるんです。

わが家の場合は旦那の要望がなさ過ぎて、あれもこれもと希望を出す私を阻止する役目に徹していました。

旦那の名義で買う家ですから感謝すべきなのですが、やりたいことができないくやしさは残りましたね。

他にも自分たちの親が口出しをしてくるというパターンもあります。

「私たちが泊まりに来た時の部屋はないのかい?」みたいな。

(´・ω・`)知らんがな、の世界です。

子供がうるさくて集中できない

家づくりを始めた多くの方は、小さなお子さんがいるご家庭が多いと思います。

私の時も子供が3歳と0歳でしたので、打ち合わせ時にとっても苦労をしたのを覚えています。

どこかに預けられればいいのですが、親は近くに住んでおらず、毎週の打ち合わせのたびに預けるわけにもいきません。

「疲れたー。」

「のどが渇いたー。」

とはじまると、こちらはイライラして打ち合わせに集中できなくなってしまうのです。

気分転換に外に連れ出したりすると、その間の打ち合わせに参加できなかったり中断してしまうこともありました。

子供を連れて打ち合わせに参加しなくてはならないことが、ストレスだったのを思い出します。

休日ごとの打ち合わせでつぶれる

間取りの打ち合わせでは、1回の打ち合わせが30分や1時間で終えることはまずないです。

ほぼ半日潰れてしまうこともよくあるので、時間帯によっては丸ごと休日がつぶれてしまうこともよくあります。

ハウスメーカーや工務店では、間取りの完成までの期間を設けてくるので、それに間に合わせるためにお休みごとに打ち合わせが入ってしまうのです。

楽しいはずの間取り決めなのですが、こうも毎週だと家族で出かける予定が建てられません。

だんだんと、家族に疲れが見えてくる頃でもあるのです。

間取りの提案力に不満を感じる

おそらく最初はどんな間取りにしたいのか、設計士からヒヤリングされることから始まるでしょう。

次回はどんな間取りが仕上がってくるのかとワクワクして待っているんですが、出来上がったものを見てみても、とりたてて何の感動もなくつまらない仕上がりだったりするんです。

わが家の場合は素人の私が言ったそのままの仕上がりで、図面に起こしただけの状態でした。

要望をくみ取ってくれるのは良いのですが、こちらはしょせん素人ですから、もっとプロの視点でいろいろと提案してくれたり、アイディアを盛り込んでくれることを望んでいました。

常に受け身で、構造上問題ないかの監視だけに努めている様子がうかがえて、ちょっとがっかりしたのを覚えています。

案の定?素人が考えた間取りですから、後で使いにくかったり後悔する点が多くなったのだと思いました。

疲れないために間取り決めは他のプロの力を借りるべし

はじめて家づくりをする、間取りを考える人が大半だと思います。

家は3回建てると…って言いますが、そんな3回も建てられるわけがないですよね。

だからこそ経験豊富な設計士さんの力を借りたいはずなのに、当の設計士さんがイマイチやる気がなかったり、センスがちょっと…だったりするとがっかりな結果になってしまいます。

納得いかないまま家づくりを進めると、後悔が残ってマイホームブルーになってしまうこともあるんです。←わたし?

そこでわたしがおすすめするのは、本番(間取り打ち合わせ)の前に、一度自分たちで図面を起こしてみること。

自分で手書きしてみたり、アプリソフトを使うのもいいのですが、家は一生に一度の大きな買い物です。

素人が適当に考えたものだと後悔につながってしまうことも多いのです。

こんな時こそ第三者のプロの力を借りるのをおすすめしたいと思います。

先日私もチャレンジしてみたのですが、ココナラなら手軽で簡単に「間取りのセカンドオピニオン」を依頼できます。

たくさん一級建築士がいるなかで、好みの建築士さんに間取りを依頼したり鑑定してもらうことができるんです。

画期的なサービスだと思いませんか?

料金は2000円ほどからできますので、気軽に依頼ができますよ。

もちろんネット完結できますので、スピーディーだし個人情報も守られます。

いちから間取りづくりを依頼することもできますし、ある程度出来上がった段階でこれで大丈夫かな?…という時にも答え合わせのつもりでセカンドオピニオンを頼めますね。

わたしが間取りのセカンドオピニオンを依頼したときの記事がこちらですので、後悔しないためにもぜひ参考にしてみてください。

頼めば後悔しなかったはず!?間取りのセカンドオピニオン

ココナラで間取りの後悔を減らす

ココナラでは2,000円~、簡単に素早く一級建築士の「間取り診断」を依頼できます。

たったの数千円で、間取りの後悔を確実に減らせる方法です。