間取り・設備

総二階の家は勝ち組!?一条工務店のアドバイスを無視したらこうなった!!

どうもこんにちは、キタノです。

あ、ゆきだるまは関係ありません(笑)。さっぽろ雪まつりの画像です。遊びに来てね!

特に降雪地帯の方には、絶対に一読してから間取りを考えていただきたい記事です。

「オススメは総二階ですよ。」

そう言ったのは、一条工務店の営業さん。そう助言を受けたのに、素直に聞き入れなかった私たち。

家を建てる当時はマイホームに浮かれてて、総二階のメリットを聞いたとしても、いまいちピンときませんでした。

だがしかし!住んで気づいた「プロの言葉には、耳を貸すべきだったシリーズ」のおはなし。

後悔しても、もう遅い。

「もう一度、建て直せるもんなら、わたしは絶対に総二階にする!」

特に豪雪地帯にお住まいの方。そうでない方も総二階を一度検討してほしい。

Q.なぜ総二階にしなかったのですか?

A.見た目、真四角なのに抵抗があったから。

そんな理由で、総二階にしなかった我が家。

ほら、一条工務店の家って、見た目、同じ風じゃないですか(笑)。だから少しでも個性出したくて、二階を載せない部分を作りました。

しかも2か所。

1つは屋根なしの「バルコニー」。もう一つはリビング隣接の洋室の上。

なぜ今後悔しているのか。それは・・・

雪です。

みなさん、想像してみてください。

今日20センチの雪が降りました。北海道の冬は寒すぎて、全く雪が解けません。

「一条工務店の家は部屋の暖かい熱が、屋根に逃げづらい構造の家なんだってね~。羨ましいよ~」と通りすがりの誰かさん。

そうなのよ!(`・∀・´)エッヘン!

一条工務店で造った家の屋根は、熱が逃げないので、雪がなかなか解けないのです。

次の日さらに20センチの雪が積もりました。その次の日も・・・また次の日も。

さて、ぜんぶで何センチの雪が積もったでしょうか?

答え「窓が塞がるくらい」。

全く笑えません。

私たちの住んでる場所は、雪降らないしねーと思ったそこのアナタ。安心して笑ってるヒマはありません。

雨くらい、降りますよね?たぶん(笑)

ならば安心はできません。外壁の大敵は雨の跳ね返り。

今度、住宅街を散歩したなら、二階が載ってない部分がある家の、外壁を覗いて見てみてください。

屋根にあたった雨の跳ね返りが原因で、2階の外壁に痛みがでてる家がきっと見つかるはず。

もし、このあたりで迷っているのなら、総二階を、オススメさせていただきます・・。

いま、私の心の中で、「総二階を建てた人」は「完全なる勝ち組」だと思ってますから~(笑)

「誰も開けてはいけない・・・」どうもこんにちは、キタノです。 我が家には決して「開けてはならない」窓があります。 始めてその異変に気づいたのは、家を建てて...