安かろう悪かろう?ニトリのフライパン(トレル)口コミ




img_5971

我が家のフライパンの残念な姿をご覧ください。

これは焼きそばの調理で起きた「フライパンのがっかり現象」です。

数カ月前に近所のスーパーで買った1,000円くらいのフライパン。

そのうち買い替えようと思いながら現在に至りますが、いよいよ限界を感じて買い替えました。

また1,000円くらいのフライパンを買おうかと思いましたが「取っ手がとれる」ってのが気になっていた私。

「取っ手がとれる」シリーズはティファールが有名ですが、普段1,000円のフライパンを使っている私には高価に感じます。

そんなわたしが目を付けたのは、ニトリの取っ手がとれるフライパンです。

今回は実際に使ってみた感想と、お値段以上の価値があるかどうかをレビューいたします。

ニトリのフライパン「取っ手がとれる(トレル)の仕様」

dsc_0008

ニトリの取っ手がとれるフライパン「トレル」です。

セットで販もありますし、バラでも販売しています。

① 取っ手がとれる 26㎝フライパン(トレル) 
② 取っ手がとれるトレル用着脱ハンドル RE(トレル)
③ 26㎝ガラスフタ(シリコンまきトレル)  

dsc_0015

蓋とハンドルを付けた26㎝のニトリ取っ手がとれるフライパン。
カラーはフライパン、ハンドル共に【レッド】【ブラック】があります。※蓋はブラックのみ
【ガス火】【IH 200V/100V】共に対応しています。

他にも16㎝サイズのフライパンや、鍋など数種類の品揃えがあります。
重ねて収納可能で、場所をとらないのが嬉しい!

一気にそろえたい方には「4点セット」「6点セット」「9点セット」があります。
計算してみたらセットの方が数百円安かったので、新生活を始める方や、いちから鍋類を揃えたい方はセット買いがお得です。

トレルの「ガラス蓋」と「着脱ハンドル」の機能について思う事

dsc_0033

【着脱ハンドル】

付け方→クリップ部分で鍋のふちを挟み、レバーを人差し指で「lock」の位置に回します。

外し方→レバーを「open」の位置に戻します。この時はまだ半ロック状態なので、ハンドル両脇にあるプレスボタンを握るように押すと完全に外れます。

2段階ロックになっているので、調理中に”うっかり”があっても安心できる仕組みです。

片手で操作可能です。思っていた以上にしっかりと固定されていますが、強く降ると多少カクカクするので、フライパンを頻繁に振る中華料理などには不向きかもしれませんね。

次のページでは、以前使っていたフライパンと比べてみました。

おすすめはニトリよりカインズ!?乗り換えた「取っ手がとれるフライパン」をレビュー(口コミ)

2018.06.03
ニトリからカインズに浮気した時の記事