ニトリの取っ手が取れるフライパン鍋の口コミ【CMで話題のトレルTORERU2セットをレビュー】

ニトリの取っ手の取れるフライパン

「トレルTORERU」が気になる人によくある口コミをご紹介します。

実際にトレルを使ったことがある人100人にアンケートをとりました。良かったところイマイチなところを聞いてみたので購入時の参考にしてください。

【ニトリTORERUの口コミ・評判調査概要】
調査方法:インターネット調査 調査期間:2024年1月 対象者:全国・全世帯 回収数:100

アカリ

良かった口コミは次のの11個

アカリ

イマイチの口コミは次の11個

TORERUを初代から使い続け、トレル3代目に突入した筆者が、最新TORERU2を買いました。

実際に使ってみて、TORERU2の「魅力」と「イマイチだな」と感じたことを、みんなの口コミに加えて正直レビューしていきます。

TORERU2のレビューはこちらから。

最新の「トレル2」をお得に買う方法についは最後のほうでお伝えしてるので、ぜひご覧ください。

アカリ

他に浮気しても、なんだかんだとトレルに戻ってきてしまう。

\現在CM放映中の5点セットはこちら/

目次

【ここが良かった!】ニトリの取っ手が取れる鍋フライパン・トレルの口コミ

わが家が買ったのは12点セット

ニトリの取っ手が取れるフライパン、TORERUを使ったことがある人が感じた「トレルの良いところ」を紹介します。

旧式のTORERUを使っているかたの感想も混じっているので、補足を入れつつ、これから購入を検討している方に向けてまとめました。

フライパンの取っ手が取れるとキッチンの常識が変わります

フライパンのまま食卓に出せる

26cmフライパン一つで作ったグラタン

調理器具だけど取っ手を取ればそのまま食卓に置いても違和感が少ない。グラタンを調理した時など熱々で大人数分いっぺんに出せるので嬉しい。

取っ手が取れるので、パエリアなど直接食卓に出しても違和感がなく、熱々の状態のままいただける。

取っ手を外してのそのまま出すことが出来るので、お皿が汚れず楽ちんです!

フライパンの取っ手が取れる最大のメリットは、調理した料理をフライパンごと食卓に出せること。

グラタンを作るにしても、これまでは個別の器に盛りつけたり、大皿でまとめて作るにしても、フライパンから耐熱容器に料理を移し替えなければなりませんでした。

トレルなら取っ手が取れるので、フライパンごとオーブンに入れられるのも便利。

確実に洗い物は減って作業工程も減らせます

冷蔵庫・オーブンにそのまま入れられる

取っ手の部分を外せると、そのまま耐熱皿代わりになるので、そのままオーブン調理が可能です。

上の写真は26㎠のフライパンを使っていますが、大きすぎずちょうどよいサイズだと感じました。

冷蔵庫、オーブンに入れる時は取っ手がない方が断然入れやすいので助かる。

普通タッパーなどに移さないと、フライパンごと冷蔵庫に入れると邪魔になってしまいますが、トレルはそのまま冷蔵庫に入れることができてとても便利でした。

ふたをすればまるでタッパー

作り置きを冷蔵庫で保管したい時には、鍋から別の容器に料理をうつすことなく、TORERU専用ふたを使ってそのまま冷蔵庫にINできる。

TORERUシリーズの鍋専用・一時保存ふたしっかりと閉るので、多少の衝撃で中身がこぼれ出ることがありません。

アカリ

大型のタッパーのようなイメージ。

接続部が洗えて衛生的

取っ手を取ればただの皿

洗い物をする時に隅々まで綺麗に洗うことができ衛生的にも良いと思います。

取っ手の接続部分も使うたびに洗うことができて衛生的な点も気に入っています。

ニトリの取っ手が取れるフライパンTORERUは、取っ手ハンドルでフライパンを掴んでいるだけの状態なので、取り外せば大皿のような形状です。

洗いやすいフライパン

食器洗いのスポンジで、ふちを掴んでぐるりと一周できる。

フライパンのつなぎ目に残る、蓄積した茶色い油汚れに悩むことはなくなります。

アカリ

フライパンでこれができると、フライパン洗いが苦にならない。

シンク内でかさばらない

シンクにいい子で収まるトレルの図

とにかく洗いやすいです。取っ手がないだけでこんなにも洗いやすいのかと感動しました。狭いシンクでのストレスが軽減されると思います。

フライパンを洗う時に、取っ手が付いているとシンクの中でひっかかって洗いにくいなと感じていたことが解消しました。シンクや他の皿などに当たってガコンガコンと大きな音を立てることなく洗えるようになりました。

取っ手が取れるトレルなら、食器と同じようにシンクに付け置き、まとめ洗いできるのが嬉しいポイント。

食器を洗うときはなるべくまとめて洗いたいですよね。

アカリ

トレルはもはや、食器と呼んだ方がよさそうだ。

収納しやすい

セットの鍋が全部重なるの

筆者が購入した12点セットには鍋やフライパンが5個入っているのですが、すべて一つに重ねて収納することができました。

収納の際も、取っ手が邪魔にならないので、他のサイズのフライパンや鍋と一緒に省スペースで収納ができる。

私は少し深め(カレーとか煮込み系)と浅め(照り焼きやハンバーグを焼く時)、小さ目(目玉焼きなど)、そしてお鍋(スープや麺を湯がく時)の4種類を使用してますが、収納する時は重ねて収納出来ます。

ライパンなど大きい調理器具はただでさえかさばりやすく困っていたのですが、取っ手が取れるところによって収納がとてもすっきりしました。すごく重宝しております。

ニトリのトレルは取っ手が取れるので、鍋を重ねて置けてコンパクトに収納することができます。

子供のいたずら防止になる

うちには小さい子供がいてキッチンを走り回るので、わざと取っ手を外した状態で調理をしています。そうすると、手が届かないのでフライパンを落としたりする心配もなく、安全です。

悪さをするベイマックスの手

取っ手が無いと、コンロの前を通るときにフライパンの取っ手にぶつかる危険性が無くなります

いくら注意をしても、キッチン内で子供が走り回ってしまう…。そんな時こそトレルの出番です。

手が届きにくく、引っかかる危険性が少なくなるので安心できそうですね。

軽いから手首に負担がかかりにくい

手首のスナップも利かせられる軽さ

同じサイズのフライパンの中では、比較的軽量で炒め物が楽

他のブランドフライパンを振るのに手首に負担がかかったりするのですが、ニトリの取っ手が取れるフライパンはそんなことがなく、軽くて扱いやすいのはとても気に入っています。

軽いので調理の時に腕が疲れることもなく、料理が楽しくなりました

ニトリのフライパンで、特に現在販売されているトレルは「軽量」なのが特徴です。

筆者も実際に初代のフライパンを使っていましたが、新しいTORERU2の軽さに驚きました。

ニトリで扱っているフライパンとの比較になりますが、TORERU2は従来のものと比べて35%も軽くなりました。

毎日使うものだから、少しでも軽いほうが手首への負担が減りますよね。

お年寄りやお子さんにもおすすめのフライパンです。

ふたが透明で中がのぞける

フライパンには蓋がありながらも中が見える設計が採用されており、調理中の様子を確認できる便利な仕様。

トレルで使えるセットのフライパンのふたはガラス窓になっていて、フライパンの中の様子が見えます

ですが、調理を始めると蒸発した水分がふたにつき、中が見えなくなりました。

見えないことはないですが、正直ここはあまり期待しない方が良いと思います。

こちらは12点セットに含まれていた、22~26㎝の兼用ふたですが、同じ区中の様子がよく見えません。

焼けたかどうかの確認は、ふたを開けて食材を裏返してみなければ分からないので、中が見える重要性はそこまでないかもしれません。

アカリ

見えないよりは、見えた方がイメージしやすいかな?くらい。

ガラスの蓋なのでフライパンの中がのぞけます。そして、フライパンの接着する面は樹脂のようなシリコンなのでフタをした時に、カチャカチャとした金属音がしないです。

トレルのガラスぶたの特徴として、ふたのフチがシリコーンなので、重ねた時にカチャカチャとした嫌な音がしないのも特徴です。

デザインが良い

他の取っ手が取れるタイプのフライパンよりデザイン性も良いです。

気軽に購入できる値段で、デザインもカラーが薄いグレーなどのシンプルでかわいいものも売っていたので良かった。

取っ手が取れるフライパンのトレル2はデザイン性にもこだわりが。

鏡面仕上げタイプは高級感が感じられ、キッチンでも存在感はバツグン。

お気に入りの調理器具を使うと気分が上がるので、お気に入りのデザインを選びたいですね。

使えるアイテムが豊富で単品もあり

フライパン単品でも安かったですが鍋もほしかったのでセットで購入しました。

卵焼き器にも取っ手をつけることができたり、セット売りのサイズの種類も豊富で気に入りました。

トレルにはセット販売はもちろん、買い替え用の単品販売もしています。

単品セットに比べて少しだけ割高になるため、新生活を始めるときや一式の買い替えならばセット購入がお得です。

価格が安い

テレビやSNSで話題になっていたため購入したが、鍋やフライパン・フタがセットになっていて5,000円程で購入できたため非常にコスパが良い商品だと感じた。

物凄い割合で使っているので、痛むのも早いですが、気楽に買いなおせるところも気に入っています。

筆者は12点セットを買ったのですが、12点ものアイテムが入っていて11,900円でした。(この時期はセールをしていた)

正直いって安すぎる。一般的な鍋セットで1万円ちょっとでこのセット商品をさがすのは難しいのではないでしょうか?

\お得な12点セットはこちら/

【ここが気になる】ニトリの取っ手が取れる鍋フライパン・トレルの口コミ

ニトリの取っ手が取れるフライパンを使ったことがある人100人に、トレルの「ここがちょっとイマイチ」なポイントを聞いてみました。

メリットの反対はデメリット。

デメリットを受け入れ許容範囲ならば、ニトリのトレルを使ってみる価値がありそうです。

\現在CM放映中の5点セットはこちら/

取っ手がぐらつく

ぐらつきが気になることも

時々取っ手がグラグラします。料理をお皿に移す時など、度々ヒヤッとします。実際に取れたことはないので安全ではあると思うのですが、ぐらつくと不安になります

ぐらつきテスト

実際にぐらつくのか、フライパンを不自然にぐらつかせてみました。

深型で大きめの鍋は確かに「カクカク」とぐらついている様子ですが、小型のフライパンはぐらつきませんでした。

重い鍋ほどぐらつきが強いようですが、動画のように不自然に振ることはないと思うので問題ないように感じます。

また、旧式のフライパンを使っていた時にぐらつきを感じたため、取っ手の裏にあるねじを締めなおしたらぐらつきが直った経験がありました。

使っているうちにぐらつきを感じるようならば、一度ねじを締めなおしてみてください。

取っ手が外れたことがある

使い方を間違えないように

以前使っていた時に、しっかりロックされていなかったみたいで調理中に外れてしまったことがあり怖い思いをしました。

トレルの取っ手は二段階で装着し、着脱する仕組みです。

取っ手をつける時

  • 鍋のふちに取っ手を合わせる
  • レバーをOPENからCLOSEへ

取っ手を外すとき

  • レバーをCLOSEからOPENへ
  • PRESSボタンを押す

レバーがOPENの状態でもフライパンを持ち上げられるため、横着してしまったりうっかり閉め忘れてしまうとフライパンが外れてしまう危険性があります。

脱着の際は、しっかりと手順を怠らないように気を付けたいですね。

取っ手が行方不明になる

取っ手だけどこか別のところに収納されている時があって(例えば夫が使ってそのままどっかにしまってたり)探すことが度々あります。

トレルの取っ手は鍋から取り外して保存すると、行方が分からなくなることも。

家族の中で保管する場所を確認しておけば、探すこともなさそうですね。

取っ手の着脱が面倒

取っ手の取り付けが必要

2つのフライパンや鍋を同時進行で使用しているときに、毎回取っ手を着脱するのが面倒くさい

フライパンや鍋が複数あり、取っ手が1つしかない場合は、毎回着脱する必要性があるので面倒に感じることも。

取っ手があるフライパンならば、このような手間はかからないので面倒に感じてしまうかもしれません。

12点セットの場合は、取っ手のハンドルが最初から2個入っています。

取っ手が洗いにくい

取っ手が汚れたと感じる瞬間

取っ手が水洗いできないのでどうしても汚れがたまってきます。水洗いできたらいいのになと思います。

取っ手を水洗いすることはできないため、汚れたら濡らした布などで拭き取ります。

我が家では重曹が含まれた濡れティッシュを使って拭いています。

取っ手がもう一つほしい

2個あると便利な取っ手

鍋フライパンの5点セットを買ったのですが、取っ手がもう一つ付いていたら便利なのになと思います。

TORERU2のセット販売では「5点セット」「7点セット」には取っ手が1つしかついていません。

もちろん取っ手だけ単品で買うことも可能なのですが、つい後回しにしてしまいそうです。

12点セットなら、セット内容に取っ手が2つ含まれるので、割安で買うことができます。

\取っ手が2つの12点セット/

もちろん単品で取っ手のみを追加で購入することもできます。

ニトリ
¥1,190 (2024/02/28 15:34時点 | 楽天市場調べ)

鍋が取り出しにくい

重ねて収納した鍋

取っ手が取れることにより収納のしやすさをアピールしていますが、我が家のフライパンの収納スペースは底が深く、重ねて収納したら一番大きなフライパンを使いたい時に取り出しにくいです。結局重ねずに収納してしまっています。

深型の調理器具収納を使っているお宅の場合、重ね収納にすると取り出しにくいことがあります。

わが家でも、深型鍋は重ねて収納していますが、フライパンは立てて収納しています。

引き出しに引っかかる取っ手

引き出すタイプの収納だと、写真のように取っ手が引っかかることもしばしば。

この点トレルでなら取っ手を取り外せるので、引き出しが閉まらない…ということはないので意外なメリットに気付きました。

重ねると塗装が剥げる

重ねるとコーティングが剥げる?

綺麗に重なりすぎて取り出すのが面倒なことがあります。また、重ねていたことが原因なのか分かりませんが、下の方に重ねていたフライパンの塗装が1年ほどで剥がれてしまって焦げ付くようになったので最近また買い替えました。

鍋を重ねて収納すると、塗装が剥げることがあるそうです。

筆者はこれまで気になったことが無いのですが、気になるようでしたら鍋を安心して重ね置きできるフライパン保護シートを挟み込むのも良いですね。

鍋ぶたがつかみにくく重い

蓋がつかみにくくて重く感じることがあります。蓋が立てかけれる仕様ではないため置き場に少し不便する。蓋のつまみ部分が小さいため持ち上げるのに力がいる。

上の写真は初代のトレルのふた。下の写真は最新のトレルのふた。くびれ具合が全然違いますよね。

今のトレルはしっかりとくびれててつかみやすいので、このかたは旧式のフタをお使いのようです。

鍋ぶたの重さは新旧ともに660gあるので、ちょっと重いと感じるかも。

重さのおかげでしっかりとふたが閉まるメリットはありますが、重さが気になる方はTORERUの立てられるフタの方が軽いのでおすすめです。

完全にふたが閉まらない

取っ手部分が盛り上がっていて、蓋が完全にしまらないところ。

口コミのかたはふたが閉まらないと言ってますが、おそらく普通の鍋ふたを使っているのではないでしょうか。

トレル専用のふたならば、取っ手の部分がくりぬかれた仕様になって居m素。

5点セットを購入した場合、26㎝鍋には専用ふたが同梱されていないため、自前のふたを使うか、単品購入が必要ですね。

食洗機で洗えない

ニトリの取っ手が取れるフライパンが惜しいなと感じた点は、食洗機が使えないところです。自分の家では洗い物は食洗機に任せているのですが、ニトリの取っ手が取れるフライパンは食洗機が使えないため、手洗いになってしまうのは惜しいなと感じています。

アカリ

ですがわが家では食洗器を使っちゃってます…。

コーティングが剥げるからNGと言われていますが、食洗機に入れて洗っているからなのか、そもそも使い方が悪いのかわかりませんが、だいたいが1年ほどで交換しています。

大型の食洗機ではないため、庫内に入るのは20㎝のフライパンのみ。26㎠のフライパンや深型鍋は入れたくても入りません。

あくまでも、自己責任で…ということで。

\現在CM放映中の5点セットはこちら/

トレルTORERU2の種類とセット価格・仕様・サイズ展開

ここからは、実際にTORERU2を購入して、使ってみた私の感想も交えてお伝えします。

ニトリのTORERU2にはいくつかの種類が販売されています。

大まかな特徴は同じですが、種類によって少しずつ仕様や価格が変わってきます。

2024年1月時点で実店舗やネットショップで購入できる、TORERU2の仕様とサイズをご紹介します。

デザインの種類

現在実店舗やネットショップで購入できるTORERU2を3種類ご紹介します。

鏡面ブラックベージュ
ガス専用ありなしなし
耐久力レベルレベル4レベル3レベル3
セット5・7・12点セット5・7・12点セット5・7・12点セット

※重量は26cmフライパンの重量

鏡面仕上げ

薄型鏡面磨き仕上げされたデザインが特徴のTORERU2。

鏡面仕上げなので高級感があり、フライパンの側面への映り込みが食卓を華やかにしてれます。

TORERUシリーズの中でも一番の軽量化に成功したこの商品は、フライパンの重さが負担に感じる方におすすめです。

ブラック

こびりつきにくいマーブルコーティングされた、ブラックカラーのTORERU2。

ブラックカラーなので、ちょっとの焦げ付きなら目立ちません。

シンプルでありながら高見えするこのフライパンは、落ち着きのあるキッチンを目指すかたにおすすめのTORERU2です。

ベージュ

食卓をかわいく演出したいかたにおすすめなTORERU2。

食卓を明るく彩るベージュカラーがセット品に新登場。

可愛らしさが溢れていて、カントリー調のキッチンにもマッチしそう。

マーブルコートでこびりつきにくいのが特徴です。

現在はまだネットでの購入のみなのか?2024年1月現在、近所のお店でお目にかかることができませんでした。

気になる方はこちらの公式ネットショップで確認してください。

このほかにも旧式グレーカラーのTORERUや、デコホーム商品のモカタイプも購入できます。

セットの価格

現在のニトリのTORERUのセットの展開は

「5点セット」「7点セット」「12点セット」

セット内容が同じでも、デザインや素材の違いがあるため価格が少しずつ違うので要チェック。

\3つのTORERU2セット価格を比較/

鏡面仕上げブラックベージュ
5点5,990円4,990円5,490円
7点7,990円5,990円7,490円
12点12,990円10,990円11,990円
税込み価格で表示

セット内容

わが家購入の12点セット内容

ニトリTORERRU2のセット内容をご紹介。

鏡面仕上げ/ブラック/ベージュともに、セット内容は同じで「IH/ガス火兼用タイプ」です。

鏡面仕上げタイプにのみ、ガス火専用タイプがあります。

TORERU2商品12点7点5点
16㎝ガラスふた
16㎝鍋
18㎝ガラスふた
18㎝鍋
20㎝ガラスふた
20㎝フライパン
20㎝鍋
24㎝深型フライパン
26㎝ガラスふた
26㎝フライパン
22~26㎝兼用ふた
16㎝一時保存ふた
18㎝一時保存ふた
20㎝一時保存ふた
専用着脱ハンドル①
専用着脱ハンドル②

TORERU2には鏡面仕上げのトレルのほかに、フォーマルスタイルの「つやなしブラック」や可愛らしいデザインが人気の「デコホーム商品」があります。

見た目のほかに違う点としては、主にセット商品の内容数や軽さ、ガス専用の用意や耐久力レベルです。

取っ手が取れるフライパンTORERU2は単品でも購入可能ですが、セットで購入した方が価格が下がります。

例として「TORERU鏡面タイプ12点セット」の価格は12,990円ですが、それぞれ単品で買うと16,816円。3,826円安くなります!!

ですが必要ないものが含まれることがあるので、必要なものだけ単品で揃えた場合の価格をチェックしておくといいですね。

単品価格はショッピングページで確認してください。

\単品価格をチェック/

TORERU商品展開と各サイズ

セット販売には含まれない商品は単品で購入できます。

TORERU商品サイズ展開

フライパン
20/26/28cm
1,790/2,490/2,790円

深型フライパン
24/26cm
2,490/2,790円

16/18/20cm
1,790/1,990/2,290円

ガラスふた
16/18/20/24/26/28cm
799/799/899/1,190/1,190/1,190円

シールふた
16/18/20cm
199/249/299円

玉子焼き器
幅21.4×奥行14.2×高さ4cm
1,790円

玉子焼き器セパレート
幅19.1×奥行20.4×高さ4.4cm
1,490円

専用ハンドル
幅18×奥行5×高さ3.5cm
1,290円

例えば玉子焼き器や、28㎝フライパンはどのセットにも含まれないので、追加で購入したい場合は単品購入するしかありません。

\玉子焼き器はこちら/

仕様

ニトリのトレルTORERU2シリーズは、カラーや質感に多少の違いがあります。

鏡面仕上げTORERU2/ブラックTORERU2/ベージュTORERU2の仕様を比較。

仕様鏡面ブラックベージュ
カラーシルバーブラックベージュ
重さ※1695g600g
耐久力レベルレベル4レベル3レベル3
IH/ガス火兼用ありありあり
ガス火専用ありなしなし
素材アルミニウム合金アルミニウム合金アルミニウム合金

※1 26㎝フライパンに取っ手を取り付けた時の重さ

ニトリの取っ手が取れる鍋フライパン・トレルがおすすめな人

ニトリの取っ手が取れるフライパンの特徴はズバリ!フライパンの取っ手が取れること。

取っ手が取れるのでフライパンの本体は身軽になり、自由度が高まるのが魅力です。

ここではあらためて、ニトリの取っ手が取れる鍋やフライパンがおすすめな人をおさらいします。

大皿料理大好き!面倒臭がりの人

料理があまり得意とは言えない、あまり好きではないという方は、料理の盛り付けやテーブルコーディネートに気を使うことも面倒に感じるのではないでしょうか?

筆者は持ち手があるフライパンでも、そのまま食卓へ出していました…。

ですがTORERUのフライパンなら、堂々と食卓に出すことができるので罪悪感もゼロ。

お皿に盛り付けたりお皿を洗う手間も減らせます。

日中仕事で忙しい!夕食の作り置きをする人

日中外で働いているかたで、朝のうちに夕飯づくりを済ませるかたにもオススメです。

カレーなどを作って鍋ごと冷蔵庫で保管し、帰宅後に温め直してすぐに食卓に出せるように準備している人もいるでしょう。

TORERUなら、ハンドルを外せるので冷蔵庫の中で場所を取らないだけではなく、鍋にピタリとハマる保存用のフタが付いているのでラップをかける手間も無し。

取っ手が取れるフライパン鍋は、朝も夜も忙しく働く主婦の味方になりそうです。

鍋の収納場所が足りない人

料理に合わせて鍋の大きさや形状の鍋を用意したいけど、収納する場所があまりないというかたにもトレルはおすすめ。

ハンドルが取れるので、お皿のように重ねて保管できます。

深型収納だから重ねると取り出しにくい…というお宅は、立てて並べた方がおさまりが良い場合も。

トレルは取っ手が無い分、立てて収納してもフライパンの取っ手が引き出しに挟まることがありません

トレルのフライパンはハンドルが取れるので、限りある収納スペースを上手に使うこととができます。

キッチンのシンクが狭いお宅

トレルは取っ手が取れるので、通常のフライパンに比べてシンクにそのまま置いても場所を取りません。

フライパンはお皿と違って大型なので、シンクがあまり広くないお宅だと洗い物どうしがぶつかり洗いづらかった経験があると思います。

シンクのふちにガンガンぶつけながら洗う作業に、ストレスを感じる人にもおすすめです。

フライパンを焦がしがちな人

うっかり空焚きしたり、よく料理を焦がしてしまうかたにもTORERUはおすすめです。

これも筆者がよくやりがちな料理の失敗なのですが、フライパンの前で長時間じっと待つのが苦手です。

ついその場を離れてスマホを操作したり、テレビに見入ってしまってフライパンを焦がしてしまった経験はないでしょうか?

使い方に問題があるのは分かっていても、ついつい同じことを繰り返すタイプの方は、フライパンを買ったところで鍋寿命が短いのではないでしょうか?

TORERUは価格の安さも魅力の一つ。

フッ素加工のフライパンは消耗品とあきらめて、焦げ付きが気になってきたら気軽に買い替えできる点もオススメなポイントです。

\単品で買えるトレルのフライパン/

ニトリの取っ手が取れるフライパン・トレルでよくある質問

ニトリの取っ手が取れるフライパンの、よくある質問を集めました。

表面に出てきにくい内容も多いので、購入を検討しているかたは事前にチェックしておきましょう。

食洗器には対応している?

対応していません。

使用する洗剤(食器洗浄用洗剤、その他アルカリ性洗剤)によって腐食や変色の原因になるそうです。

ですが筆者は密かに食洗器で洗っているのは秘密。耐久年数よりラクなほうを選択してしまいます。

アカリ

あくまでも自己責任において。

旧トレルの着脱ハンドルTORERU2で使える?

使えません。

ですが筆者宅にある旧ハンドルでTORERU2の鍋を掴んだところ、掴む分には掴めました。

ですが新ハンドルの方がぐらつかず安定性があるので、旧ハンドルをあえて使うことはあまりお勧めはできませんね。

取っ手を取った状態でオーブン調理は可能?

可能です。

グラタンやパエリアなど、大皿調理に向いています。家族みんなで取り分けるだけで、いつも以上にごちそうに見えてしまうから不思議です。

トレルの立てられる兼用ふたは単品で売ってる?

売られています。

12点・9点セットには立てられる兼用ふたがセットになっていますが、7点・5点・4点セットにはついていません。買い足したい場合は単品購入しましょう。

玉子焼き器がセットに含まれているものはある?

ありません。

単品で購入するしかありません。セパレートパンもあります。

鍋は揚げ物鍋として使える?

使えません。

ですが筆者は使っています…。旧トレルの深型フライパンがサイズ的にちょうどよく、ガチガチに汚れがこびりついていますが3年ほど使い続けています。

アカリ

あくまでも自己責任において。

実店舗と公式ネットショップ・楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングの公式ショップで価格は変わる?

変わりません。

ですが店舗・公式ネットショップと楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングとではポイントで差がつくので、いつも使っているネットショップを利用すれば、ポイントの分お得に買えます。。

\現在CM放映中の5点セットはこちら/

ニトリの取っ手が取れる鍋フライパン・トレルをお得に買う方法

ニトリのTORERUは実店舗はもちろんのこと、楽天市場などのインターネット通販や、ニトリ公式ネットページからも購入できます。

近年では楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングでも、取扱商品が増えてきて嬉しい限り。

ここでは少しでも安く購入したい人に向けて、TORERUをお得に買う方法をお伝えします。

複数そろえたいならセット買いがお得

新生活を始めるときや、フライパンや鍋を全て買い替えたいならば、単品で揃えるよりもセット買いがお得です。

前章でもお伝えしましたが、たとえばTORERU2・IH/ガス火用12点セットを一つずつ単品でそろえる合計16,816万円ですが、セットで購入すると12,990円で済みます。

3,826円安くなります!!

一気に買い揃えたいならセット買いのほうがお得です。

11,000円未満の買い物なら実店舗がお得

ニトリでの買い物が11,000円(税込)未満なら、送料がかからない実店舗での購入が一番お得

持ち帰り可能な商品ならば、ネットショップで商品の下調べした後に、実店舗で実物を確かめてから買った方が間違いが少ないと言えます。

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングユーザーはネットがお得

普段から楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングを活用される方ならば、店舗で買わずにネットショップ経由で購入した方がお得になることも。

合計が11,000円(税込)以上の買い物ならば、ニトリ公式ネットショップと同じく送料が無料です。

お得になる理由の一つに例えば楽天市場なら、スーパーセールやお買い物マラソンなど、購入金額や買い回りによってお得になるので、楽天ポイント倍増が期待できます。

現在セールが行われていないかショッピングサイトでチェックしてみましょう。

\現在CM放映中の5点セットはこちら/

中古・単品ならメルカリ購入も検討

中古品でも気にしない、単品で買い足したいならば、メリカリを覗いてみるのも一つの手です。

焦げ付いた使用済みフライパンを買うのは抵抗ありますが、ハンドルや保存フタならそこまで劣化を感じない状態のものも出品されています。

また、新品が出品されていることもあるので要チェックです。

株主優待券を活用する

ニトリでは株主優待としてもらえる株主優待券があります。

1枚につき、お買上げ商品10万円(税込)を上限として、1商品代金が10%割引きとなります。

全国の「ニトリ」もしくは「デコホーム」でご使用可能な株主優待券ですが、必ず有効期限をチェックして購入してください。

株主優待券は株主になって取得できるのはもちろんのこと、チケットセンターやメルカリでも入手が可能です。

ちょっと奥の手感はありますが、大型家具を購入するときのために、頭の隅に置いておきたい気もします。

まとめ:ニトリのトレルはお値段以上の商品である

鉄のフライパンのほうが長く使えそうですが、重くて手首に負担がかかるのでフッ素コーティングのフライパンを使っているという方も多いでしょう。

「フライパンは消耗品」と捉えるならば、できれば価格は抑えたいですよね。

ニトリは安さだけではなく、改良を重ねた使いやすさが売りです。

特に取っ手が取れるシリーズのTORERUは、収納スペースや盛り付けなど、調理以外のメリットが充実しています。

評判通りの良い商品だと思って筆者も長年にわたって使い続けているTORERU。

そう高くはない商品なので、一度試してみる価値はありそうですよ。

\現在CM放映中の5点セットはこちら/

目次