当ブログ限定!特典付き日当たり診断はこちら◀◀

リビングトイレの間取りは最悪?後悔しない音対策と見えない工夫

注文住宅で新築の間取りを考える時、トイレはどこに設置しようか悩みますよね。

トイレは頻繁に使うものなのでリビングに近い場所にあると便利なのですが、音や匂いの事も考えるとリビングやダイニングからは遠ざけたい。

けれども狭小なため、リビングトイレを余儀なくされてしまう場合もありますよ。

我が家はリビングトイレにして後悔をしていますが、最悪の事態を避けるた「音対策や設置の工夫次第」では、リビングトイレのメリットを取り入れることができそうよ。

ここではリビングトイレを10年使い続けて感じたメリットとデメリットをお話します。

\添削で間取りはもっと良くなる/

タップできる目次

リビングトイレの間取りは最悪?我が家の後悔談

まず先にお伝えをしておきますが、わが家のリビングトイレの間取りは最悪でした。

デメリットに感じた理由は次の通り。

  • リビングに音が聞こえる

これに尽きます。

こちらが我が家のトイレまわりの間取りです。

我が家の場合、リビングトイレと言ってもリビングからトイレの中が丸見えになる位置ではないのですが、家の気密性が高いこともあって家じゅうにトイレの音が響くのです。

この「音問題」は生活する上で様々な後悔を生み出しました。

食事中も容赦なくトイレの音がする

具体的な音の話は避けますが…トイレットペーパーをカラカラする音や、流す音はもちろん、ウォッシュレットの音もちゃんと聞こえます。

想像したくもないのにあの個室の中で今どのような状態にあるのか、リアルに想像できてしまうほど。

なんとかテレビが付いているときは音がかき消されて気になりませんが、シンとした状態だとしっかりと音が聞こえてきます。

来客時に最悪な状態に!

お客様はだいたいリビングやダイニングにお通ししますよね。

そうすると使う側も気を使いますが、来客者にも変気を使わせてしまいます。

そんな時はあえて盛り上がる話題を選んだり、テレビをつけっぱなしにするなどホスト側の苦労もはかり知れません。

引き戸だからこそ、さらに音が響いた

我が家のトイレは引き戸です。

引き戸にした理由は間取りのおさまりが良かったからと、この付近にドアが密集してしまったため、開けたときにぶつからないようにするためです。

結果的にトイレの音を最大化する原因を作ってしまいました。

引き戸にするということは、ドアの引き込みが必要な分

壁が薄くなる

ということです。

我が家にはトイレが2つありまして、2階のトイレは普通のドアなのですが、比べてみても引き戸のトイレほど中の音が漏れません。

普通のドアであることも音漏れがしにくい要因の一つでしょうが、壁の厚みのおかげもあります。

さらに、我が家の引き戸はガラガラ音が鳴るので

トイレに入ります!出ました!

アピールがものすごいです。

ここは想像もしていなかったのですが、トイレに入るたびに「ガラガラ」音がするの耳障りに感じてしまいます。

リビングトイレのメリット

ここまでさんざん後悔談を放ってきたので今さらメリットをお伝えしても、響かないかもしれませんね…。

とはいえやはり、リビングトイレにもメリットはたくさんあるんですよ。

トイレがリビングから近いほうが子育てはラク

我が家がリビングから近いところにした理由の一つに「子供が入りやすい」という点がありました。

当時はちょうどトイレトレーニングの時期でしたので、この時期は親の見が届く場所だったこともあり、親が毎度トイレまでついていかなくても大丈夫だったというメリットがあります。

トイレをお風呂に近づけやすい

お風呂の前にトイレに行く方は多いと思います。

我が家の場合、トイレを済ませた後に、脱衣所兼洗面所を通りお風呂に入る流れです。

玄関にトイレを設置する家も多いですが、玄関ドアを開けてトイレに行く動線に比べれば利用しやすいですよね。

冬場もトイレが暖かい

どんなに高断熱な家とは言えども、玄関が家の中で一番寒い場所になってしまうのは仕方のないことです。

よく使うトイレが玄関にあると、寒くて行くのがおっくうになってしまうということもあるのです。

ですがリビングトイレならば、一番暖かいリビングに近い位置にあるので暖たまりやすく、寒さが気にならなくなるのです。

リビングトイレの音対策

リビングトイレにする場合、一番問題になるのが音問題だと私は断言します。

できればくつろげるリビングやダイニングで、トイレの音は聞きたくないものです。

そこで長年リビングトイレを経験している私が思った「こうしておけば良かった!」と思うことをお伝えします。

流す音が静かなトイレを選ぶべし

我が家の場合、「標準トイレ」と言われる住宅メーカー側が指定するトイレをそのまま設置しました。

トイレによって流す音の大きさに違いがあるということを知らなかった…。

家を建てる当時は予算の事で頭がいっぱいでした。

標準で付けれて追加料金がかからないならば!とトイレの種類について深く考えることをしなかったんですね。

おかげで今これだけ「音問題」に頭を悩ませているわけですから、静音仕様のトイレを選ぶべきだったと後悔しています。

カラカラ音の出ないトイレットペーパーホルダや紙

トイレの音問題は流す音だけではありません。

トイレの紙を巻き上げる「カラカラ」とした音も、非常に不快な音ですよね。

ですがトイレのカラカラはトイレットペーパーホルダや、芯のないトイレットペーパーを選ぶことで音を小さくできますので、すぐに対策できそうですね。

隙間テープを使う

音漏れは、壁の薄さやドアの作りによっても音の伝わり方が変わってきます。

隙間風を防止する隙間テープをトイレのドアの隙間に貼ることで、少しだけですが音の軽減に役立ちます。

リビングトイレの目隠し対策

リビングトイレにする場合、リビングからトイレの中が丸見えになってしまう事態も起こり得ます。

特に子供が使った後は「トイレのドアが開けっ放しになりがち」なんてこともあるんですよね。

そんな事態を避けるために、トイレにドアクローザーを設置してみてはいかがでしょうか?

我が家では寒さ対策のため、玄関の内ドアにドアクローザーを設置しています。

こうすることで家中の「ドアの開けっ放し問題」が解決しますよ。

設置方法はこちらで詳しく書いています。

イエジタ
引き戸の自動化は簡単だった!10分で取り付けクローザーを紹介 | イエジタ 引き戸を自動化したいという方。 後付けできる引き戸クローザーを使えば簡単に引き戸を自動化できます。 このクローザーの力を借りれば、開けっ放し解消はもちろんのこと、...

リビングトイレでも音対策目隠し対策で快適に

出来ればリビングトイレは避けたいけれど、どうしてもリビングトイレになってしまう。

小さな子供や高齢者がいるのでリビングトイレを希望!なんて場合は、リビングトイレのデメリットになる「音対策」「目隠し対策」を積極的に取り入れましょう。

  • 引き戸は避ける
  • 隙間テープを活用
  • 音がしづらいトイレットペーパーを選ぶ
  • 芯のないトイレットペーパーにする

「音対策」「目隠し対策」ををすることでメリットを生かして生活できそうです。

トイレはどこがいい?よくある3つの配置場所の特徴を比較

トイレの設置場所としてよくあるのが次の3つです。

  • 玄関フロア近く
  • 洗面所の近く
  • LDKの近く

それぞれのトイレの場所の問題点や使いやすさ、を7つの視点から比較してみます。

トイレの設置場所玄関フロア近く洗面所近くLDK近く
ニオイや音の伝わり
来客者に貸しやすい
お風呂前の使用
トイレの暑さ・寒さ
出かける前・帰宅時
小さな子どもの使いやすさ
ふだん落ち着いて利用できるか
玄関先での来客時の利用
  • 使いやすさ重視ならLDK近く
  • 効率化を図るなら洗面所近く
  • プライベート空間を守りたいなら玄関

といった感じでしょうか?

それぞれにメリットデメリットはつきものですが、自分たちが重視したいポイントはどこか?を確認してトイレを配置すると後悔が少なくなりそうですね。

新築のリビングでよくある後悔はこちらの記事でまとめています。

リビング間取りのお悩みポイントをいくつも掲載していますのでご覧ください。

新築のトイレでよくある後悔はこちらの記事でまとめています。

玄関間取りのお悩みポイントをいくつも掲載していますのでご覧ください。

今の間取りで満足ですか?

間取りの後悔を減らせる!4つのセカンドオピニオン活用法

家づくりのセカンドオピニオンをご存じですか?

セカンドオピニオンと聞けばお医者さんを思い出しますが、家を建てるときに相談できる第二の建築士を「セカンドオピニオン」と呼びます。

当ブログでは、今だから間に合う!3つのセカンドオピニオンをおすすめしています。

\ まずは登録からはじめよう /

アカリ

ココナラ無料登録で1,000ポイントもらえる!!

招待コードはこちら▶▶ QQNHVK

ココナラでお友達紹介キャンペーンを実施中!
上のボタンから会員登録後、プロフィールに「招待コードを入力」して電話番号認証を行うと、商品購入に使える1,000ポイントもらえるよ!

間取りプラン作成

間取りプラン作成がおすすめな人
  • ぼんやりとした間取りを形にしたい
  • 間取りアプリが難しくて手に負えない
  • もっと良い間取りがあるのではないかと不安
  • 住宅会社の間取りがしっくりこない

間取りのプラン作成は、いちから間取りを作ってもらいたい人におすすめです。

10年前に家を建てた我が家ですが間取りの後悔が多すぎたので「もう一度家を建てるならこんな家!」というコンセプトでココナラの間取りプラン作成TACTILE designさんにお願いしました。

同じ敷地に建てることを想定して依頼してみましたが、今とはまるで違った間取りが完成して驚きました。

担当する建築士さんによって作られる間取りは違ってくるんだな…と感じました。

ココナラの間取りプランの制作は、おおよそ15,000円~30,000円ほどで依頼できます。

わが家の新間取りプランを確認したい人はこちらの記事からご覧ください。

間取り診断

間取り診断がおすすめな人
  • 間取りが完成したけどこのまま建てていいか不安
  • 自分たちに合った間取りがよくわからない
  • 間取り作り誰かに手伝ってほしい
  • プロの人に間取りをまるっと依頼したい

間取り診断は、完成した間取りが「本当にこれでいいのか心配…」という方におすすめのサービスです。

こちらはわが家の間取り診断で、ココナラの間取りチェックサービスMHsekkeiさんに依頼しました。

ココナラではたくさんの一級建築士がスキル出品しており、忖度のない意見で第三者として冷静にあなたの間取りチェックをしてくれます。

間取りが完成した人はもちろん、これから間取り作りを始める方も利用できるサービスですの。

住宅メーカーや工務店が決まったら、ぜひ活用したいサービスですね。

価格は2,000~20,000円ほどと幅がありますが、一生住むかもしれない家の後悔が数千円で減らせればラッキーだと思いませんか?

わが家の間取り診断をくわしく見たい方はこちらの記事をご覧ください。

コンセント診断

コンセント診断がおすすめな人
  • コンセントの数が足りないか不安
  • コンセントの位置で失敗しないか心配
  • スイッチの位置が間違っていないか確認してほしい
  • 電気をつけても暗くなる場所を見てもらいたい

コンセント診断とは、スイッチなどを含めた電気図面をチェックしてもらえるサービスです。

こちらはココナラで一級建築士のまどりっくすさんに依頼したときのもの。

間取り診断と一緒にコンセント診断をしてくれるサービスもありますが、個別で依頼することで深く診断してもらえる傾向にあります。

コンセントやスイッチの位置を間取りのオマケ程度に考えてしまい、住んでから後悔する方が多いです。

どんな電化製品をどこでどのように使用するのかをイメージするのが大切ですが、家づくりは考えなければならないことが多すぎて、コンセントはつい妥協してしまいがちに。

現役の一級建築士や女性ならではの目線でチェックしてくれる建築士など、頼りになるプロが数千円からコンセント診断を出品しています。ぜひココナラのコンセント診断をチェックしてみてください。

我が家がコンセント診断を依頼したときの様子はこちらの記事をご覧ください。

日当たり診断

日当たり診断がおすすめな人
  • 家に日が入るか不安
  • 暗い部屋ができないか心配
  • 夏至と冬至の日の入り方を確認したい
  • 日照だけではなく採光を知りたい

日当たり診断とは、土地や家の日当たりを、入居前に調べることができるサービスです。

住宅は完成していなくても、おおよその間取りが完成していれば診断ができます。

日当たり診断をすることで、暗い部屋になる後悔を未然に回避することができますよ。

こちらは実際の我が家の日当たり診断です。太陽の光がどれだけ家の中に差し込むかの「日照」を調べる診断です。

住んでる地域や方角を伝えることで、このような動画を作成してくれるサービスがあります。

この日当たり診断は、一級建築士の間取作造さんに依頼しました。

室外の自然光がどれだけ室内に入るかを可視化できる「採光・照度シミュレーション」もできますので、入居後の部屋の明るさの不安がいっきに解消されそうですね。

日当たり診断をしてくれる出品者は数が少なく、価格も1万円程度と間取り診断に比べるとお高めですが、たったの1万円でマイホームブルーを回避できると考えれば破格だと思います。

我が家が日当たり診断を依頼したときの様子はこちらの記事で書いています。

なぜココナラがおすすめなのか?

ココナラで放映中のCM

「得意を売り買いココナラ♪」

というフレーズでおなじみの、ココナラCMをご存じの方も多いと思います。

ココナラとは、個人のスキルを売り買いできる日本最大級のスキルマーケットです。個人で不要になったものを売り買いできる「メルカリ」のスキル版といったところですね。

大事な大事な家づくり。特にココナラのセカンドオピニオンをおすすめする理由は次の3つです。

  1. 価格がリーズナブル
  2. レスポンスが早い
  3. Webだけで完結・簡単・安心して取り引きができる

ココナラの家づくり診断はリーズナブル

ココナラの家づくり診断は、どう考えても安すぎます。

間取り診断をはじめとした家づくりスキルを出品をされている方がたくさんいらっしゃいますが、その8割ほどが「一級建築士」の方なんです。

現役で住宅メーカーでお仕事されている方もいれば、フリーで活動している方もいます。

経験も知識も豊富な一級建築士の知恵を、たったの数千円で購入できるだなんて、普通に考えても安すぎると思いませんか?

この安さの理由は組織に属さず個人の「副業」として出品していたり、個人事業主として活動されている方が多いから。

ココナラは複雑な組織に属さないからこその低価格であり、個人で価格を設定できるなど自由度が高いプラットフォームなんです。

  • ココナラの新規参入出品者は特にリーズナブル
  • ココナラの中で価格戦争が起きている
  • 建築事務所に依頼すると5万円ほどかかる

これらを見るだけでも、価格の面でココナラがおすすめなのか理解いただけると思います。

商品価格のほかに、一回の支払いごとの価格に対してサービス手数料「5.5%」が購入者側にかかるので前もって知っておくと安心ですね。

レスポンスが早く、親切丁寧(特に建築士の方は…)

出品者にもよりますが、基本レスポンスが早いのがココナラの特徴です。

なぜならばレスポンスの早さも、ココナラの評価の基準になるからです。

ココナラでは購入者の満足度など、出品者を評価する基準を数多くもうけています

これらの評価を総合的にみて、出品者をランクアップさせるシステムになっているのです。

これを怠ってしまうとたちまちランクが下がってしまい、購入者からの見え方に影響が出てしまいます。

そこで出品者は必死に期待に応えるべく、親切丁寧な対応を心掛けているんですね。

顔も知らない相手とテキストだけでやり取りするなんて不安…と感じる方も多いと思います。

ここで筆者の経験上のお話をすると、取引相手のほとんどが一級建築士ですので、偏見丸出しを承知でお伝えすると…一級建築士の方は職業柄か、しっかりとした取引をしてくれる方ばかりです。

これまで複数の方に取引いただきましたが、不十分な成果物を提出してきたり、横柄な態度に出る方は一人もいませんでした。

Webだけで完結・簡単・安心して取り引きができる

ココナラで商品を買うと、出品者とのトークルームが開きます。LINEのようなチャット形式で取引が進みます。

個人間で行う普通のメールのやり取りでは、このようなスムーズな取引は難しそうです。

家づくり診断は、図面のやり取りで取引できるのでweb完結が可能です。

すきま時間で返答や回答を繰り返し、満足のいく的確なアドバイスをいただけるのは、ココナラで用意した取引環境がそろっているからだといえますね。

成果物を受け取った後は「正式な納品」という合図が出品者から送られてくるので、こちらが承認するとトークルームがクローズ(取引終了)する仕組みです。

料金は前払いでココナラに預け、取引のクローズ後に出品者へ渡る仕組みになっています。ここもメルカリの取引の流れと似ていますよね。

ココナラでは取引内容を運営側が管理してくれますし、万が一トラブルが起きたら相談できるシステムなので安心して取引ができます。

このようなプラットホームに属さない個人間のやり取りとなると、トラブル時には誰にも頼ることができません。

5.5%の手数料を払ったとしても、ココナラに仲介してもらうメリットは多そうです。

最後の仕上げにプロのチェックを受けてみたい!という方は、私と同じようにココナラで家づくり診断を依頼してみてはいかがでしょうか?

\ まずは登録からはじめよう /

アカリ

ココナラ無料登録で1,000ポイントもらえる!!

招待コードはこちら▶▶ QQNHVK

ココナラでお友達紹介キャンペーンを実施中!
上のボタンから会員登録後、プロフィールに「招待コードを入力」して電話番号認証を行うと、商品購入に使える1,000ポイントもらえるよ!

タップできる目次