間取り・設備

ニトリのカラボで「リビング学習」できるスペースを簡単DIY

どうもこんにちは!キタノです。

「子供の学力をアップさせる効果がある」と評判のリビング学習ですが、ダイニングテーブルを占領されるのはちょっと・・・という方に。

わが家で活躍してくれた「リビング学習スペース」の作り方を紹介させていただきます。

材料をそろえて簡単5分!リビング学習机の作り方

DIYとは言えないけれど、「リビング学習机」の作り方をご紹介。

まずは材料を確認します。

材料:カラーボックス2つ・天板に使う板1枚・滑り止めシート2枚
引き出しを付けたい方はご自由にどうぞ

材料選びが一番大事

わが家のカラーボックスは、実際のところニトリのカラボではありませんが、これから準備する方は、収納ボックスのバリエーションも豊富な「カラボ」をおススメしています。

カラーボックスを選ぶとき、3段の物は高さがありすぎて使いにくいので、2段のものがおすすめです。

板を買う前に、カラーボックスを準備しましょう。

カラーボックスのサイズに合わせて、天板になる板を購入します。

カットが必要な場合、ホームセンターでワンカット50円くらいなので、おまかせするのが一番良いかと。

ヤスリで面取りしておくと、トゲが無くなり子供も安心して使えます。

好みの色にカラーリングできるのも、DIYの良い所ですね。

天板の板は薄いとたわむので、ちょっと厚めをおすすめします。わが家は2.3㎝のものを使いました。

作業の手順は「乗せるだけ」で簡単にできちゃう学習デスク

カラーボックスの上に、直接 天板をのせるとズレて使いにくいので、100均などで売られている滑り止めシートを敷きましょう。

もちろん釘で固定するのもアリだと思います。

ちょうど良いサイズにカットしてもらった天板をのせて、「ハイ、完成」(笑)

わが家の天板の長さは125㎝ぐらい。

キッチンサイズに合わせて、長めの天板を使うときは、中間地点にもカラーボックスを配置すると安定します。※カラーボックスを3~4個使用。

学習机をあらかじめ2個に分けて作っておくと、こんな感じでクリスマスツリーを飾りたい時などに、キッチン前に机を2つ並べて使うなど、レイアウトの変更ができますよ。

余談ですが、とても仲のいい兄弟が使う場合は問題ないですが、そうでもない場合、距離を近づけすぎると「ぶつかるんだけど!」とか、くだらないケンカに発展するので要注意(笑)

この当時の失敗談ですが、パイプ椅子は不向きでした。

小さいうちは座りづらいし不安定。座面が取れてしまうハプニングもありました。

勉強に集中させるためには、動きにくいどっしりとした椅子がおすすめです。

わが家では、後にこの椅子に変更しました。

リサイクルショップで見つけてきたものです。

どっしりしすぎて邪魔でしたが、机に近づけて配置すると立ち上がりにくくなるので、簡単に勉強を切り上げられず「机につなぎとめておく効果」はバツグンでした(笑)

役目を終えたリビング学習机の今

子供部屋で勉強するようになり、立派にお役目を果たしたカラーボックスの学習机ですが、また別の役割を与えられて、今も活躍してくれています。

カラーボックスを一列並べ、部屋干しコーナーの下に配置。

子供部屋に近い所にあるので、大きくなっても使えるおもちゃを入れたり、アイロンやサーキュレーターを収納しています。

物干し竿の下に棚があるのって、意外と使いやすいことを発見。

濡れた洗濯物を置いておけるので、一枚ずつ洋服を取る時に「かがまなくても干せる」という点と、乾いた洗濯物を「畳みながら置いておける」メリットも。

こちらのプリンター台は、学習机に使っていた天板を、さらにリメイクしたものです。

既存のレターケースがピッタリ収まって大満足。

DIYって、思い通りに加工ができるのが良いですよね。

下に収まっているボックスは、プリンターが入っていた箱を再利用。

布を張ろうとそのまま放置されて数カ月たちました(笑)

ダンボールDIYの記事はこちら↓↓

簡単0円で出来る!!ダンボールで収納ボックスを自作する 100均もネット通販も探したけれど、棚にピッタリ収まる収納ケースがみつからない! そんなあなたにオススメなのが「段ボールで自作する...

子供の成長と共に、暮らしやすいと感じる「部屋のレイアウト」は変わってきます。

今回ご紹介した学習机も2代目で、幼稚園のときは高さが50cmくらいのものを使っていました。

そして今はパソコン台に・・・(笑)

造り付け家具を選ぶときは、将来を見越して慎重に選ぶと後悔が少なくなるかもしれませんね。

リビング学習のメリットについて書いた記事はこちらです↓↓

リビング学習できる間取りって本当に効果ある?6年間続けた我が子の事例どうもこんにちは!キタノです。 一条工務店で家を建ててから丸10年。 小さかった息子も中学生になり、学習の大切さを感じる今日...
あわせて読みたい