お風呂の引き戸で後悔する?知っておきたい7つのデメリット

お風呂を引き戸にしたいけど、入居後に後悔しないか心配ですよね?

お風呂の扉の選択肢は、主に次の3種類。

  1. 折り戸
  2. 開き戸
  3. 引き戸

中でも引き戸は一番人気が高く、価格も一番高い。

バリアフリーなので小さな子供から高齢者にいたるまで、扱いやすくシンプルな扉な点が人気を集めています。

そんな引き戸ですが、設置したあとに後悔しないか心配、という方に「お風呂の引き戸のデメリット7つ」を集めました。

これらのデメリットを許せるならば、迷うことなくお風呂の扉を引き戸にされてみてはいかがでしょうか?

\添削で間取りはもっと良くなる/

タップできる目次

お風呂の扉を引き戸にする後悔とデメリット7つ

お風呂の扉に引き戸を検討している人に、事前に知っておきたいデメリットを集めました。

前もってにデメリットを知っておくことで、間取りの後悔を減らすことができますよ。

引き込みスペースが必要

お風呂のドアを引き戸にする場合は、引き込みスペースが必要です。

新築で家を建てる場合、後付けできるお風呂の引き戸とは違って、壁を薄くして引き込み部分を設けるのが一般的です。

耐力壁が削られる

お風呂や脱衣所はリビングの広いスペースと違って、限られた空間で扉を付ける必要性があります。

そうなると、家の構造に必要な耐力壁を削ってしまわないか心配が出てきます。

壁の位置によりますが、壁量計算によっては引き戸が採用不可能な場合もあるので、担当建築士さんとよく相談してみましょう。

扉面積が広くなる

引き戸の部分と引き込み部分を合わせると、折れ戸や開き戸に比べて扉の占める面積が広がります。

お風呂の引き戸は室内の引き戸のように戸袋がありません。

そうなると見た目のシンプルさに欠けてくるので、メーカーや扉のデザインにもよりますがスッキリしない印象になることも。

有効に使える壁面が減る

お風呂の扉を引き戸にするということは、使える壁がなくなります。

脱衣所内に壁付けで棚を設けるなどしたい場合、有効的に使える壁面が減ってしまうんです。

最近ではウォールシェルフなど壁を上手に利用できるものもあるので、そのようなアイテム設置を考えている場合はこのあたりも考慮しておきましょう。

扉にタオルがかけられない

折れ戸や開き戸の場合、扉にタオルを掛けたりバスタオルを掛けたりすることができますが、引き戸の場合は難しくなります。

扉が納まる部分に洗濯機を置いたりすると、引っかかりが手来てしまうためタオル掛けが設置できなくなるんです。

扉にタオルを掛けられる便利さを求めている方は、使い勝手に不満を感じることがあります。

レールの掃除が大変

お風呂の扉の中で、一番掃除が大変だと言われるのが引き戸。

扉の部分と引き込み部分、両方のレールの掃除が必要になります。

折れ戸や開き戸のように空間を塞ぐ扉の閉め方とは違い、引き戸は床に敷いたレールの上を滑らせる構造なので、溝が複雑になっています。

重みのある扉なら汚れを踏みつけてしまうため、汚れが落ちにくくなることも。

他の扉に比べて価格が高め

折れ戸 < 開き戸 < 引き戸

の順番で価格が高く設定されています。

メーカーにもよりますが、開き戸の1.5倍とになることも。

あらゆる面でメリットが多い「開き戸」ですが、他の扉と比較すると値が張る覚悟が必要です。

扉の開閉時に勢いがつく危険性

開き戸は開閉しやすいメリットがありますが、言い換えれば勢いよく開閉するとも言えます。

小さな子供がいる場合は、指を挟んでしまう危険が伴うので、扉の開閉時には注意が必要です。

ソフトクロージング機能がある引き戸もあるので検討してみると良いですね。

気密性が低く音漏れしやすい

開き戸に比べて引き戸は密閉性に劣ります。

すき間ができやすいのでその分気密性が低くなる。

浴室の暖かさが逃げてしまう可能性と、浴室内の音が外に漏れやすくなる可能性が。

そこまで気にする必要はなさそうですが、気密性や音漏れ問題は「引き戸」の宿命である事を覚えておいた方がよさそうです。

まとめ:お風呂の引き戸で後悔しない!事前にデメリットを知っておこう!

バリアフリーで小さな子供からお年寄りまで、安心して使えるのがメリットの引き戸。

扉の開閉時に前後にスペースを必要としない事からも、狭い空間だからこそ空間を有効的に使えるメリットがあります。

お風呂を引き戸にするデメリットは次の7つでした。

  1. 引き込みスペースが必要
  2. 有効に使える壁面が減る
  3. 扉にタオルがかけられない
  4. レールの掃除が大変
  5. 他の扉に比べて価格が高め
  6. 扉の開閉時に勢いがつく危険性
  7. 気密性が低く音漏れしやすい

これらのデメリットを乗り越えられそうならば、メリットがたくさんある「お風呂の引き戸」はみ力的ですよね。

全てにメリットとデメリットがありますから、メリットがデメリットを上回るようでしたら引き戸にすることをおすすめします。

当ブログではこのほかにもお風呂について記事を書いています。

お風呂の窓なしは後悔する?

⇒1.25坪と1坪タイプのお風呂を比較

今の間取りで満足ですか?

間取りの後悔を減らせる!3つのセカンドオピニオン活用法

家づくりのセカンドオピニオンをご存じですか?

セカンドオピニオンと聞けばお医者さんを思い出しますが、家を建てるときに相談できる第二の建築士を「セカンドオピニオン」と呼びます。

当ブログでは、今だから間に合う!3つのセカンドオピニオンをおすすめしています。

間取り診断

間取り診断がおすすめな人
  • 間取りが完成したけどこのまま建てていいか不安
  • 自分たちに合った間取りがよくわからない
  • 間取り作り誰かに手伝ってほしい
  • プロの人に間取りをまるっと依頼したい

間取り診断は、完成した間取りが「本当にこれでいいのか心配…」という方におすすめのサービスです。

こちらはわが家の間取り診断で、ココナラの間取りチェックサービスMHsekkeiさんに依頼しました。

ココナラではたくさんの一級建築士がスキル出品しており、忖度のない意見で第三者として冷静にあなたの間取りチェックをしてくれます。

間取りが完成した人はもちろん、これから間取り作りを始める方も利用できるサービスですの。

住宅メーカーや工務店が決まったら、ぜひ活用したいサービスですね。

価格は2,000~20,000円ほどと幅がありますが、一生住むかもしれない家の後悔が数千円で減らせればラッキーだと思いませんか?

わが家の間取り診断をくわしく見たい方はこちらの記事をご覧ください。

コンセント診断

コンセント診断がおすすめな人
  • コンセントの数が足りないか不安
  • コンセントの位置で失敗しないか心配
  • スイッチの位置が間違っていないか確認してほしい
  • 電気をつけても暗くなる場所を見てもらいたい

コンセント診断とは、スイッチなどを含めた電気図面をチェックしてもらえるサービスです。

こちらはココナラで一級建築士のまどりっくすさんに依頼したときのもの。

間取り診断と一緒にコンセント診断をしてくれるサービスもありますが、個別で依頼することで深く診断してもらえる傾向にあります。

コンセントやスイッチの位置を間取りのオマケ程度に考えてしまい、住んでから後悔する方が多いです。

どんな電化製品をどこでどのように使用するのかをイメージするのが大切ですが、家づくりは考えなければならないことが多すぎて、コンセントはつい妥協してしまいがちに。

現役の一級建築士や女性ならではの目線でチェックしてくれる建築士など、頼りになるプロが数千円からコンセント診断を出品しています。ぜひココナラのコンセント診断をチェックしてみてください。

我が家がコンセント診断を依頼したときの様子はこちらの記事をご覧ください。

日当たり診断

日当たり診断がおすすめな人
  • 家に日が入るか不安
  • 暗い部屋ができないか心配
  • 夏至と冬至の日の入り方を確認したい
  • 日照だけではなく採光を知りたい

日当たり診断とは、土地や家の日当たりを、入居前に調べることができるサービスです。

住宅は完成していなくても、おおよその間取りが完成していれば診断ができます。

日当たり診断をすることで、暗い部屋になる後悔を未然に回避することができますよ。

こちらは実際の我が家の日当たり診断です。太陽の光がどれだけ家の中に差し込むかの「日照」を調べる診断です。

住んでる地域や方角を伝えることで、このような動画を作成してくれるサービスがあります。

この日当たり診断は、一級建築士の間取作造さんに依頼しました。

室外の自然光がどれだけ室内に入るかを可視化できる「採光・照度シミュレーション」もできますので、入居後の部屋の明るさの不安がいっきに解消されそうですね。

日当たり診断をしてくれる出品者は数が少なく、価格も1万円程度と間取り診断に比べるとお高めですが、たったの1万円でマイホームブルーを回避できると考えれば破格だと思います。

我が家が日当たり診断を依頼したときの様子はこちらの記事で書いています。

なぜココナラがおすすめなのか?

ココナラで放映中のCM

「得意を売り買いココナラ♪」

というフレーズでおなじみの、ココナラCMをご存じの方も多いと思います。

ココナラとは、個人のスキルを売り買いできる日本最大級のスキルマーケットです。個人で不要になったものを売り買いできる「メルカリ」のスキル版といったところですね。

大事な大事な家づくり。特にココナラのセカンドオピニオンをおすすめする理由は次の3つです。

  1. 価格がリーズナブル
  2. レスポンスが早い
  3. Webだけで完結・簡単・安心して取り引きができる

ココナラの家づくり診断はリーズナブル

ココナラの家づくり診断は、どう考えても安すぎます。

間取り診断をはじめとした家づくりスキルを出品をされている方がたくさんいらっしゃいますが、その8割ほどが「一級建築士」の方なんです。

現役で住宅メーカーでお仕事されている方もいれば、フリーで活動している方もいます。

経験も知識も豊富な一級建築士の知恵を、たったの数千円で購入できるだなんて、普通に考えても安すぎると思いませんか?

この安さの理由は組織に属さず個人の「副業」として出品していたり、個人事業主として活動されている方が多いから。

ココナラは複雑な組織に属さないからこその低価格であり、個人で価格を設定できるなど自由度が高いプラットフォームなんです。

  • ココナラの新規参入出品者は特にリーズナブル
  • ココナラの中で価格戦争が起きている
  • 建築事務所に依頼すると5万円ほどかかる

これらを見るだけでも、価格の面でココナラがおすすめなのか理解いただけると思います。

商品価格のほかに、一回の支払いごとの価格に対してサービス手数料「5.5%」が購入者側にかかるので前もって知っておくと安心ですね。

レスポンスが早く、親切丁寧(特に建築士の方は…)

出品者にもよりますが、基本レスポンスが早いのがココナラの特徴です。

なぜならばレスポンスの早さも、ココナラの評価の基準になるからです。

ココナラでは購入者の満足度など、出品者を評価する基準を数多くもうけています

これらの評価を総合的にみて、出品者をランクアップさせるシステムになっているのです。

これを怠ってしまうとたちまちランクが下がってしまい、購入者からの見え方に影響が出てしまいます。

そこで出品者は必死に期待に応えるべく、親切丁寧な対応を心掛けているんですね。

顔も知らない相手とテキストだけでやり取りするなんて不安…と感じる方も多いと思います。

ここで筆者の経験上のお話をすると、取引相手のほとんどが一級建築士ですので、偏見丸出しを承知でお伝えすると…一級建築士の方は職業柄か、しっかりとした取引をしてくれる方ばかりです。

これまで複数の方に取引いただきましたが、不十分な成果物を提出してきたり、横柄な態度に出る方は一人もいませんでした。

Webだけで完結・簡単・安心して取り引きができる

ココナラで商品を買うと、出品者とのトークルームが開きます。LINEのようなチャット形式で取引が進みます。

個人間で行う普通のメールのやり取りでは、このようなスムーズな取引は難しそうです。

家づくり診断は、図面のやり取りで取引できるのでweb完結が可能です。

すきま時間で返答や回答を繰り返し、満足のいく的確なアドバイスをいただけるのは、ココナラで用意した取引環境がそろっているからだといえますね。

成果物を受け取った後は「正式な納品」という合図が出品者から送られてくるので、こちらが承認するとトークルームがクローズ(取引終了)する仕組みです。

料金は前払いでココナラに預け、取引のクローズ後に出品者へ渡る仕組みになっています。ここもメルカリの取引の流れと似ていますよね。

ココナラでは取引内容を運営側が管理してくれますし、万が一トラブルが起きたら相談できるシステムなので安心して取引ができます。

このようなプラットホームに属さない個人間のやり取りとなると、トラブル時には誰にも頼ることができません。

5.5%の手数料を払ったとしても、ココナラに仲介してもらうメリットは多そうです。

最後の仕上げにプロのチェックを受けてみたい!という方は、私と同じようにココナラで家づくり診断を依頼してみてはいかがでしょうか?

\ まずは登録からはじめよう /

アカリ

今なら1,000ポイントもらえる!!

招待コードはこちら▶▶ QQNHVK

ココナラでお友達紹介キャンペーンを実施中!
上の緑のボタンから会員登録後、プロフィールで「招待コードを入力」して電話番号認証を行うと、商品購入に使える1,000ポイントもらえるよ!

タップできる目次