リビング・階段

リビング階段だと子供は嫌がる?「育児の視点」で見たメリットとデメリット

リビング階段にしようと思うけど、今後どんなメリットやデメリットが待ち受けているのかな?って、ちょっと不安だったりしませんか?

しかし前もってデメリットを知っておくことで、後に大きく後悔することはありません。

だって

「想定の範囲内!」

って思えれば、だいぶ気持ちが楽になりますから。

わが家はリビング階段の家に住んでから11年が経ちました。

この記事では「育児の視点」から、子供の成長で変わりゆく「リビング階段のメリットとデメリット」を振り返ってみたいと思います。

キタノ
キタノ
赤ちゃんから思春期まで見守りました~。

\間取りで悩んでいる人におすすめの記事/

間取り診断「セカンドオピニオン」をココナラ依頼!後悔ポイント発見作成した間取りに問題がないかどうか? 診断してもらえるサービスがあるのをご存じですか? その界隈では「間取りのセカンドオピニ...

リビング階段の子供対策【柵が必要な赤ちゃん時代】

子供がハイハイを始めるようになると、リビング階段は危険がいっぱいなんです。

特につかまり立ちや段差の上り下りが楽しい年齢のころは、子供から目が離せなくなりますよね。

目を離したすきに、子供が階段から転落!なんてことになったら大変です。

キタノ
キタノ
実は1歳の頃、2階から滑り落ちたことがあります(無傷でした)

活発に動くようになったら子供対策としてベビーゲートなどを使って、子供が階段に侵入できないようにする必要が出てきます。

子供の成長は嬉しいのですが、どんどん危険があふれてきますから、

赤ちゃん時期のリビング階段は

「デメリット」

であるといえますね。

そして階段の作りによっては、ベビーゲートが上手くハマらない形状になることも。

これから家づくりをする方は、そのあたりも考慮して間取り作り作りを進めましょう。

幼児時代はメリット!?「気配」が分かるリビング階段

幼稚園くらいになると、しだいに親から離れても平気になってきますし、階段の上り下りはほとんど心配がなくなります。

とはいえ、子供の格好の遊び場になってしまうのでそこは注意が必要ですよ。

幼稚園ごろの年になると、子供は自分の部屋で遊ぶことが増えてきます。

キタノ
キタノ
増える玩具の置き場に困って、子供部屋に押し込むようになるんですよね…。

玄関フロアから繋がる独立階段の場合だと、子供の遊ぶ様子がほとんど分かりません。

ですがリビング階段の場合は部屋のドアを開けていれば、声や音で遊んでいる様子が伝わってきます

いくら大きくなってきたからと言って、しばらく子供の気配がしないと心配になりますよね?

リビング階段だと空間がつながっているため、みっちり子供を見張ってなくても様子が分かるので安心できそうです。

小学生の頃はデメリット!?子供の友達に目撃される母

リビング階段の究極のデメリットはこれかな?

小学生くらいになると学校帰りに遊ぶ約束をしてきます。

特にこのころはゲームで遊ぶのが大好きですから、お友達を呼んで部屋でゲームをする機会が増えるんです。

リビング階段だと、子供のお友達がぞろぞろとリビングを通ります。

そうなると親の方ものんびりソファーで寝っ転がっていられませんよね?

「〇〇の母ちゃんソファーで寝てた!」

なんてお母さんに報告されたら嫌ですし。

子供の友達が遊びに来ている時間は、突然1階に下りてくることも想定して、多少警戒しなければなりません。

そういう点ではリビング階段は

デメリットかな?

と感じます。

2階にトイレがあると子供の友達が来た時も便利!というお話をこちらの記事で書いています。

2階にトイレは必要?いらない?「子供の成長で見る使用頻度」メリットとデメリット「2階にトイレは必要か?不要か?」 これから新築の注文住宅を考えている家族にとって、家づくりの大きな悩みだと思います。 入居...

中学生の頃は子供が嫌がる!?思春期でも安心できるリビング階段

中学生の頃になるとやってくるのが思春期です。

なんでも「めんどくせー」とか「普通」とか「別に」とか言ってきます。

子供からしたらいちいち声をかけられてしまうリビング階段を嫌がることもありますが、子供の様子をうかがえるので親としてはメリットを感じます。

この時期に玄関フロアからの独立階段だと、「ただいまー」くらいは言ったとしても、リビングにわざわざ顔を見せに来るとは思えません。

どこまでお家のルールを決めるかにもよりますが、学校からのお知らせプリントを出してくれなかったり、表情をチェックできないので「何かあったな?」とか察することが難しくなるでしょうね。

これは日中家に要られるご家庭に限ったメリットかもしれませんが、学校帰りにかかわらず、通りがかりの表情で様子がうかがえるのはメリットかな?と思ってます。

特に中学生頃になると、部屋にこもることが多くなります。

子供部屋がどのくらいから使われるようになるか?をまとめた記事がこちらです。

子供部屋はいつから使われる?10年間を成長別に見たグラフ小さなお子さんをお持ちの方なら、最初はほとんど「子供部屋が使われない」のをご存知だと思います。 小さい頃は「ママぁ~」って母親にべ...

子供とリビング階段のメリットデメリット「まとめ」

リビング階段のメリットって、見た目や間取りの組みやすさとか、金額的な理由とかいろいろあると思います。

独立階段だと役割は主に「1階と2階をつなぐもの」になりますが、リビングに階段を設けるといろいろ効果的に感じる分、デメリットも多いんです。

こうして子供の成長と照らし合わせてみると、これまでいろんなことがあったなーと思えるほど。

これからリビング階段にしようと思ってるけど、後悔している人多そうだしどうしようかな?って人は、メリットも多い分デメリットも多いんだな?

と思っておけば良いかもしれませんね。

階段をリビング階段にするか、独立階段にするかで悩んでいる方は、家族での話し合いのもと、間取りの作成で相談できる「間取りのセカンドオピニオン」に頼んでみるのもいいですね。

間取り診断「セカンドオピニオン」をココナラ依頼!後悔ポイント発見作成した間取りに問題がないかどうか? 診断してもらえるサービスがあるのをご存じですか? その界隈では「間取りのセカンドオピニ...
ココナラで間取りの後悔を減らす

ココナラでは2,000円~、簡単に素早く一級建築士の「間取り診断」を依頼できます。

たったの数千円で、間取りの後悔を確実に減らせる方法です。