間取り・設備

お風呂で人が倒れたら!?「浴室ドアは折れ戸が安心」は本当?

どうもこんにちは!キタノです。

入居宅訪問を受けていると、みなさんお風呂場の前で立ち止まり、「折れ戸なんですね」と言います。

そして一言。

「人が倒れた時に安心ですよね」と。

標準のドアだとお風呂で人が倒れたら、ドアが人にぶつかり「開けられなくて困るのでは?」ということです。

みなさんあまりに同じこと言うので、標準のドアと比較する時「営業さんが同じ説明してるんだな?」と推測しています(笑)

10年前はこれが標準でしたので、何とも思わず使ってきましたが、「安心を得るために折れ戸にするべきか?」と考えている方のために実験に踏み切りました。

さて、今回はエキストラの方(旦那)をお呼びしております。

何も情報を与えず、「ちょっとお風呂で寝てみて(笑)」と伝えてみます。

日頃の恨みを込めて力いっぱいドアを開けてみます。

「イテテッ・・・」

たとえ折れ戸であっても、倒れ方によってはぶつかります。

でも確かに。

開閉にあまりスペースを必要としない分、救助に入れそうなくらいにドアが開きます。

ですが・・・

ドア、まるごと外せますよね?(標準ドアもそうですよね?)

もしもの時は、外すというのも一つの手ではないでしょうか?

でもひとつだけ。

私が折れ戸の好きな所をあげるならば

「どーん!」

と真ん中を突き飛ばして、ドアをへし折るように開けられること。

爽快感があります。このくらいでしょうか?(笑)

あと標準ドアより造りが細かいので、ちょっと豪華に見える?

でも他のブロガーさんがおっしゃっるように「埃が溜まりやすい」がありますし、バスマットを掛けるバーがつけられないのが不満です。

だからこんな事になるんです↓↓

トリプルグリップアンカーで石膏ボードにネジ打ち!取り付け説明ありどうですか?この壁紙のありさま。 新しいお家に住んでる方にとっては「ホラー画像」にしか見えませんよね?(笑) しかも一回、穴...

安全の確保を理由に「折れ戸にしたほうがいい?」と考えている方へ。

オプション料金を払ってまで付ける必要性はないと思いますが、より安心を手に入れたい!と言う方はぜひ。

あと、わたしみたいに「どーん」とドアをへし折りたい方にもおすすめです。

あわせて読みたい