床下コンクリートにヒビ発見!心配でたまらん一条工務店の10年点検



先日一条工務店より電話があって、10年点検の日程が決まりました。

床下の基礎にヒビがないかを点検するので、荷物などが置いてあれば、片付けを宜しく、とのことです。

「基礎にヒビとか、笑えないよね~。」

夫とそんな会話をしながら片付けを済ませ、めったに開けることの無い、玄関わきにある階段下の点検口を開けてみます。

中は真っ暗。

こんな狭い所どうやって点検するんでしょうか。人が潜れないこともないですが、子供がやっと通れるくらいの隙間しかありません。

目視っていうんだから、ここからぐるりと覗くだけかもしれませんし。

見渡せるのは、玄関付近の床下だけ。リビング下までは見えません。

「ここから見て基礎のヒビを発見できなくても、他の場所にヒビがあったら困るよね~?」

そんなことを言いながら、点検口に首を突っ込んでスマホのライトであたりを照らしてみます。

「ん?」

「あれ、ヒビだよね?」

夫「そうだね。」

「大丈夫かな?」

夫「どうだろう。」

2人「・・・。」

それ以上ヒビについて会話はしていません。おそらく2人とも内心ドキドキしていたと思います。

最大2ミリ幅のヒビが、1メートルにわたり入っていました。

「どうしよう・・・」って不安になると、人間そんな大騒ぎできないみたいです。

素人なりにネットで調べてみました。

わが家のヒビは、立ち上がり基礎の部分ではなく、押さえコンクリートと呼ばれるものだそう。(違う?)

押さえコンクリ―トは、ヒビが入っても耐震には影響ないという記述も見つけました。(違ってたらごめんなさい)

ほんとに大丈夫なのでしょうか?今、不安で不安でたまりません。

10年点検まであと数日。このヒビは「良性」なのか?「悪性」なのか?ヒビに「良性」はないか(笑)。もしくは「経過観察」か。

そのまま放置で良いのか?補修工事が必要なのか?保証の範囲なのか?ものすごい有料工事になるのか?

不安が頭をぐるぐるしています。ド素人にはよくわかりません。

やっぱり一条工務店の10年点検は、「人間ドック」のような不安が付きまといます。

点検の様子、結果は近日公開予定です。いや、どうかな…やっぱり人に話せる元気があれば(笑)

恐怖のハガキが届く!「一条工務店の10年点検」で突きつけられる「有料」への不安と今後の保証

2018.11.10

この記事、どうですかね?

「ま、オモロイじゃん」と思ったら

↓↓ポチってくれると↓↓

私はとても嬉しいのです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑ここからランキング順位がわかります。

今日は何位かな?

どうぞお気軽にフォローくださいね♪