10年点検終了~さようなら一条工務店~保証延長希望「無し」で!【点検編】



どうもこんにちは、キタノです。

先日、無事に一条工務店の「10年点検」を終えました。

我が家で行われた10年点検の様子と、なぜ保証を延長しなかったのか?その経緯をお伝えします。

点検は目視30分、1名で1枚のチェックシートのみ。

あ、すみません。

私、いちいちタイトルが意地悪ですよね(笑)たぶん言い方で伝わり方が変わってくると思うのですが、事実に相違はありませんのでお許しください(笑)

恐怖のハガキが届く!「一条工務店の10年点検」で突きつけられる「有料」への不安と今後の保証

2018.11.10

10年経てば一条工務店の家も人も劣化する!?劣化は見た目から始まるって本当?

2018.11.15

床下コンクリートにヒビ発見!心配でたまらん一条工務店の10年点検

2018.11.22

これまで、こんな記事で今回の10年点検に不安を抱いていたんですが、今の気持ちを一言で表すならば・・・。

「なんかあっさりだったね。」

という感じです。

点検全部の所要時間は30分くらい。いや、途中おしゃべりを交えたので実践的には20分かな。

まずは建物を外から目視で点検。点検内容は「外壁に大きな亀裂が出てないか」とか「基礎にヒビ割れはないか」などです。

一人でやってきた一条さんは、外での点検時に私たちの立ち合いを求めるでもなく、10分くらい目視で外観を眺めていました。

近くから外壁と基礎を見て、遠くから屋根を眺めて終わりです。

すみません、やっぱり書き方が意地悪ですね(笑)

たぶん立ち会われたら、「ここがおかしい」「あそこがおかしい」と客にいちいち言われるのも面倒なんだろうな、という気がしました。

10年経てば一条工務店の家も人も劣化する!?劣化は見た目から始まるって本当?

2018.11.15

この記事にも書きましたが、外壁の痛みが気になりだした件について一条さんに相談しましたが「耐久性には問題ない」との判断。

保証内でどうこうしよう、ってレベルの話ではないようです。

ひとつアクションがあったとすれば、外壁を「ドンドン」と叩いてみて、浮きがないかの確認くらい。

基礎の確認にいたっても、こちらは雪がふってますから地面にあたる部分は見えないはずですが、そのあたりも「さらり」と確認しただけのようです。

床下の基礎チェック「ペンライトで目視で1分弱」

基礎にヒビ割れがないか、白アリ侵入の形跡が無いかを確認したようです。

白アリに関しては北海道ということもあり、あまり心配がないせいでしょうか?そこもさらりと終了でした。

あのペンライトの動きでは、細かな発見ができるとも思えません。

ライトの光が一か所に、1秒以上も当たっていませんでしたから~(笑)

「はい、問題ないですね」と点検口を閉めようとしたので、すかさず例のヒビのことを尋ねました。

床下コンクリートにヒビ発見!心配でたまらん一条工務店の10年点検

2018.11.22

結果は事前に調べていた通り、この部分は基礎ではなく押さえのコンクリートなのでヒビが入っても問題ないとのことでした。まずは良かった。

1分も見てないかな。30秒くらいです。

この点検口から見える範囲は限られているので、リビング下などを確認しなくて大丈夫なのか?と訪ねたところ、外から基礎を確認したから大丈夫との事。

本当にそうなのだろうか?触診だけで大丈夫と言われて、実は見えないところにガンが出来ていた・・・みたいなこともあると思うんですが。

「大丈夫」と言われてしまったら、それ以上何も返す言葉が見つかりません。

次はベランダの排水のつまりが無いかどうか。

これもベランダに雪が積もってしまってたので「雪除けます?」と私が言いましたら「大丈夫です、管の下から見たら問題なさそうでしたから。」とのこと。

落ち葉などで詰まっていないかを確認するための物のようですが・・・そうですか、大丈夫ですか・・・。

最後は雨漏りの点検です。

全体の天井を確認したわけでなく、バルコニー付近の天井に雨漏りによるシミが出来ていないか見た程度で終了。

以上、約20分間の「一条工務店10年点検」の目視チェックでした。

ほんと、点検はあっさりでした。そのくらいのチェックなら私たちでもできそうな感じ。

一条工務店と言えば、断熱・気密にこだわりがあり、ハイテクな機械を用いてとことん問題を追及する会社!のイメージでしたので、点検に関してもなにかハイテクなことが行われるのか?と期待していたのですが・・・特にそうではないみたいです。

10年目の節目を迎えて、「10年点検」が何かしらのイベントと捉え、大きな意味あいを持たせていたのは私だけだったようです。

いや、普段から物静かな旦那も「一人でやるんだね」とつぶやいていたところを見ると、あの一条工務店だからもう少し大掛かりな点検をしてくれるのかな?と期待を寄せていたように感じました。

10年点検のチェックシートがありましたが、画像で確認いただける通りの内容で6項目に「良好」の判定をいただき「10年点検」があっさり終了。

結果はこれから住み続けるうえで、急いで直さなければならない所は無いようです。まずは一安心、なのかな?

たぶんこの点検で何か発見され、大掛かりな修理が必要になることは稀なのかな?と。

そりゃそうですよね。発見しちゃったら、一条さんが保証内で直さなければならないですしね。

毎日暮らしている私たちが異変に気づくはずの点検内容であり、そのつど対応を求めていてもおかしくないレベルの不具合が基準のようです。

で、その後の長期保証を延長をしなかった理由ですが、そのあたりはですね、また話が長くなるので、今回は「点検編」ということで「保証編」を後日に書きま~す(笑)


この記事、どうですかね?

「ま、オモロイじゃん」と思ったら

↓↓ポチってくれると↓↓

私はとても嬉しいのです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑ここからランキング順位がわかります。

今日は何位かな?

どうぞお気軽にフォローくださいね♪